映画評「外人部隊」(1933年)

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1933年フランス映画 監督ジャック・フェデー
ネタバレあり

フランス戦前の大監督と言われる中で現在最も忘れられた存在が恐らくジャック・フェデー(フェデール)であろう。僕が若い時(1970年代)には絶対触れければならない監督であったし、当時はNHKが一生懸命この時代の作品を放映していたので、「ミモザ館」「女たちの都」と合わせた三部作は全てNHKで観た。勿論衛星放送もビデオ・レンタルもない時代だから見逃すわけにはいかなかった。

贅沢好きな女フローランス(マリー・ベル)に会社の金をつぎ込んだのがばれて家を放逐された良家の青年ピエール(ピエール・リシャール=ウィルム)は、彼女が一緒に道行(笑)をしてくれないと知って自暴自棄になって流れ者の吹き溜まりである外人部隊に身を投じ、モロッコの宿屋にお世話になる。酒場を兼ねた宿屋の女将ブランシュ(フランソワーズ・ロゼ―)のトランプ占いはよく当たり、彼が男を殺し、亭主クレマン(シャルル・ヴァネル)は金髪の男に殺されると言う。二人の男たちは笑う。
 やがてピエールは繁華街でフローランスと瓜二つの商売女イルマ(マリー・ベル二役)を発見してのめり込み、ブランシュの店で働かせることにする。亭主は女癖が悪くイルマに手を出したところへピエールが帰って来、激怒して亭主を殺してしまう。トランプ占いが当たったのだ。ブランシュはピエールを息子のように思っているので殺人をひた隠しにし、やがて伯父の遺産と共に傭兵の年季も明けるピエールはイルマと一緒にモロッコを去ることにする。
 港で相変わらず派手なフローランスと再会したピエールは翻意してイルマだけを旅立たせるが、フローランスが相変わらず冷たいのに絶望し、再び外人部隊と契約する。トランプ占いが彼の死を告げるのを見てブランシュは絶望する。

若き僕はこの作品の運命論的な色彩に「アメリカ映画が登場人物が運命を乗り越えていく様子を描くのに対し、フランス映画は登場人物が運命を受容する。フランス映画は運命論的である」という両国の映画作りのスタンスの違いを確信した。勿論例外もあるが、多くはこの線に沿っていると思われ、今でもこの基調は残っているだろう。

というわけで、僕にとって本作は頗る重要な映画なのである。

外人部隊を描いて一番有名な映画は1930年製作のアメリカ映画「モロッコ」で、あちらがファンタジーに近いロマンティック千万な作りであったのに対し、本作はシニカルなリアリズム基調である。リアリズムと言っても、トランプ占いによる神秘主義的な要素を含む運命論的なストーリー展開であり、世に言う詩的リアリズムであって、現実そのものということではない。アメリカ映画より人生に対して悲観に傾く、厳しい視線を向けているということなのだ。

女性問題で自暴自棄になって外人部隊に身を投じ、それを最後に繰り返す主人公の心理が現実的ではないという声もあるが、今の時代ならともかく、この時代において自暴自棄のメタファーとして主人公を登場させ行動させた意味は理解してしかるべしで、僕はこの点に関し何の疑問も持たない。

実力派フランソワーズ・ロゼーとマリー・ベルの女性陣が圧巻と言える好演。

奇しくも女優が二役を演ずる作品が続きました。ところで、先日ネプチューンが、林修氏の「奇しくも」の解説に「運命的ということか」と反応していたが、意味は真逆。運命的(必然)なら、何の不思議もない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2017年01月29日 02:33
オカピーさん、早速お邪魔します。
アメリカ映画とフランス映画の違い、興味深く拝読させていただきました。確かに、フランス映画のほうが悲劇の表現が巧みですよね。これはトリュフォーやゴダール、シャブロルですら、そこはフランス映画として一貫してますものね。
ハリウッドにおいては、「ニューシネマ」時代だけは例外かもしれませんが、それも「卒業」、「ゴッドファザー」、「ジョーズ」のころにはオカピー論のとおりです。
アメリカは政治の世界でも、黒人大統領を選んだり、暴言セクハラの不動産王が大統領になったり、女性と社会主義者が大統領選候補として激戦になったり・・・次から次とすぐに運命に勝っちゃってますよ(笑)。
>自暴自棄のメタファーとして主人公・・・
私もそう思います。繰り返してしまうのは心理的にやられているからでしょう。この主人公は破滅願望からはなれられないんですよ。それが一番の彼の願いに適った生き方なのでしょう。人間は同じシュチエーションから脱出することは容易じゃないのですから、むしろリアルな展開だと思います。オカピー論のとおりだと思います。
ところで、ジャン・ギャバンのDVD安かったので買ってしまいました。第二集も2月に出るので楽しみです。
では、また。
オカピー
2017年01月29日 20:47
トムさん、こんにちは。

フランス映画は、人生を諦観しているというか、押し寄せてくる運命の波を何とか乗り越えようという意識が登場人物に希薄ですよね。かつて日本でフランス映画が人気があったのは案外そんなところに理由があったような気がします。アメリカ映画には楽観的すぎるところがある。

アメリカは、現実があれですから、「いわんや映画をや」の状態。何でもありです。

>破滅願望
僕の説を敷衍して戴き、有難うございます。

>ジャン・ギャバンのDVD
この間新聞に載っていたものでしょうか。
わがライブラリーにない「我等の仲間」があったので、少し食指が動かされました。ま、図書館にあるので、買わなくても困らないのですが、家にあると落ち着きます^^

この記事へのトラックバック

  • 『名誉と栄光のためでなく』~幻想映画館『外人部隊~』

    Excerpt:  私の父親や母親は、1930年代中盤以降(昭和二桁)になってからの生まれで、1950年代後半から60年代初めに掛けて青春時代を過ごした世代です。アラン・ドロンともほぼ同世代で、世代的には映画や音楽が好.. Weblog: 時代の情景 racked: 2017-01-29 02:34