映画評「マネーモンスター」

☆☆★(5点/10点満点中)
2016年アメリカ映画 監督ジョディー・フォスター
ネタバレあり

アメリカではTV局ものがジャンルを構成するほど少なからず作られている。僕が最初に思い出すのは「ネットワーク」だが、本作は一昨年観た韓国映画「テロ、ライブ」と同じくTV局に爆弾が仕掛けられるサスペンスである。厳密に言うと、こちらは衆人環視の中で犯人が人間に爆弾を仕掛けるというもの。

財テク番組のMCジョージ・クルーニーが、生放送中に侵入してきた男ジャック・オコンネルに爆弾を巻き付けらてしまい、母親の遺産を全部彼のお墨付きをつけた“アイビス”という会社に投資したものの大暴落を起こして大損を被ったのを半ば逆恨みする彼を説得しようと、会社の広報部の女性カトリーナ・バルフと連絡を取るなどするうちに、“アイビス”のCEOドミニク・ウェストに絡む疑惑が浮かび上がる。

というお話は、投資にコンピューターが絡んで専門家でも予想が難しくなっている現状を背景に、なかなか興味深く綴られている。映画は進行するうちに、結局株価を最終的に動かすのは極めて人為的なものだと言わんばかりの結論を出していて、アメリカ社会のカリカチュアだけでなく、お金に振り回される人間一般への風刺的な側面も出して来る。
 観ながら彼のようにウォール街や金持ちに不信を持つ下層階級が中心となってトランプ大統領を支持しているのだろうなあと思ったが、トランプの政策は富豪をより金持ちにするだけなのではないか。

閑話休題。
 サスペンス映画としては「テロ、ライブ」と同じく犯人が簡単にTV局に潜入できてしまうなど疑問も少なくない。クルーニーとオコンネルが共闘的な関係になりウェストに会って真相を聞き出そうと外に出て行く急展開の部分にしても、疑問というか強引さを感じさせるが、野次馬の反応を交えて一応面白く見せている。
 場面の構成として、株価アルゴリズムを作った韓国人やCEOがこっそり出かけた南アの様子を事前にかつ唐突に見せるのが、伏線を見せんが為という狙いが露骨に見える下手なやり方で、かなり気になった。こういうのはもっと全体を長尺にして自然な形で扱わないと白けることが多い。

配役陣では、番組ディレクターとしてジュリア・ロバーツが出ているが、やや役が足りない(役不足)。

全体的に、出演しないで演出に専念したジョディー・フォスターはそつなく見せているが、サスペンスにおけるパンチ力は不足。

細かなところで、幕切れの二人の「来週はどうしようか」という台詞は両義的で、【W座からの招待状】の案内人・小山薫堂氏が指摘するような、TV局人間の実務的なドライさとは限らないのではないだろうか? 僕には、彼らの表情を観ていると、どこか世事の虚しさを感じているようにも思われる。

暫く不労所得でやりくりしている僕は、アナログ手法であるため、苦戦中。だから「それでも、アルゴリズムは怖いよ」というのが実際じゃね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2017年03月19日 12:41
ジョディ・フォスター監督作品で、ご当人が宣伝に日本に来たりしたせいか話題になっていて、期待して観に行ったんですが、初監督作としてはちゃんとやれていたかなという感想。全体に、テレビの二時間ドラマ見せられてるみたいなせせこましい印象があって。あと、これも言うと怒られるんでここだけで書きますが、フェミ的(?)なのか女性の自己主張が激しくて、見てると逆に男の人に同情したくなる気分になるのもちょっとうっとうしいなって。昔の映画だと、ああいうこと言ってるけど内心は複雑なんだろうなと見てると想像できるようなところがあったんですね、だから昔の映画が女性を完全に無視していたとは思わないです。
オカピー
2017年03月19日 18:33
nesskoさん、こんにちは。

