映画評「去り行く男」

☆☆☆(6点/10点満点中)
1955年アメリカ映画 監督デルマー・デーヴィス
ネタバレあり

新天地を目指していたカウボーイのグレン・フォード(役名ジュバル=原題)が道に迷って崖から落ち怪我を負い、そこへ通りかかった牧場主アーネスト・ボーグナインに助けられ、彼の牧場で働くことになる。牧童ロッド・スタイガーは疑り深い男で、夫への不満を禁じ得ない牧場主の若い妻ヴァレリー・フレンチがフォードに色目を使っていることへの嫉妬を加えて徹底的に敵視する。スタイガーに“二人は懇ろだ”と騙されたボーグナインはフォードを撃ち殺そうとし、彼が正当防衛をした結果牧場主は死ぬ。スタイガーは、新興宗教の幌馬車隊に紛れ込んだフォードを追う。

序盤「シェーン」(1953年)のような展開を予想させながら、夫婦の仲が夫が期待するほど良くなく、しかも牧童が疑り深い為、次第にこれらの人物の色々な思惑が交錯する心理ドラマの様相を呈し、断然優秀という程ではないものの、お話が進行するに連れて面白味が増していく。同時に、監督がデルマー・デーヴィスということで、環境描写の美しさが際立ち、純然たる映画ファンには映画としてこれが一番の見ものということになろうかと思う。

かくして活劇としての魅力は乏しいわけだが、フォードが無名時代のチャールズ・ブロンスンと組んで見せるアクションに後年のマカロニ・ウェスタンを思わせるものがあり、この時代のものとしては新鮮。後年の作品に影響を与えた可能性が高い。

デーヴィスが翌年作る「襲われた幌馬車」と同様に幌馬車隊の娘役でフェリシア・ファーが共演。

僕が意識して見た最初の西部劇の監督がデルマー・デーヴィスでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック