映画評「レヴェナント:蘇えりし者」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2015年アメリカ映画 監督アレハンドロ・G・イニャリトゥ
ネタバレあり

(追記:これにより映画関係の記事は都合5000となるらしい。この作品で良かったです。)

アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督が「バードマン」につづいて二年連続でアカデミー監督賞受賞という快挙を遂げた西部劇。

19世紀初め未開の米国(厳密に言えばまだ米国に入っていないだろう)北西部、ヘンリー隊長(ドーナル・グリースン)に率いられる狩猟団は、インディアンに襲われてメンバーを減らしつつ川を下る。
 ガイドのグラス(レオナルド・ディカプリオ)が、ポーニー族の妻との間にできた息子ホーク(フォレスト・グッドラック)、慕ってくるジム・ブリージャー(ウィル・ポールター)、荒っぽいハンターのフィッツジェラルド(トム・ハーディー)と共に、チームに随行するが、子連れの灰色熊に襲われて瀕死の重傷を負った為、隊長はフィッツジェラルドとブリージャーに最期の面倒を見させ、死んだ後は埋葬するよう頼んで旅を続ける。
 ところが、フィッツジェラルドはグラスを殺そうとし、それを止めようとしたホークを殺してしまう。彼は何も知らないブリージャーを騙してホーク殺しをひた隠しにしグラスを軽く埋めて、隊を追う。
 息を吹き返したグラスはもの凄い生命力で瀕死の体を治しながら追跡、ポーニー族の男や隊と因縁のあるアリカラ族の娘との交錯を経て隊に戻ると、いつの間にか隊から姿をくらましたフィッツジェラルドを隊長と共に探す。

1971年に「荒野に生きる」として日本でも紹介された実話の映画化で、開拓時代の有名人ジム・ブリージャーの青春時代が見られるのが本格西部劇ファンにはお楽しみ。「荒野に生きる」はサバイバル映画だったという記憶があるが、こちらはサバイバル+復讐を内容としている。というより、復讐心というモチヴェーションが彼を死なせなかったのである。

お話としては上記以上のものではないが、シンプルさが力強さに繋がったと思う。力強すぎて、主人公を追ううち観客も疲労困憊すると言っても過言ではない。
 イニャリトゥは、撮影監督エマニュエル・ルベツキの協力を得て、長回しで彼らの行動を悠然たる自然を背景にダイナミックに捉えている。最近の長回しは臨場感醸成のために行われることが多いようで、本作もその場に臨んでいるような迫力があり正に圧巻。早くもわが2017年度ベスト10における撮影賞最有力候補である。

レオナルド・ディカプリオはどこまでも忍耐する主人公を力演。アカデミー賞会員はこういう大力演に弱いので、主演賞獲得に至る。

ディカプリオは少年時代演技派として活躍したのに、大作「タイタニック」がヒットした故にイメージ先行で非演技派俳優に思われてきたように思う。21世紀に入り役柄が偏ってきた感じもあるが、まずは「おめでとう」。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レヴェナント:蘇えりし者

    Excerpt: 【概略】 狩猟の旅の途中、ヒュー・グラスは瀕死の重傷を負う。彼は仲間に置き去りにされた上、最愛の息子の命を奪われてしまう。 アクション 復讐の先に、何があるのか。 本作を賞賛され.. Weblog: いやいやえん racked: 2017-03-04 09:54
  • 「レヴェナント:蘇えりし者」

    Excerpt: 凄いところは凄すぎて、あり得ず、かっこつけすぎ。眠くなった。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2017-03-04 10:20
  • レヴェナント 蘇えりし者

    Excerpt: そして彼はクマになった。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2017-03-04 10:28
  • レヴェナント 蘇えりし者

    Excerpt: アレハンドロ・ゴンザレス・稲荷寿司ふたつ監督の話題作 連休喧噪期前に観て参りました。 3DではないI-MAXスクリーンで。 (3Dもいいけど、ありゃ暗いね) ところどころ、T・マリ .. Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2017-03-04 12:14
  • レヴェナント:蘇えりし者★★★★

    Excerpt: レオナルド・ディカプリオと、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督がタッグを組んだ話題作。狩猟中に瀕死(ひんし)の重傷を負ったハンターが、自分を.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2017-03-04 16:16
  • レヴェナント:蘇えりし者

    Excerpt: THE REVENANT 上映時間 156分 映倫 R15+ 監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 脚本 マーク・L・スミス/アレハンドロ・G・イニャリトゥ 音楽 坂本龍一 出演 レオナルド・ディカ.. Weblog: to Heart racked: 2017-03-04 18:48
  • 映画:レヴェナント: 蘇えりし者 The Revenant イニャリトゥの執念がまたもや結実した傑作。

    Excerpt: 当ブログは2年前の年末映画ベスト10で、同スタッフの「バードマン」 を3位にいれていた。 サブタイトル=「中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快? 怪作!(12/18アップ)」 .. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2017-03-04 23:57
  • レヴェナント:蘇えりし者

    Excerpt: トム・ハーディの悪にはワケがある 公式サイト。原題:The Revenant。アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督(本年度米アカデミー監督賞受賞)、音楽:坂本龍一。レオナルド・ディカプリオ(本年 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2017-03-05 00:09
  • 16-214「レヴェナント 蘇えりし者」(アメリカ)

    Excerpt: 息をしろ、息をし続けて戦え  1823年、アメリカ北西部。狩猟の旅を続けている一団が未開の大地を進んでいく。  ヘンリー隊長をリーダーとするその集団には、ガイド役を務めるベテラン・ハンターのヒュー.. Weblog: CINECHANが観た映画について racked: 2017-03-05 00:45
  • 『レヴェナント 蘇えりし者』('16初鑑賞39・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆★- (10段階評価で 7) 4月23日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:30の回を鑑賞。 字幕版。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2017-03-05 13:28
  • 神の手~『レヴェナント:蘇えりし者』

    Excerpt:  THE REVENANT  19世紀、雪深いアメリカ北西部。ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は 原住民の妻との間にもうけた息子ホーク(フォレスト・グッドラッ.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2017-03-05 20:22
  • 「レヴェナント 蘇えりし者」

    Excerpt: レオナルド・ディカプリオは年を取ってから(失礼!)の方が好きなので、彼がオスカーを受賞した事は、心からおめでとうを言うよりほかの気持ちは無い。むしろ遅い、遅過ぎた、という気持ちがある程だ。というか、何.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2017-03-06 12:50
  • 「レヴェナント:蘇りし者」☆生まれ変わって蘇るレオ様

    Excerpt: これは凄い! これでアカデミー賞取らなかったらオカシイよね。 Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2017-03-07 00:15
  • 一年遅れのベスト10~2017年私的ベスト10発表~

    Excerpt:  群馬の山奥に住み、持病もあり、WOWOWを中心にした映画鑑賞生活ですので、僕の2017年私的ベスト10は皆様の2016年にほぼ相当する計算でございます。と、毎年同じことを申しておりますが、これもルー.. Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-01-10 23:42