>二時間ドラマ
3分の2以上がTV局内ですし、出演のギャラを除くとロー・バジェットそうな作品なので、そういう雰囲気が漂います。

>フェミ的
説得のために恋人を呼んできたものの、ああいう風に罵倒されたのでは逆効果、という可笑し味を狙ったのでしょうし、あれがこの映画の登場人物のうちただ一人正直な人物と好感を持たれる人もいますが、あれが作者の主張と重なって見えると、厭らしいですね。

この記事へのトラックバック

  • マネーモンスター~一人ウォール街を占拠せよ

    Excerpt: 公式サイト。原題:Money Monster。ジョディ・フォスター監督。ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ、ジャック・オコンネル、ドミニク・ウェスト、カトリーナ・バルフ。アメリカ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2017-03-19 09:53
  • [映画]マネーモンスター

    Excerpt: 2016年、アメリカ 原題:Money Monster 監督:ジョディ・フォスター 脚本:ジェイミー・リンデン 脚本・原案:アラン・ディ・フィオーレ、ジム・カウフ 出演:ジョージ・クルーニー、ジュリ.. Weblog: 一人でお茶を racked: 2017-03-19 12:34
  • マネーモンスター ★★★★

    Excerpt: 『リトルマン・テイト』『それでも、愛してる』で、監督としても高い評価を得ているジョディ・フォスターがメガホンを取ったサスペンス。拳銃を手にした男による財テク番組占拠事件の行方と、その裏に隠された驚がく.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2017-03-19 14:10
  • マネーモンスター

    Excerpt: 【概略】 TV番組「マネーモンスター」が生放送中にジャックされた。犯人は番組が株の情報操作を行ったと主張し…。 サスペンス 軽めの司会者(ジョージ・クルーニー)の進行する株価トレン.. Weblog: いやいやえん racked: 2017-03-19 21:34
  • 『マネーモンスター』('16初鑑賞57・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 6月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 12:35の回を鑑賞。 字幕版。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2017-03-20 13:23
  • 「マネーモンスター」

    Excerpt: ジョディ・フォスター監督作品、という興味が第一。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2017-03-20 23:50
  • 16-152「マネーモンスター」(アメリカ)

    Excerpt: 狙われているのは俺だ  人気司会者リー・ゲイツの軽妙なトークがウリの投資情報番組“マネーモンスター”。番組ディレクターのパティは、ゲイツの功績を認めつつも、生放送をいいことに台本を無視して暴走する彼.. Weblog: CINECHANが観た映画について racked: 2017-03-21 00:05
  • 「マネーモンスター」☆息詰まる展開

    Excerpt: もっとエンタメ的な映画と思っていたので、最後までひやひやさせる息詰まる展開と、硬派を貫いたラストのシーンにかなり衝撃を受けることとなった。 見応えのある作品。 Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2017-03-21 08:38
  • 「マネーモンスター」

    Excerpt: ジョディー・フォスター、久々の監督作品である。個人的な印象だが、ジョディー・フォスターは映画界でのインテリ女性の最右翼であり、だからと言ってお高くとまっているとか、とっつきにくいとかいう印象は私にはな.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2017-03-21 11:19
  • マネーモンスター MONEY MONSTER

    Excerpt: 上映時間 95分 映倫 PG12 脚本 ジェイミー・リンデン/アラン・ディ・フィオーレ/ジム・カウフ 監督 ジョディ・フォスター 出演 ジョージ・クルーニー/ジュリア・ロバーツ/ジャック・オコンネル.. Weblog: to Heart racked: 2017-04-02 18:30
  • 独断的映画感想文:マネーモンスター

    Excerpt: 日記:2017年5月某日 映画「マネーモンスター」を見る. 2016年.監督:ジョディ・フォスター. 出演:ジョージ・クルーニー(Lee Gates),ジュリア・ロバーツ(Patty Fenn),ジャ.. Weblog: なんか飲みたい racked: 2017-05-31 15:46