映画評「ベイビー・ドライバー」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2016年アメリカ=イギリス合作映画 監督エドガー・ライト
ネタバレあり

エドガー・ライトという監督は「ホット・ファズ」が面白かったが、映画的感覚という意味ではこちらのほうが大分上を行く。

少年時代の交通事故で両親を失い、自らも耳鳴りに苦しめらる若者ベイビー(アンセル・エルゴート)は、犯罪王ボス(ケヴィン・スペイシー)の計画する犯罪の逃走ドライバー役を務めている。子供時代に彼から奪った麻薬の代償を払って自由になる契約だが、ウェイトレスのデボラ(リリー・ジェイムズ)との恋を進めようと思ったのも束の間、ボスが約束を反故にして再び彼を計画に参与させたことから、チーム関係が崩れることになる。

映画的感覚という点において、昨今のミュージカル映画にも似た長回しから強盗から帰ってきたメンバーたちを乗せて逃走するシークエンスの呼吸が断然素晴らしい。しかもそれが1978年に作られた「ザ・ドライバー」そっくりの構図になっていて、前述作を監督したウォルター・ヒルが声の出演を果たすというオマージュぶり。嬉しいねえ。

さらにいかしているのが、ベイビーが耳鳴りを鎮める為に常時i-Podを聴いているという設定で、これに絡めて幅広いジャンルの音楽がかかり、その選曲もカーラ・トーマス"B-A-B-Y"、サム&デイヴ"When Something Wrong with My Baby"等R&B系に嬉しいものが多い。しかも主人公の呼称に絡めていて楽しく、デボラ絡みでTレックス"Debora"もかかる。クイーンの中でもハードな「ブライトン・ロック」Brighton Rockがあり、最後は題名になったサイモンとガーファンクル「ベイビー・ドライバー」Baby Driverで締めて終る。
 かように主人公が音楽好きという意味ではフランス映画「ディーバ」(1981年)を思い起こさせ、ヒルの「ストリート・オブ・ファイヤー」(1984年)に似ているところもある。

中盤やや調子の落ちるが、終盤の一見甘いところも、聾者や一時的難聴など人間の“聴くこと”ということを使ってお話として実に巧く見せている。

Baby you can drive my car...スターにはならないけどね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「ベイビー・ドライバー」

    Excerpt: 2017年・アメリカ/トライスター=ワーキングタイトル配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント原題:Baby Driver 監督:エドガー・ライト 脚本: エドガー・ライト 製作:ニラ・パーク、エ.. Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 racked: 2018-07-01 21:49
  • 「ベイビー・ドライバー」(1回目)

    Excerpt: 音楽のドライヴ感で全編を疾走! Weblog: 或る日の出来事 racked: 2018-07-01 23:43
  • 「ベイビー・ドライバー」

    Excerpt: 噂通りに、噂以上に面白かった!書き言葉にするとみんな野暮になるので、作品のレビューを書くのが難しい。色んな映画作品へのオマージュに溢れ、だが確実にオリジナリティがある。ノリノリなミュージックと、主演ベ.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2018-07-02 12:31
  • 『ベイビー・ドライバー』('17初鑑賞95・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆★- (10段階評価で 7) 8月19日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:30の回を鑑賞。 2D:字幕版。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2018-07-10 15:21
  • ベイビー・ドライバー

    Excerpt: 大物犯罪者ドクの指示の下、銀行強盗犯のドライバーをしている青年ベイビー。 幼い頃の交通事故で両親を亡くし唯一生き残った彼は、後遺症の耳鳴りを音楽で紛らわせていた。 ドクへの借りをすべて返し晴れて自由の.. Weblog: 象のロケット racked: 2018-08-15 16:18
  • 一年遅れのベスト10~2018年私的ベスト10発表~

    Excerpt:  群馬の山奥に住み、持病もあり、WOWOWを中心にした映画鑑賞生活ですので、僕の2018年私的ベスト10は皆様の2017年にほぼ相当する計算でございます。  スタンスとして初鑑賞なら新旧問わず何でも.. Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2019-01-12 13:26