映画評「嘘八百」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2017年日本映画 監督・武正晴
ネタバレあり

贋作美術と言えば偶然にも昨日NHK-BSが放映した「おしゃれ泥棒」(1966年)を思い出す。近年ではジョン・トラヴォルタが主演した「THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション」(2014年)という作品があるが凡作だった。本作は日本製のコメディー。

冴えない古美術商の中井貴一が、離婚した妻から押し付けられた娘(と言っても成人)森川葵を連れて、千利休の関わりの深い堺にやって来て、蔵のある家を訪問する。主人の佐々木蔵之介に見せられた古文書から千利休由来の茶碗があると踏んで計百万円で蔵の全てを買い取るが、古文書と箱は本物ながら肝心の茶碗が偽物と気づく。
 佐々木は優れた陶芸家だが、古美術商・芦屋小雁とTVにも出ている有名な鑑定家・近藤正臣に嵌められて落ちぶれた人物で、料理店主・木下ほうからと組んで凝りに凝った偽物づくりに励んでいる。中井は、この二人に嵌められ彼の作った偽物を顧客に売って信用をなくし妻とも別れたという経緯がある。
 事情を知った二人は同病相憐れむ関係になり、千利休由来に見せかけた贋物を鑑定家と古美術商に売りつけようと、精魂を傾ける。

贋物作者と目利き、目利きと目利き同士の騙し合いの面白さが眼目だが、邦画では珍しく情に傾きすぎず遊び心があるのが良い。お話の詰めも思ったより甘くない。例えば、鑑定家を騙しただけで終わりではダメだろうと思っているとエンドロールで鑑定家と古美術商のその後を見せたり、大量の現金を持って出国はできないだろうという疑問にもきちんと応えている。
 二番目の一幕に関連するのが娘・森川葵をめぐる二重のどんでん返しで、この畳みかけも面白く観られるのだが、惜しむらくは呼吸に問題あり。全体的にもっと呼吸が良くかつ洒落っ気があれば佳作以上或いはTV東京の鑑定番組流に“良い仕事してますねぇ”と言いたくなったであろう。

“呼吸”という指針は映画評において一種の逃げだが、映画(のカットやシーンの繋ぎ)には面白く観られるリズムや呼吸というものが確実にあり、特にコン・ゲームの類ではそれが重要と思う。悪しからず、といったところ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 嘘八百

    Excerpt: 千利休を生んだ茶の湯の聖地である大阪・堺。 目利きだが空振りばかりしている古物商・小池則夫と、腕は立つのにくすぶっている陶芸家・野田佐輔は、お宝を巡って最悪の出会いをする。 しかし、ある大御所鑑定士に.. Weblog: 象のロケット racked: 2019-01-25 00:25