プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「王になろうとした男」

<<   作成日時 : 2018/12/06 09:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1975年イギリス映画 監督ジョン・ヒューストン
ネタバレあり

ラディヤード・キップリングの短編小説をジョン・ヒューストンが映画化した冒険映画である。大昔映画館で観た。

19世紀後半英国領インド。退役軍人ダニエル・ドレイヴォット(ショーン・コネリー)とピーチー・カーネハン(マイケル・ケイン)は、知り合ったばかりの新聞記者キップリング(クリストファー・プラマー)と、“王になるまで女と酒を断つ”という妙な契約を交わして、現パキスタン北西部に接するカフィリスタン(アフガニスタン東北部)に旅立つ。
 玄奘も苦心した辺りの山脈を雪崩に助けられて超え、最初に撃退した部族にいたインド軍所属グルカ兵“ビリー・フィッシュ”(サイード・ジャフリー)を通訳にし、敵対する部族に戦いを仕掛ける。弓矢に射られた後も偶然に助けられ平気で戦うドレイヴォットは神扱いされ、このような手法を繰り返してカフィリスタンの王になる。
 最大の敵、宗教的支配者である大司教(カローム・ベン・ボウイ)もキップリングから渡されたフリーメイソンの紋章にひれ伏す。が、この2200年前にこの地方に君臨したアレキサンダー大王の妻と同じ名前を持つ女性(シャキラ・ケイン)を妻に迎えようとした時に噛まれて血を出す。これにより神ではなく人とばれて吊り橋から落とされて死ぬ。

その時に処刑されても死ななかった為に解放されたカーネハンが3年ぶりに会うキップリングにこの体験を語る、という体裁で綴られる冒険模様は、偶然に助けられるところが多く荒唐無稽に過ぎるが、もともとハッタリ的なお話だからそのご都合主義的なところが冒険気分を醸成して却って良い。
 ハッタリが一番発揮されるのがフリーメイソン絡みの部分で、紋章が一致することでアレキサンダー大王がフリーメイソンの創始者のように考えられるなど、実に楽しいではないか。

成功半ばに挫折するというヒューストンのライフテーマがこの作品でも見事に扱われ、彼等が持ち帰ろうとした財宝が逃げる途中で散らばってしまう辺りによく表現される。

モロッコにロケしたらしい神殿や山岳地帯の描写も軽い俯瞰や仰角など画角に工夫をこらして見応えがあり、事実にどの程度則っているかどうか定かではないものの山岳民族の風俗の野趣も頗る魅力的。

コネリーとケインはこういう山師的な人物に誠に適役、楽しいそうに演じている。

イスラム教徒を馬鹿にした白人視線の映画と言う批判があるが、本作に出て来る人々は崇拝する神の名(インブラ)や神殿の形状、偶像崇拝の存在から言ってイスラム教徒ではない。いずれにせよ19世紀に白人はそれ以外の人種や民族を馬鹿にしていたのは事実であり、それを映画で表現しても何の問題もない。それを以って良い映画と悪い映画の線引きをすることは出来ない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
王になろうとした男
英国人のカーネハンとその友人ドレイポツトは白人未踏のカフリスタンで、部族の男たちに軍事教練を施し、信頼を得るのだが…。 秘境で“王”になろうとした2人の男の顛末を描くアドベンチャー。 ...続きを見る
象のロケット
2018/12/07 01:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>成功半ばに挫折するというヒューストンのライフテーマ

日野康一先生も著作でそのように書いています

>楽しいそうに演じている。

007作品以外に出るようになったコネリー。この作品や「風とライオン」あたりから映画もヒットするようになったんですよね?

>以前色々と製品を買った電気店の娘が偶然にも同級生になったり(TKさん)

思春期の良き思い出その女性は現在お元気ですか?
蟷螂の斧
2018/12/08 03:24
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>日野康一先生
そうですか。
 昭和一桁以前に生まれた評論家にはそういう共通認識があったのでしょうね。僕はそんな年寄ではないですが(笑)
 日野先生と言えば、音楽に詳しいというイメージ。高校時代、音楽の授業でクラシックを使った映画音楽について発表する為に参考にすべく「スクリーン」をめくっていると、色々と先生が書かれていました。

>この作品や「風とライオン」あたりから
そうでした。
 都会的な紳士から野性的な男へのイメチェンが成功し、ふんどし一つで大奮闘する「未来惑星ザルドス」なんてのもありましたドス。

>その女性
どこかへ嫁いで(古い表現か)元気なようですよ。お父さんは脱サラで始めた店を相当前に止めましたが。
オカピー
2018/12/08 17:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「王になろうとした男」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる