映画評「ローマでアモーレ」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2012年アメリカ=イタリア=スペイン合作映画 監督ウッディー・アレン
ネタバレあり

毎年コンスタントに作品を発表しているウッディー・アレンの群像コメディー。「ロシアより愛をこめて」をもじった原題"To Rome With Love" が洒落ている。

国内外を問わずローマにやって来た、若しくは住んでいるカップルのてんやわんやを人物を交錯させることなく、セム・オムニバス形式で展開する。

娘がローマの若者と結婚することになったアメリカのクラシック音楽関係者ウッディー・アレンは婿候補の父親(葬儀屋)がもの凄い歌唱力を持っているのに驚く。が、彼はシャワーを浴びていないと上手く歌えないので、オペラ舞台でもシャワーが導入され珍演出が行われる。歌は評価されるが、演出はこてんぱんに批判される。
 ジャズ中心だったアレンの映画でアリアがたっぷり聴けるのも何だか妙な印象を受けるオールド・ファンであります。音楽と言えば、かの「ボラーレ」から始まり、「アリヴェデルチ(さらば)・ローマ」もかかり、正にローマ気分満点。

新婚カップルの夫君アレッサンドロ・ティベリが誤解が元で娼婦ペネロペ・クルスと付き合う羽目になり、町で携帯電話を落とした夫人アレッサンドラ・マストロナルディのほうは町をうろうろするうちにスター俳優にホテルに連れ込まれそこへ強盗へ現れ、予期せぬ方向へお話が進んでいく。

若い建築家ジェシー・アイゼンバーグが恋人の友人エレン・ペイジに魅力を覚えていく。このカップルのお話は非常に単純なのだが、異化効果を狙ったような演出が非常に興味深い。
 彼は有名建築家アレック・ボールドウィンと街角で出会うのだが、彼が未来のアイゼンバーグと解釈できる作り方をしているのである。内心の声としてボールドウィンがアドバイスをしているように思われるのは、彼が突然フレーム・インしてくるからで、話し手への俳優の顔の向きを含めて、試みとしてはなかなか面白い。

最後は、「変身」のグレゴール・ザムザが害虫になった如くある朝起きてみると有名人になっていたロベルト・ベニーニがパパラッチ等に追われて大変な目に遭うが、ある時突然に無名の人に戻る。
 「あなたは有名であることで有名なのです」という不条理な台詞が傑作で、有名であることに関する諧謔がたっぷり味わえ、お話自体はこれが一番秀逸だろうか。

全般的に前作「ミッドナイト・イン・パリ」ほどの捻りがなく、いつも通りのお話という感が強く☆★は程々に留めたものの、☆★から受けるであろう印象よりは楽しめた。

それほど傑作でなくてもアレンは保存しているです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねこのひげ
2014年04月27日 12:29
シャワーを浴びていなければうまく歌えないところをどう活かすのか?と思っていたら・・・・・
なんだよ~でありました。
アイデア倒れでありますな。
オカピー
2014年04月27日 16:18
ねこのひげさん、こんにちは。

文字通り苦肉の策でしたね。
それを知らない批評家が真面目に批評するのが可笑しいのかも。

この記事へのトラックバック

  • 映画:ローマでアモーレ To Rome with Love なぜか「都市の魅力度」について考察するはめに(笑)

    Excerpt: 元々NYの魅力を描かせたら天下一品だったウディ・アレン。 最近では、 2010「恋のロンドン狂騒曲」 2011「ミッドナイト・イン・パリ」    ときて、今回の「ローマでアモーレ」、と世界の都市.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2014-04-19 15:09
  • ローマでアモーレ ★★★★

    Excerpt: 巨匠ウディ・アレン監督が、古都ローマを舞台にさまざまな男女が繰り広げる人間模様を軽妙なタッチで描くロマンチック・コメディー。『タロットカード殺人事件』以来となるウディが自身の監督作に登場するほか、ベテ.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2014-04-19 16:35
  • 愛しのローマ♪ ~『ローマでアモーレ』

    Excerpt:  TO ROME WITH LOVE  旅行中に出逢った弁護士と婚約した娘に会うため、元オペラ演出家のジェリ ー(ウディ・アレン)はローマにやってくる。ロー.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2014-04-19 20:04
  • 『ローマでアモーレ』

    Excerpt: 作家の塩野七生さんがはじめてヨーロッパに発ったのは、今から50年前のことだった。季節は10月のローマ。 一年間だけ、欧州を歴訪したら帰国してちゃんとお見合い結婚をするという両親との約束は、とうとう果た.. Weblog: 千の天使がバスケットボールする racked: 2014-04-20 09:20
  • 『ローマでアモーレ』

    Excerpt: (原題:To Rome with Love) ---この映画って、 邦題があまり評判よくない作品だよね。 ウディ・アレンの新作だっけ? 「そう。 でも観てみたら、このタイトルを付けた人たちの気持ちが.. Weblog: ラムの大通り racked: 2014-04-22 09:25