映画評「ルームメイト」

☆☆(4点/10点満点中)
2013年日本映画 監督・古澤健
ネタバレあり

映画鑑賞歴20年を超えるベテラン映画ファンの中にはブリジット・フォンダ主演の同名映画を思い出した人も多いようで、僕などはリメイクと半ば思い込んで観始めたところが全然違いましたがな。サイコ・ホラーという予想は当たった。

交通事故で記憶の一部を失っているらしい派遣社員の北川景子が、入院していた病院の看護婦・深田恭子と仲良くなり、ルームシェアを始め、加害者の高良健吾や保険会社の尾上寛之との交渉を仕事で慣れているという彼女に任せる。互いの意見を日記で交換するうち、やがて恭子嬢の言動に妙などころが目立ち始め、やがて恐怖を覚えるようになる。その恐怖から逃れる為に自営業を営んでいる高良君の仕事を手伝うことにするが、街中で発見した恭子嬢に彼女が勤めているらしいバーに連れ込まれ、口の利き方の全く違う彼女が二重人格を発症しているらしいことに気付く。

終盤ミステリー的種明かしが色々と出て来るが、この辺りまでは明かしても許容範囲であろう。終わってみれば、かつて主観描写の扱いに関して色々と文句を言った「シークレット・ウィンドウ」(2004年)の出来の悪いヴァリエーションだったので、映像の嘘に関してはかなり保守的な僕はこの作品にもがっかり。同時に、この程度のことで頭に来るほど若くはなくなった。

一番の問題は(恐怖映画的に怖くなくても良いが)人間の怖さが全然出ていないことである。「悪魔のような女」(1955年)や「危険な情事」(1987年)のように人間の、女性の怖さを感じさせることが出来れば、手法のインチキ性などぶっ飛んでしまう。一般的なホラー映画がこれを達成することはまずないのであるが、それにしても腰のない展開ぶりにこちらの腰が砕ける。

他方、非常に出来の悪い台詞や俳優の生硬な演技は、展開を考えてみれば、作者・古澤健に意図するところが半ばあり、それ自体に謎解きのヒントがあると捉えられないこともないが、お若い鑑賞者がそこまで洞察できるかどうか。何回か出て来る二分割の映像もヒントと思えて来る。

といった次第で、映画経験が薄く、映像の嘘が許せる方なら、ある程度楽しめるかもしれない。そう言えば、途中に「危険な情事」そっくりの場面がありましたぞ(見せ方は全然ダメだった)。

「シークレット・ウィンドウ」を観ていたら、完全ネタバレになってしまうのですが、悪しからず。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2015年05月30日 10:12
オカピーさん、おはようございます^^
いつもTB、ありがとうございますm(__)m
直接この映画についてではないのですが(汗)、
ブリジット・フォンダの『ルームメイト』で
ふと思い出したのでTB貼らせて頂きましたm(__)m
オカピー
2015年05月30日 21:20
chazさん、お久しぶりです。

>いつもTB
コメントを残さずに退散しており、恐縮です。

>ブリジット・フォンダの『ルームメイト』
早速伺いました。
こういう記事も面白いですよね。
有難く頂戴致しました<(_ _)>
ねこのひげ
2015年06月01日 05:59
ネタバレしても作品が良ければ楽しめるのでありますがね・・・
オカピー
2015年06月01日 11:11
ねこのひげさん、こんにちは。

>ネタバレ
寧ろ、観る人の意識の問題の方が大きいと思います。
最近の日本人は寛容度が下がっているので、ネタバレを読んで怒る人がいます。全く感心できないわけですが、僕が一応採点をトップに置いているのはそういう意味があります。採点を付ける意味もそこにあると思っています。
僕が愛読していた双葉十三郎先生の「ぼくの採点表」でも、高得点のものは観る予定を立てるので本文を読みませんでしたね。

まあミステリーの謎解きと、どんでん返しの内容に触れるのはご法度でしょうが。
どんでん返しは、それを言った途端にネタバレという考えもありますが、それを言ったら何も書けなくなってしまう。

この記事へのトラックバック

  • 『ルームメイト』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ルームメイト」□監督・脚本 古澤健□キャスト 北川景子、深田恭子、高良健吾、尾上寛之、大塚千弘、       筒井真理子、螢雪次朗、田口トモロヲ■鑑賞日 11月9日.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2015-05-30 10:03
  • 映画好きにこんなバッグはいかが~♪

    Excerpt: ◇何気にトートバック~♪ 昨日のデ・ニーロ繋がりで、小ネタ(グッズ)をひとつ^^ デ・ニーロはメリル・ストリープと共演した『恋に落ちて』(1985)。 平凡に生活していたごく普通の男と女。 クリスマス.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2015-05-30 10:09
  • ルームメイト/北川景子、深田恭子

    Excerpt: 今邑彩さんの小説を原案に『今日、恋をはじめます』の古澤健さんがメガホンをとり、ルームメイトの恐ろしい本性を知り恐怖を体験するヒロインの姿を描いたサスペンス・ドラマです ... Weblog: カノンな日々 racked: 2015-05-30 11:24
  • ルームメイト ★★★

    Excerpt: 北川景子と深田恭子が初共演し、「オトシモノ」「Another アナザー」の古澤健監督が手がけたホラー。今邑彩の同名小説を原案に、ルームメイトの奇妙な行動をきっかけに奇怪な事件に巻き込まれていく女性の恐.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2015-05-30 22:05
  • ルームメイト

    Excerpt: 公式サイト。今邑彩原案、古澤健監督。北川景子、深田恭子、高良健吾、尾上寛之、大塚千弘、筒井真理子、螢雪次朗、田口トモロヲ。原作を大急ぎで設定変更したためか、不自然なと ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2015-06-01 20:35
  • 「ルームメイト」

    Excerpt: 私の好きな「キョン」の双璧といえば、(言うまでもなく)小泉今日子さんと深田恭子さんだ! Weblog: 或る日の出来事 racked: 2015-06-16 09:35