映画評「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」

☆☆★(5点/10点満点中)
2014年日本映画 監督・星野和成
ネタバレあり

TV版があるのはさすがに知っていたが、本作は映画版第3作と思い込んで観始めたら肩透かしを食った。あくまでTV版シリーズの最終作(劇場版)ということになるらしい。かの映画シリーズと区別する為にこういう時こそ“劇場版”といった表現があるべきだ。紛らわしいこと甚だしい。
 で、こちらのシリーズは、竹内結子=阿部寛の凸凹コンビの喜劇トーンに比べると大分シリアスなトーンで推移する。原作は勿論海堂尊。

田口公平(伊藤淳史)が愁訴外来医師として勤める東城大学付属病院に国際Ai(死亡時画像診断)センターが設立されることになり、その目玉がリヴァイアサンなるMRI。仰々しく移動されるパフォーマンスの際医療ジャーナリストと称する別宮葉子(桐谷美玲)が田口に接近して来る。同僚の滝沢(松坂桃李)の知り合いらしい。
 その頃医療関係者九人が死亡、一人が重体で発見される死因不明の事件が発生する。その一人が、変わり者として知られる厚労省役人・白鳥圭輔(仲村トオル)の上司に当たる人物で、彼と田口が調べていくうちに全員が重い副作用を起こす可能性のある疼痛緩和剤に関係することが判明、病院とセンターを狙うという脅迫状も病院に送られてくる。

まず、ミステリーとして第一の謎(関心)は死因である。これに関してMRIの特徴と犯人が使った手口が絡み合い、多少専門的であるが面白い。第二の謎は勿論犯人で、東城病院への恨みを持つ者を複数用意して犯人当てを楽しませる趣向。映画的なこしの強さが欠けているものの、TVの一般的な二時間ミステリーよりはさすがに本格ミステリーらしい気分に満ちていて、本格ミステリー映画に渇いている昨今にあれば、謎解き映画として一応楽しめる。ごく個人的な趣味としては、竹内=阿部コンビで見たかった。

松本清張のミステリーもTVドラマ化はよくされるのに、映画化は少ないねえ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ねこのひげ
2015年02月15日 07:28
松本清張さんの作品は、その他大勢と一緒に映画館で観るより、小説を読むように自宅で一人でじっくり観るのに向いていると思いますね。

オカピー
2015年02月15日 20:08
ねこのひげさん、こんにちは。

戦前の本格推理の人間描写が表面的であったのに対し、清張さんの推理はよく言われる“社会派”というより人間洞察劇という印象を持っています。
ミステリーとしては意外に偶然に頼るようなところもあったりしますが、そんなことはどうでも良いと思わせるスケールがありますね。
まあそれほど大量に読んでいるわけではない僕が言うのもなんですが。

この記事へのトラックバック

  • チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像

    Excerpt: 公式サイト。海堂尊原作、星野和成監督。伊藤淳史、仲村トオル、桐谷美玲、松坂桃李、西島秀俊、戸次重幸、木下隆行、利重剛、バカリズム、加藤あい、名取裕子、栗山千明、生瀬勝 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2015-02-08 18:41
  • チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像/伊藤淳史

    Excerpt: TVドラマ版のほうの映画版を作ってしまったら竹内結子さん&阿部寛さんによる映画シリーズの立場はどうなってしまうんだろう?とちょっと心配しちゃうんですけど、それでもTVドラマ ... Weblog: カノンな日々 racked: 2015-02-08 20:34
  • 『チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」□監督 星野和成□脚本 後藤法子□原作 海堂尊□キャスト 伊藤淳史、仲村トオル、桐谷美玲、松坂桃李、西島秀俊 ■鑑賞.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2015-02-08 20:36
  • チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像

    Excerpt: 真実を診ろ。 製作年度 2014年 上映時間 127分 原作 海堂尊『ケルベロスの肖像』(宝島社刊) 脚本 後藤法子 監督 星野和成 出演 伊藤淳史/仲村トオル/桐谷美玲/松坂桃李/西島秀俊/戸次重.. Weblog: to Heart racked: 2015-02-11 21:33