映画評「マイ・インターン」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2015年アメリカ映画 監督ナンシー・マイヤーズ
ネタバレあり

ナンシー・マイヤーズの監督作品だからMOR的に安心して観られるが、【Yahoo!映画】の平均採点は高すぎる気がする。あそこはミーハー(映画ファンではない方)が多いことに加え、前の投票者の傾向に乗じて採点する方が多そうなので極端になりやすい。

退職したが、愛妻に死なれてしまったため時間を持て余し気味の老骨ロバート・デニーロが、衣服のネット通販会社のインターン募集に応じると、面白がられて採用され、何と美人CEOアン・ハサウェイの部下となる。最初はお払い箱にしようと思うものの、彼女は彼の経験と人格から出て来る知見にすっかり惚れ込んで、運転手兼秘書兼便利屋のように使い始める。
 その頃急激に拡大した会社が組織作りが追い付かない状態になった為外部から新CEOを招聘しようという意見が出、多忙のために夫を失いそうな彼女もその意見を認めざるを得ない。デニーロは「ぎくしゃくした夫婦関係を修復するために新CEOを入れて自分の目標を犠牲にすることはない」と言う。さあ彼女はどう対応するか。

というお話で、先進国共通の問題である高齢者の生きがいと、キャリアウーマンの仕事と私生活のバランスのとり方という問題とを絡ませて進行させた点が、まあ現在的で面白いとは言える。
 しかし、見せ方が型通りとは言わないまでも、安全パイに進めている為にその取り合わせが新味に感じにくい。バランスが取れ先を見通す力もありそうなデニーロ老をCEOに迎えるなんて幕切れにしておけば、直球過ぎるとしても、そのクラシックさがぐっと生きただろう。

同じイタリア系ベテラン俳優が頑張るドラマとしてはアル・パチーノが高齢になって人生を見つめなおそうとする「Dearダニー 君へのうた」の洒脱さに一歩譲る。デニーロはなかなか味わい深いが、映画自体が滋味を欠くのである。

映画ファンのお楽しみは、アン・ハサウェイ出演の旧作「プラダを着た悪魔」や「レイチェルの結婚」(本作でウェディング・ドレスに文句を言ってくる女性の名前がレイチェルで、わざわざ彼女に「レイチェルね」と言わせているので明らかなオマージュ)と関係づけたくなる点。AllcinemaのC氏が仰るように、運転場面が多いのはデニーロの出世作「タクシー・ドライバー」(1976年)へのオマージュなのかもしれない。

それにしてもここ10年余り配給会社は邦題に「僕」や「君」を使いすぎ。本作の「マイ」も発想は全く同じで、日本人は本当に流行に追随したがる国民だねえ。

インターンと言えば、大学生のインターンというのはかなり厳しいようで、インターンに選ばれるだけでも大変らしく、ここで内定が出る人もいると聞く。この9月にマンチェスター大に留学した甥っ子はさる企業(複数)に選ばれ、留学準備と重なってこれまた大変だった(と年齢に似合わぬ若い息子を持つ姉が言っていた)。僕らの頃はそんな七面倒臭いものはなく、ある意味気楽でしたね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねこのひげ
2016年10月02日 18:25
インターン・・・・新聞配達の方が収入がいいとか・・・?
だから、なっちゃうとやりたい放題をしちゃうのかな?
オカピー
2016年10月02日 21:44
ねこのひげさん、こんにちは。

大学生のインターン制度というのは知らなかったですよ。
いつから始まったのでしょうかねえ。
こちらはお金にはならないんでしょうが。

この記事へのトラックバック

  • マイ・インターン ★★★

    Excerpt: ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイというオスカー俳優が共演を果たしたヒューマンドラマ。年齢・性別・地位も違う男女が出会い、徐々に友情を育んでいく過程を描く。メガホンを取るのは『ハート・オブ・ウーマ.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2016-10-01 16:13
  • マイ・インターン~デカ目vs.目配り

    Excerpt: 公式サイト。原題:The Intern。ナンシー・マイヤーズ監督。ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ、レネ・ルッソ、アンダース・ホーム、ジョジョ・カシュナー、クリスティーナ・シ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2016-10-01 17:30
  • 『マイ・インターン』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「マイ・インターン」□監督・脚本 ナンシー・マイヤーズ□キャスト ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ、レネ・ルッソ、       アダム・ディバイン、アンダース・.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2016-10-01 19:42
  • 映画評「ヴィンセントが教えてくれたこと」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督セオドア・メルフィー ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-10-02 20:49
  • 映画:マイ・インターン The Intern 全米でも現在公開中の今作の評価は?

    Excerpt: アン・ハサウェイが、ファッションの人気サイトを立ち上げた CEOを演じるコメディ。 その役柄からして「プラダを着た悪魔」の彼女の「その後」を臭わせてしまうところが面白い! (そこは 狙い、かな?).. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2016-10-04 01:27
  • 「マイ・インターン」

    Excerpt: 亀の甲より年の功ってあるんだねえ。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2019-02-01 23:39
  • マイ・インターン

    Excerpt: アメリカ・ニューヨーク。 ファッションサイトを運営する女性社長ジュールズは、仕事と家庭を両立させ、現代女性の理想像を絵に描いたような人生を送っている。 そんな彼女のアシスタントとしてやってきたのは、会.. Weblog: 象のロケット racked: 2019-02-03 02:07