映画評「カイロの紫のバラ」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1985年アメリカ映画 監督ウッディー・アレン
ネタバレあり

今月(2015年9月)勝手に催す【かつて映画館で観ました】シリーズ第3弾は、ウッディー・アレンが映画ファンに捧げたとでも言いたくなるファンタジー。

1930年代、ウェイトレスのセシリア(ミア・ファロー)は暴力わがまま亭主(ダニー・アイエロ)にうんざりして映画館に足しげく通っている。ある時「カイロの紫のバラ」という上流階級を描いた人生劇を観ていると、ギル・シェパード(ジェフ・ダニエルズ)という男優扮する探検家トム・バクスターが画面から抜け出て彼女を誘い出し、ここに思慕の関係が始まる。

という着想は「キートンの探偵学入門」(1924年)からの拝借で、実に上手く本歌取りしている。特に可笑しいのは、その他の登場人物がこれに大弱りしてお話の進行がストップ、これに退屈した観客とけったいなやり取りをする箇所や、バクスター探検氏が犯罪を犯したり他の映画館のバクスターが同じように抜け出したら困ると関係者が動揺して対策を練る箇所。

さらに、自分の演じたバクスターを探しにシェパードご本人が登場して交錯する辺りの面白味は絶妙で、その二人が揃って思慕することになる平凡な一主婦を巡って恋のさや当てを演じた末にヒロインが迎える幕切れに厳しい現実を示したアレンの才覚は誠に素晴らしい。つまり「映画は夢を与える道具であって、決して現実ではない」という“現実”が巧みに表現されているのである。

これはたくさん映画を観てきた人ならよく解る心情であろうし、まして1930年代の不況下に夫に虐げられる主婦の映画に夢を求めて逃避せざるを得ない心情を洞察すれば、単に洒落たファンタスティックなお話という理解で済ますのは勿体ない気がする。
 アレンは、監督をハーバート・ロスに任せて脚本と出演だけで済ました「ボギー!俺も男だ」(1972年)という古い映画へのオマージュに満ちた作品を発表しているが、まだボギー(ハンフリー・ボガート)の作品をそれほど観ていない頃に鑑賞したので、さほど面白味が解らなかった。今観たらもっと楽しめるだろう。

スコルピオンの恋まじない」(2002年)も1940年代の映画へオマージュを捧げた作品だろう。さほど評判にならなかったものの、個人的には、本作と同じくらい気に入っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

十瑠
2015年10月06日 09:44
ハッピー・エンドが好きなもので、「スコルピオン」より★一つ減点になりました。
スクリーンから飛び出した主役の“彼”のキャラクターが捉えどころがなくて、それは現実じゃないからですが、いまいち入り込めないのも減点でしたね。
キートンのソレは有名な作品ですが未見です。
ラストショットがミア・ファローの名演技と絶賛しておりますMY記事、TBしました。
2015年10月06日 13:00
これはよかったですよね。ウッディ・アレンの作品というのを意識せずに楽しめた記憶があります。ラスト、落ち込んでるミア・ファローが映画を観ながらだんだん観ている映画に引き込まれて顔に輝きが戻ってくるんですね。最後にかかってたのはフレッド・アステアのダンスナンバーだったのかな? あの時代でしたね。
オカピー
2015年10月06日 21:04
十瑠さん、こんにちは。

>ハッピーエンド
右に同じですが、映画の本質を捉えたという意味で、ビターエンドが良かったと思っています。

>“彼”のキャラクター
大衆映画の登場人物ですから、神の概念を持っていないのが面白かった。
この辺りもアレンらしいシニカルさでしょうか。

>キートン
あちらは、観客がスクリーンに入っていって往来するという設定で、本作とは逆でした。

>ラスト
nesskoさんも印象に残っているようです。
ただのビター・エンドにしなかったわけですね。
オカピー
2015年10月06日 21:07
nesskoさん、こんにちは。

>ラスト
十瑠さんも同じところで感心されたようで、名ショット・名シーンというべきですね。
ビター・エンドの中に映画の効用を謳っているところは、さすがにアレンと言うべきでしょうか。

>フレッド・アステア
僕も好きな「トップ・ハット」でした。
ねこのひげ
2015年10月11日 17:45
ウッディー・アレンの作品は苦手なのが多いんですがこれは好きですね。
妄想族としては、こういう夢を観ますな。
オカピー
2015年10月11日 20:44
ねこのひげさん、こんにちは。

アレンご本人が出ないというのも好評の理由でしょうか(笑)

この記事へのトラックバック

  • カイロの紫のバラ

    Excerpt: (1985/ウディ・アレン監督・脚本/ミア・ファロー、ジェフ・ダニエルズ、ダニー・アイエロ、エド・ハーマン、ダイアン・ウィースト/82分) Weblog: テアトル十瑠 racked: 2015-10-06 09:35
  • 映画評「今夜、ロマンス劇場で」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2018年日本映画 監督・武内英樹 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-12-21 08:57