プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ホンドー」

<<   作成日時 : 2018/08/27 09:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 20

☆☆★(5点/10点満点中)
1953年アメリカ映画 監督ジョン・ファロー
ネタバレあり

ジョン・ウェイン主演の西部劇の中で断然知名度の低い作品。監督がサスペンスでは少し良さが出る凡監ジョン・ファローなのでやむを得ない。ミア・ファローの親父さんですな。

騎兵隊の連絡係ジョン・ウェインが犬を連れて荒野の一軒家に現れる。
 子供リー・アーカー君が最初に発見して母親ジェラルディン・ページが現われるという見せ方は先行した「シェーン」の模倣で、苦笑が洩れる。聞くところによれば、製作者も兼ねているウェインが「シェーン」を意識したと言っているそうな。原題も邦題も「シェーン」同様主人公の名前だ。

周囲は不穏な動きを始めたアパッチがうろうろしている状態で、男性なしの状態を見てウェインが移動を進言するが、「夫が少し留守をしているだけで、かつ、アパッチとはうまくやっている」と彼女は主張、意見を受け入れない。案の定ウェインが騎兵隊にアパッチの動向を連絡しに離れた後アパッチが現われるが、酋長が母親を守ろうとした子供の勇気に惚れ込んで、一家の安全を約束する。
 その間にウェインは卑怯な真似をした男、実はヒロインのぐうたら夫を殺し、死体に子供の写真を発見する。写真を持っていたことにより父親と誤解されて彼は酋長に捕えられた時に無事に解放されることになるのだが、それがウェインとジェラルディンとの関係にも影響を及ぼしていく。

「シェーン」は男女の秘めた慕情が切なさを催すが、こちらは案外直情的で、すぐに自分の感情を互いに示してしまうので、面白味がない。終盤のアパッチとの戦いが見どころとして出現するまで、この二人の関係が直接的間接的に主題の綾を成している故に、余りパッとしない場面が続く。アパッチとの戦いは、白人側が円陣を組みつつ進むところが余り例がなく興味深い。

例によって、字幕ではインディアンが“先住民”になっているので気勢が上がらず気に入らない。日本で“インディアン”は差別用語に当たるのだろうか? “先住民”とするくらいなら伏字にしたほうが良い。余程彼らに対する恐怖や差別がはっきりする。
 それで気になるのは、ウェインのインディアンに対する態度である。彼はアパッチの娘を妻に持っていた男で、嘘を嫌う彼らの高潔ぶりを高く評価する一方、白人への嫌悪が全く見えない。これは同時に作品のおためごかし的な態度でもあり、白人に問題があるにしても最終的には白人が正しいというマッチョ的な主張が垣間見える。一見インディアン差別がきつく白人万歳の作品のように見える先日の「許されざる者」(1960年)のほうがはっきりとは見せないものの、見る人が観れば白人批判の作品になっているのである。

女子に対する差別的採点が問題になっている日本の医大入試であるが、アメリカでは人種の差別が問題になっている。アジア系が不利な扱いを受けているというのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ホンドー」
ジョン・ウェイン主演の西部劇だが、このタイトルは初めて聞いた。 ...続きを見る
或る日の出来事
2018/09/01 10:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
少し前の版(11版)ですが「記者ハンドブック」には、「インディアン」は使用可、と出ていました。「インディアンうそつかない」など比喩的表現は避ける、とはありましたが。
ボー
URL
2018/09/01 10:33
ボーさん、こんにちは。

>記者ハンドブック
ほーっ、そういう本があるのですか。

>インディアン
そりゃ使用可でしょう^^
比喩的表現は現在使えば問題かもしれませんが、そういう差別が歴然とあった時代を描く西部劇でそうした表現を使ったとしても問題ではないはず。
 例えば、ポリティカル・コレクトネスが行きすぎているアメリカで現在作られる西部劇でさえ英語ではっきりIndianと言っているのに・・・日本のメディアは臆病になりすぎていて「先住民」と訳す(ことを翻訳者に強要する)。
オカピー
2018/09/01 18:59
オカピー教授。こんばんは
先日この映画を見ました。

>製作者も兼ねているウェインが「シェーン」を意識したと言っているそうな。

公開されたのは同じ1953年。「シェーン」は4月。「ホンドー」は11月。
うーん・・・

>字幕ではインディアンが“先住民”になっているので気勢が上がらず気に入らない。

そこなんですよ
地上波では放映できない映画(例えば座頭市)は放送禁止用語をそのまま流しているから、却って作品の良さがわかります

>一部野党議員がスパイであるといった

さもありなん?

