映画評「パーティーで女の子に話しかけるには」

☆☆★(5点/10点満点中)
2017年イギリス=アメリカ合作映画 監督ジョン・キャメロン・ミッチェル
ネタバレあり

ごく一般的な青春映画のようなタイトルが気に入らない。と言っても、原作通りの題名なのではあるが、原作はSF短編集の中の一作品であるから異彩を放ち効果を発揮するのに対し、単独で成立している映画では半ば詐欺みたいな印象を与える。

1977年パンクが隆盛する英国。内気なパンク青年エン(アレックス・シャープ)が、あるライブの帰り、悪友二人とあるパーティーに紛れ込み、ザン(エル・ファニング)と呼ばれる美少女に惹きつけられる。規則に縛られる生活にうんざりしていた彼女も彼の言うパンクに興味を持ち、周囲の引き留めを振り切って彼と共に町に繰り出す。
 悪友二人はパーティーの連中をカルトと思い込むが、実は地球から二日後に退去する宇宙人。彼ら(ウィルス?)は仲間を食い合うという変な習慣のある種族で、地球人と違う方法で妊娠するらしく、エンの子供を宿したザンは引き留めようとするエンの思いも空しく去って行く。彼女がこれから生む自分の子供を含めて子孫の運命を決める最終判断者としての責務を全うする為に…。

二人の別離は青春映画の王道のような印象さえあるが、その後に続く幕切れはSFらしい奇妙な後味を残し、しかも感動的である。具体的には申さないし、申さなくてもどんなものか凡その見当がつくでありましょう。

中盤宇宙人のパーティーをめぐる辺りまで1960年代後半から70年代初めにかけてテリー・サザーンが英国を中心に流行らせたサイケデリックなまでに狂騒的な映画群を思い出させるものがあり、個人的には懐かしい感じさえする。しかし、懐かしかったり、最後が感動的であったりしても、それだけで良い映画と考えるほど僕も甘くない。全体に渡り狂騒的でドタバタに過ぎて余り印象よろしからず、結果的に買いにくいのである。

ジョン・キャメロン・ミッチェル監督が「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」でも見せた音楽的なセンスを随所に発揮するのは面白く、ビートルズの「ジ・エンド」の歌詞が全て引用されているのが気に入りました。

ちゃんと著作権料を払ったかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • パーティで女の子に話しかけるには

    Excerpt: 1977年、エリザベス女王即位25周年の祝賀行事に沸くイギリス・ロンドン郊外。 パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。 たちまち恋に落ちた二人だ.. Weblog: 象のロケット racked: 2018-12-11 10:50
  • 「パーティで女の子に話しかけるには」

    Excerpt: エル・ファニングさん&ニコール・キッドマンさん。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2018-12-12 08:57