映画評「グランド・イリュージョン」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2013年アメリカ=フランス合作映画 監督ルイ・ルテリエ
ネタバレあり

21世紀に入って大仕掛けのマジック即ちイリュージョンをテーマにした作品が目立ち始めたが、ここまでストレートに犯罪に利用したのは初めてではないか? しかも、近年のサスペンス映画には珍しいほど精神衛生的に健全と言える内容なのが大いに気に入った。

四人のマジシャン即ちジェシー・アイゼンバーグ、ウッディー・ハレルスン、デイヴ・フランコ、紅一点アイラ・フィッシャーが正体不明の人物に招聘され、その一年後四騎士(新約聖書の“黙示録の四騎士”の洒落のつもりだろうから、“ホースメン”では気分が出ない)として華やかなグループ・デビューを飾る。ラスヴェガスにいながらパリの銀行から大金を盗んで会場にばらまくのである。
 マーク・ラファローを指揮官とするFBIが早速四人を逮捕するが、証拠が出ず無罪放免とせざるを得ず、その直後インタポールから派遣されたフランス人女性捜査官メラニー・ロマンが加わって、彼らを追跡し次の会場で尻尾を捕まえようとすると、今度は四騎士はスポンサーたる保険会社経営者マイケル・ケインの口座から会場にいる人々に払われるべき保険金を勝手に支払ってしまう。
 手に負えないと思ったラファローは、マジシャンのトリックを暴くのを生業としているモーガン・フリーマンに協力を仰ぐことにするが、なかなか上手く行かない。

というお話で、最後にどんでん返しが待っている。どんなどんでん返しか詳細には触れないが、この手のどんでん返しはその人物が一人でいる場面を作ってはならない。裏の顔を持っている人物は一人でいる時は裏の顔を出すはずだからである。実際にはこの原則を守らない作品が多く、本作でもかなり際どいところがあるものの、極めて快調なテンポで進むので気にする暇がなく上手く誤魔化されてしまう(貶してはおりません)。つまり、映画全体がイリュージョンになっている仕掛けでござる。

犯罪と言っても四騎士は最後まで義賊的な扱いで、ひねりをつけた幕切れもそれに準じているので、後味が良い。イリュージョンを使った犯行の中味は蓋を開けてみれば案外昔からの泥棒映画と大差がないという印象もあるが、寧ろクラシックで楽しめる。中盤繰り広げられる派手なカー・チェースは、監督がカー・アクション映画「トランスポーター」が出世作のルイ・ルテリエだから処理にも手慣れた感があり、程よい長さに留めてもたれない。

このカナカナ邦題(原題は全く違う)を直訳すれば「大いなる幻影」ですがな。草葉の陰でジャン・ルノワールが苦笑いしているじゃろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ねこのひげ
2014年09月21日 06:26
確かに最後まで義賊的だというのが良いですね。
やっぱり、ルパンを産んだ国フランスが絡んでいるからですかね。
アメリカだけだと、仲間割れが起きたり、逮捕されたりが起きたりしそうですからね。
オカピー
2014年09月21日 21:14
ねこのひげさん、こんにちは。

>ルパン
良いですね、ルパン。
日本のファンの中には「ルパン3世」みたいと仰る人もいましたね。
現在進行中のお話の中では誰も死んでいないのも好感を覚えました。

>仲間割れ
扱いにもよりますが、これが興醒めなんです^^;

この記事へのトラックバック

  • 見えますね? ~『グランド・イリュージョン』

    Excerpt:  NOW YOU SEE ME  路上マジシャンのダニエル・アトラス(ジェシー・アイゼンバーグ)は、日時と 場所が記された謎の招待カードを受け取る。そこには.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2014-09-20 11:28
  • グランド・イリュージョン~愛の南京錠は開くか

    Excerpt: 公式サイト。原題:Now You See Me。ルイ・ルテリエ監督、マーク・ラファロ、ジェシー・アイゼンバーグ、メラニー・ロラン、ウディ・ハレルソン、アイラ・フィッシャー、デイヴ・フラ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2014-09-20 13:16
  • グランド・イリュージョン ★★★★.5

    Excerpt: ジェシー・アイゼンバーグ、マーク・ラファロ、ウッディ・ハレルソン、メラニー・ロラン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマンら豪華キャスト共演で、大金を盗み出した4人のマジシャンとFBI捜査官らの攻防を.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2014-09-20 18:52
  • グランド・イリュージョン/ジェシー・アイゼンバーグ

    Excerpt: 『トランスポーター』シリーズのルイ・ルテリエ監督がメガホンをとり、プロマジシャンとして有名なデヴィッド・カッパーフィールドの協力を得て製作したというサスペンス・スリラ ... Weblog: カノンな日々 racked: 2014-09-20 22:13
  • 『グランド・イリュージョン』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「グランド・イリュージョン」□監督 ルイ・ルテリエ □脚本 エド・ソロモン □キャスト ジェシー・アイゼンバーグ、マーク・ラファロ、ウディ・ハレルソン、       .. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2014-09-20 22:29
  • 『グランド・イリュージョン』/2回目

    Excerpt: ■鑑賞日 11月14日(木)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>   前回レビュー 『グランド・イリュ-ジョン』) 前回観たときに面白かった.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2014-09-20 22:29
  • 「グランド・イリュージョン」

    Excerpt: 面白かった! マジックは「 映画のマジック」でパワーアップできるし、快作エンタメだと思う。音楽も乗れるよ。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2014-09-21 01:21
  • 映画評「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督ジョン・M・チュウ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2017-07-23 09:54