>人間はいろいろです。

それでいいと思います

たまに僕が嫌いになる助詞は「も」です。
「あなた『も』俺みたいに頑張った方がいい
自慢話や説教の際に使われる助詞「も」。
蟷螂の斧
2018/09/20 20:01
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>座頭市
WOWOWは音声の修正なしに第一作を全編流してくれました。映画はやはりいじってはダメ。作者の狙いを壊してしまう。
 その代わり、前にも申した気がしますが、「獄門島」で言葉のトリック(季違い⇔気狂い)を消してしまうという大失態を演じて僕を激昂させました。あのうるさいNHKですら理解してそのまま流したのに。

>一部野党議員がスパイ
スパイが日本で跋扈しているのは本当ですが、議員に関するものは尽くデマでしょう。
 例えば、夫婦別姓法案は日本を破壊するのが目的で、それを進めている議員は元在日(帰化人)とか。僕もこの法案に対する当初自民党の反撥に共感したのですが、世界で同姓を強制しているのは日本だけと知り、「夫婦別姓が家族を破壊する」という意見が根拠のないことに気付きましたね。洋画の映画を観て、姓が違うことで家族がバラバラになっているなんてシーンは見たことがありません。バラバラになるのは姓が同じか違うかには関係ないです。
 日本にいるスパイは、殆ど日本の本当の考えを本国に伝えるくらいで、工作員はまずいないでしょう。帰化した議員が北朝鮮にシンパシーを持っていることは十分あるでしょうが、現在日本人として住んでいるところに不利益をもたらそうとする心理なんてありえませんよ。

>たまに僕が嫌いになる助詞は「も」
なるほど。
 自慢話も嫌ですし、言動を他と同調しろと強制される全体主義に通ずるものがありますね。
オカピー
2018/09/21 19:28
>白人側が円陣を組みつつ進むところが余り例がなく興味深い。

この場面、良かったです
あれって戦争でも使われたのでしょうか?
日本の戦国時代で言えば車掛の陣?僕にはわかりません・・・

>WOWOW

時代劇チャンネルや日本映画専門チャンネルも同じです(感謝

>それを進めている議員は元在日(帰化人)とか

そう言う説を流す人がいますね

>言動を他と同調しろと強制される全体主義

危険です
蟷螂の斧
2018/09/22 03:38
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>車掛の陣?
戦記ものや歴史小説など余り読まないもので、僕も解らないですけど、何だか発想的に近い感じがしますね。
 たまたま織田信長の一代記「信長公記」を今日読み終えたところ。これにはそうした戦術は出てきませんが、有名な「甲陽軍鑑」に紹介されているそう。いずれ読むつもりです。

>そう言う説
所謂ネトウヨです。
 共産主義(者)に関するネトウヨのデマには、100年近く前ソ連が出来た頃に言われたものがあります。そんな古いものが未だに跋扈しているのですよ。
 共産党員になる前の宮本百合子(従って厳密には中條百合子)がソ連を訪れた時の経験を小説化した「道標」の中に全く同じ、ソ連における男女の性的に自由な関係(所謂フリー・セックス)に関するそうしたデマに触れ、「そんな傾向は微塵もない。全くの嘘であった」と書いていますよ。
 自分の主張の為には嘘を言っても相手を貶める。実に良くないですね。
オカピー
2018/09/22 21:52
こんばんは。

>有名な「甲陽軍鑑」

大部分は平和な江戸時代に完成したんでしたっけ?
特に大将同士の一騎打ち

>共産党員になる前の宮本百合子(従って厳密には中條百合子)

いろいろご存知ですね

>凡監ジョン・ファロー

ミア・ファローのお父さんなんですねたった今知りました。
Sexy Sadie, what have you done
蟷螂の斧
2018/09/25 18:35
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>「甲陽軍鑑」
色々見解があるようですが、寧ろ逆に大部分は、使われている単語からほぼリアルタイムに書かれたと分析する国語学者の見解が結構正しいのではないかという気もします。

>いろいろご存知
現代文学以外、文学に関しては人後に落ちないと思います(たまには自慢^^)。

>ミア・ファローのお父さん
そうなんです。総じて大した作品を作っていませんが、サスペンスでちょっと良い作品を作った監督です。
彼女のお母さんは「ターザン」シリーズのジェーン役で有名なモーリン・オサリヴァン。娘より美人です(個人的見解です^^)。
オカピー
2018/09/25 22:18
オカピー教授。こんばんは。

>モーリン・オサリヴァン

たった今画像を見ました。きれいな人です

> O'Sullivan

いかにもアイルランド人の姓でしょうか?

