プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」

<<   作成日時 : 2018/08/31 08:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 4

☆☆☆(6点/10点満点中)
2017年アメリカ=カナダ合作映画 監督アンディ・ムスキエッティ
ネタバレあり

僕はWOWOW開局と共に見始めた人間で、その翌年くらいにスティーヴン・キング原作のTV映画(ミニ・シリーズ)「イット」が放映されたように記憶している。しかし、ミニ・シリーズを観るほど暇ではなかったので、見なかった。それでも画像のピエロが印象深くてよく憶えているのである。本作はそれから27年後のリメイク。

で、僕はキングの恐怖小説は映画に向いていないと常々言っている。だから、キングの映画化は出来不出来が激しいと仰る方には“良いと思われるのは映画に比較的向いている小説が原作なのだろう”と答えたい。

1988年。病弱で吃音の少年ビル(ジェイデン・リーバハー)は、雨の日に弟が作ってあげた紙の船を追ううちに失踪するという事件に遭遇する。観客は、側溝から顔を見せたピエロ(ビル・スカルスゴード)が少年の腕を食いちぎり側溝に引き込んだのを知らされる(終盤ピエロの名前はペニーワイズと判る)。
 これを前提に1年後の本論に入って行く。
 弟の失踪に責任を感じるビルは健康になったものの、5人からなる虐められっ子のグループに所属する。
 以降彼らの言動は「スタンド・バイ・ミー」とほぼ同じで、「ははぁ、彼らが一致協力してピエロと対決する話になるのだな」と見当をつけた通りに展開する。

違うのは、21世紀の映画らしく、べヴァリーという少女を一人、マイクという黒人を一人加えていることである。厭らしいと言えば厭らしいが、これくらいは許してあげないと現在の映画を観ることは不可能になる。実際上も、べヴァリーという少女は演ずるソフィア・リリスも良く、人物造型と共になかなか魅力を放っている。

べヴァリーや肥ったぐうたらの母を持つエディという少年の配置を考えると児童虐待の問題を絡めていて、一週間前に観たピエロを悪役とする邦画「こどもつかい」と共通するところが非常に多い。TV版の「イット」の内容を知らないので何とも言えないが、清水崇がTV版の影響を受けた可能性はあり、そうでなければ驚くほどの類似性と言いたくなる。

「こどもつかい」よりぐっと怖いのは良いが、ペニーワイズの背景や狙いがよく解らないのは左脳人間には弱い。サスペンスより本能的なショックに頼りがちであることも余り気に入らない。しかし、思春期映画にミステリー趣味を交えて進めたため平均的ホラーよりドラマとしての見応えがあり、キングのホラーの映画化としては良い部類であると思う。

サブタイトルは要らんっちゅうに。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
アメリカのある町で、子供たちが次々と姿を消した。 やがて少年少女たちは“ペニーワイズ”という名の不気味なピエロに襲われ、経験したことのない恐怖=IT(それ)を味わうことに…。 ホラー。 ≪子供が消える町に、“それ”は現れる。≫ R-15 ...続きを見る
象のロケット
2018/08/31 09:30
「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」
イット・イズ・ア・ピエロ。 ...続きを見る
或る日の出来事
2018/09/01 00:20
『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』('17初鑑賞122・劇場)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 11月3日(金・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:05の回を鑑賞。 2D:字幕版。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2018/09/01 14:10
「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」
とりあえず、作品の設定と同じ、夏(夏休み)に公開すべきだったと思う。まずそれを一番最初に言いたい。で、夏(夏休み)に公開していたら、もっと本来のターゲットが観に来ることができたのでは?!だが、本来のターゲットとは一体誰を指すのだろう?というのも、ン十年前なら私もこの作品を充分に楽しんだと思うのだ。ン十年前の「ン」の部分にはお好きな数字を当てはめていただきたい。だが…。夏(夏休み)に公開すべきの「べき論」に加えてもう一つ、「子供向けと子供騙しは違う」という、割と古くからの自身の考え方が胸をよぎる。... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2018/09/03 12:32
「IT イット ’それ’が見えたら終わり」☆ぞわぞわ鳥肌
とにかく映像的に怖いっ! ストーリーはいたって簡単な、少年たちのひと夏の冒険&成長物語なのに、とにっかく怖い。 それぞれが抱えるトラウマを克服したら事件は解決するのが判っているから、安心して観ていられるのに、めちゃくちゃ怖い、 久しぶりにぞわぞわと鳥肌が何回も立ってしまって… ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2018/09/07 23:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
アメリカではホラー映画としては最大のヒットと聞きました。
排水口の中からのシーンは面白かったけど、ほかは怖くもなかったです。
子どもが主役の映画には、あまり悪い評価にもなりませんけれど。
ボー
URL
2018/09/01 09:28
ボーさん、こんにちは。

僕の趣味として、ゾンビ系列やPOVホラーと言われるものが余りにもつまらないので、比較的正統的に怖がらせるこういう作品のほうが楽しめますが、全米ホラー映画史上最大のヒットと聞いてもピンと来ませんね。

キングの映画化は余り褒めたことがない当方ですが、仰るように子供が主役というのが奏功したのか、割合好感の持てた作品です。
オカピー
2018/09/01 18:48
これ、テレビ版をテレビかビデオで見ていますね。原作も読んでるんですが、これでちょっとキングから離れたくらいで、キャリーやシャイニングやデッド・ゾーンにくらべていつもながらのキング節なんだけどさすがに長すぎた記憶があります。田舎町で育った人たちが子供時代のことを忘れないで、いっしょに遊んだ子供たちが大人になってからもいっしょに戦うみたいなを描きたかったんだろうなと思いました。テレビ版は小説をそのまま絵にしたようで、やはり冗長なかんじがしたし、かんじんのものが見ててあまり怖くなくて困りました orz
でも、オカピーさんもいっているように、あのピエロのイメージはいいんですよね、ぱっと頭に入る、印象に残る。あれはでも、ヒントになっているのはジョン・ウェイン・ゲイシーという殺人鬼でしょう。ゲイシーはボランティアでピエロの扮装をして子供を楽しませていたりしたそうです。
nessko
URL
2018/09/02 23:47
nesskoさん、こんにちは。

>キング
僕は読んだことがないです。
いずれ、長くないのを一つ読んでみましょうかねえ。
「キャリー」辺りが読むのに良さそう。

>ジョン・ウェイン・ゲイシー
この間観た邦画「こどもつかい」も死んだピエロが小児性愛者という設定でした。この男が影響を与えた設定でしょう。
オカピー
2018/09/03 19:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる