映画評「肉弾」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1968年日本映画 監督・岡本喜八
ネタバレあり

製作から10年後くらいに観た。意識して初めて触れる岡本喜八作品だった。それ以来40年ぶりの再鑑賞となる。

広島・長崎の原爆投下の後敗戦色濃厚になり、肉弾即ち陸上の特攻隊員にさせられた21歳6か月の“あいつ”(寺田農)は、その前に一日だけ許された休暇を使って花街に出かける。書店の老主人(笠智衆)に忠告に従って筆卸しをするにふさわしい観音様のような美人を探し、漸く女郎屋で数学の勉強をしている女学生(大谷直子)を発見する。俄然張り切るが、彼女は女学生の身で女郎屋を切り回す女将と知ってしょんぼり。しかし、結果的に彼女とは許嫁とも言うべき関係になって、再び営所の人となる。
 翌日に本番を迎える日に町に空襲があり、女学生もその他の知り合った人々も死ぬ。部隊の方針展開で彼は魚雷を付けたドラム缶に浮かんで海に出るが、何の成果もないまま終戦を迎える。しかし、23年後の現在(1968年)でも彼は白骨体となって漂流し続けている。

極めて寓意的な戦争戯画で、可笑しい癖に胸に迫る内容に大学生の僕は事実上の最高点と言える点を付けた。それから40年経ってその他の作品も観て多少は経験を積んだ僕の頭にはそこまでの感動はなかったものの、区隊長(田中邦衛)が言葉に詰まったところを先に進まなくなったレコード盤扱いにして見せるところなど、岡本監督らしい茶目っ気が大いに楽しめる。

ただ可笑しいというだけでなく、その可笑し味に彼の反骨精神と怒りが沈潜しているのは言うまでもない。それは終盤彼が遭遇する少年(雷門ケン坊)が暗唱したりその兄(図師佳孝)が無理やり読ませられる修身のまやかし的な文言に対する軽蔑に顕著に表れる。

基軸をなすのは、一種のロードムービーとも言える女郎屋までの道のりで、ここで様々な人々と遭遇して主人公の戦争観を見せ、終った時にじーんとさせられることになる。同時に本編で扱われる挿話の大半が幻想のような現実離れした印象が醸成される次第で、それがカリカチュアとして抜群の面白味に繋がっている。直接的な残忍場面があるわけではないが、上官や修身への揶揄いにより却って戦争への怒りにかられるのである。

1968年現在と戦時中の男性平均寿命の差が21.6歳で、岡本喜八(終戦時21歳6か月)の分身である主人公の年齢が21歳6か月という一致について“数学的には”間違いだなと思った。同じ指摘がAllcinemaにある。しかし、“数学に疎い作者”と指摘する彼には異論を唱えたい。岡本監督がこの二者の数学的に一致していないことに恐らく気付いていて、単に数字の並びの符合を面白がっていることはほぼ間違いないと思われる。自分がぞろ目など数字の並びを非常に面白がる人間だけだからその気持ちがよく解るのである。

雷門“サスケ”ケン坊が懐かしい。あの特徴的な声と喋り方ですぐに分った。今はアニメの子供は尽く大人の女性がアテレコするが、彼のような子供の声優がいても良いと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 肉弾

    Excerpt: 魚雷をくくりつけたドラム缶に入り洋上に漂いながらひたすら敵艦が来るのを待ち受ける青年特攻兵…。 反戦ヒューマンドラマ。 Weblog: 象のロケット racked: 2018-12-20 00:58