>たまには自慢

自慢ではなく、真実ですよ。オカピー教授。

>人後に落ちない

この言葉を今日初めて知った無教養の僕

>使われている単語からほぼリアルタイムに書かれたと分析する国語学者の見解

その方が嬉しいです
海音寺潮五郎VS新田次郎の「一騎打ちはあったか?」の対談を思い出します
蟷螂の斧
2018/09/26 18:58
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>いかにもアイルランド人の姓でしょうか?
そうですね、アイルランドに多い姓ですね。
ご存知でしょうが、O’というのはアイルランドの伝統ある家系を示すと言えますね。

>>人後に落ちない
>この言葉を今日初めて知った

本当ですか。
“蟷螂の斧”というハンドルネームと見て僕は「おおっ」と思いましたよ。なかなかこの言葉を知っている人は僕の周囲にはいないですからね。

>海音寺潮五郎VS新田次郎の「一騎打ちはあったか?」の対談
純粋に学術的であれば、どんどんやってほしいですね。
現在の歴史観を自虐史観と仰る方が歴史を見直そうとしている傾向は歓迎しません。勿論学術的に正しいものであればいくらでも修正すれば良いですが、日本(人)無謬説に則る牽強付会的な解釈では困ります。
 馬鹿げた論評を載せた「新潮45」が休刊になりましたが、自虐史観と仰る方のそれは多くそのレベルの話ではありませんか? 歴史は権力者が作って来たもの。現在の歴史は大衆の視点によるもの。大衆が権力者を語るのだから、そこに自虐などありません。それを解っていない人が多いですよねえ。

信長の有名な“三段撃ち”はどうも嘘のようですね。現在資料性の高い「信長公記」とそれに基づく「信長記」(事実上の小説化でしょう)を読み比べていますが、“三段撃ち”は「信長記」にのみ出てきます。“三段撃ち”という表現は使っていませんが。
オカピー
2018/09/26 22:51
オカピー教授。こんばんは。

>O’というのはアイルランドの伝統ある家系

そうなんですか。勉強になります
O'Nealや O'Brianもそうでしょうか?

>なかなかこの言葉を知っている人は僕の周囲にはいない

大学時代。同じ下宿の先輩の受け売りです

>自虐史観
>日本(人)無謬説

僕がそこまで理解する為にはまだまだ時間がかかります

>信長の有名な“三段撃ち”はどうも嘘のようですね。

僕は中学時代の社会科の先生が言った事を思い出します。
「織田軍を見た武田勝頼が『何だ?あれは信長軍は刀じゃなくて、あんな変な棒を持ってるこれは武田軍の圧勝だ。』と言った。そして武田軍の惨敗になった。」
歴史好きな友人が「出鱈目だ」と言いました。僕も眉唾でしたが、その先生は生徒に人気があり、カリスマ性もある。「もしかして、そうかも知れない。」と思わせる説得力がある先生でした
蟷螂の斧
2018/09/27 18:39
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>O'Nealや O'Brianもそうでしょうか?
そうですね。その他にも、O'Connell、O'Connerなどあります。

>大学時代。同じ下宿の先輩の受け売り
なかなか知識のある方だなあ。
僕も大学時代にそんな慣用句は知らなかったですよん。

>三段撃ち
勿論、銃を大量に用いたのは本当ですが^^
最近TV番組で、歴史学者の河合敦氏がこの説を言っていました。信長の荒っぽい性格も主にフィクション部分の多い小瀬甫庵「信長記」に拠って来たからで、近年は信長の部下で従軍記者とも言うべき太田牛一「信長公記」に拠るようになった、とのこと。
「信長記」と同じ作者の有名な「太閤記」も引き続き読もうと思っていますが、やはり資料性が低いようですね。豊臣秀吉も実際はもっと違った人かもしれません。
これからも歴史は変わってくるでしょうね。
オカピー
2018/09/27 22:40
オカピー教授。こんばんは。

>その他にも、O'Connell、O'Conner

そして McCartneyもそうでしょうか?

>「信長公記」に拠る

今日、名古屋まで行き、歴史作家服部徹先生の講演を聞きました。
信長にとって幸運だったのは21歳の時。今川義元の軍師太原雪斎が突然亡くなった事。
それと信長のエラー。本能寺の変で殺された時に長男も近くにいた事。
家康と一緒にいれば歴史が変わった
蟷螂の斧
2018/09/29 20:07
蟷螂の斧さん、こんにちは。

これから台風がそちらにこちらを通り過ぎます。怖いデス。

>McCartney
Mc 若しくは Mac はそうですね。僕にはスコットランドのイメージが強いですが、アイルランドでもそのようです。

>今日、名古屋まで行き
おおっ。勉強家ですね。
僕は世界史派の方で、どちらかと言えば日本史の知識には乏しいので、これからもう少し勉強です。時代劇を見る時に面白くなりますしね。
「太閤記」「義経記」は小学生の時に子供向けのものを読みましたが、きちんとしたものは読んでいません。「太閤記」は年内、「義経記」は遅くとも来年が終るまでに読もうと思います。源平関係では「平治物語」「保元物語」「源平盛衰記」が残っていますね。まだまだ読むべき本はたくさんあります。古文は原文で読むので時間がかかります(但し、大概は現代語訳に照らしながら。「信長記」は原文のみ)。
オカピー
2018/09/30 17:58
オカピー教授。こんばんは。

>これから台風がそちらにこちらを通り過ぎます

今朝は台風一過
ジョギングをしましたが、看板や丸い道路用ミラーが飛ばされていました
また公園の大木が根こそぎ倒れる

>僕にはスコットランドのイメージが強いですが

McQueenでしょうか

>「太閤記」

前述の社会科の先生が「あんな奴は、どこの馬の骨だかわからない奴だ」と言ってました
それなりの家系から生まれたと言う説もありますが、どうなんでしょう

>古文は原文で読むので時間がかかります

さすが、オカピー教授です
蟷螂の斧
2018/10/01 19:45
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>台風
文章が不完全でしたが、意味は通じたようでなりよりです^^;
群馬は台風が真上を通りましたが、被害は東京より少ない様子。山に囲まれた内地の利点なんですね。
静岡は大規模な停電が起きているようですが、そちらは停電はありませんでしたか?

>McQueen
そうですね。

>「太閤記」
信長ほど他の資料がないのではないかと思います。これもまた勉強ですね。
確かに子供の時に読んだ「太閤記」には、草履取りという有名な説話がありました。

>古文は原文
日本人ですから、現代語訳されたものでは、余り意味がないと思っています。
そもそも古文は現代文よりリズムが良く、読んでいて非常に気持ちが良いものです。
オカピー
2018/10/01 23:13
オカピー教授。こんばんは。

先程「リバティ・バランスを射った男」を見ました。良かったです

>そちらは停電はありませんでしたか?

我が家は大丈夫でした。
でも同じ町、同じ市では停電だけでなく断水もありました苦労された人も多いです。

>草履取りという有名な説

秀吉のキャラにはピッタリです

>そもそも古文は現代文よりリズムが良く、読んでいて非常に気持ちが良い

僕はまだそこまで達していないです
蟷螂の斧
2018/10/02 20:24
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>「リバティ・バランスを射った男」
実に良い映画ですよ。ジョン・フォードの中で、好きという意味ではトップ・クラスです。

>停電だけでなく断水
どちらも問題ですが、今の季節なら断水のほうが問題ですかねえ。
便利は不便とつくづく思います。

>僕はまだそこまで達していないです
なんのなんの。
 現代文のリズムが悪い理由の一つは、格助詞でもない係助詞“は”を主格を表す格助詞と混同して頻繁に使うからと思っています。昔の文章は主語を表す格助詞を殆ど用いていないんですね。だから非常にすっきりしている。以上です(笑)
オカピー
2018/10/03 20:20
オカピー教授。こんばんは。

>実に良い映画ですよ。

無名時代のリー・ヴァン・クリーフも出てますね
それとスチュワートの奥さん役の女優さん、まだ健在なんですか?

>便利は不便とつくづく思います。

御意

>昔の文章は主語を表す格助詞を殆ど用いていない

凄い分析です
蟷螂の斧
2018/10/05 18:56
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>リー・ヴァン・クリーフ
この時代の有名・無名の西部劇に色々と出ていましたね。フィルモグラフィーを調べてみると、主なフィールドはTVだったようです。

>スチュワートの奥さん役の女優さん
ヴェラ・マイルズですね。「サイコ」のヒロインの妹さん。
IMDbで調べてみても、まだ健在のようです。

>凄い分析
言葉に関する興味が人一倍あるので、たまには当たることもあるかもしれません^^
 た・と・え・ば(笑)、改憲派の中で、改憲する理由を「アメリカに押し付けられた憲法だから」と言っている連中は、概ね日本国憲法の日本語が変だと騒ぐのですが、当時の日本語としては全く正しいものです(但しかなり漢文的)。戦前生まれの作家・石原慎太郎まで「醜い文章だ」などと言っていますが、戦前生まれでこの認識はないでしょう。
オカピー
2018/10/06 17:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ホンドー」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる