プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ルーパー」

<<   作成日時 : 2014/01/15 11:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 8 / コメント 4

☆☆☆(6点/10点満点中)
2012年アメリカ映画 監督ライアン・ジョンスン
ネタバレあり

2044年を一応の現在とするタイム・トラヴェルSFである。

30年後の2074年ではタイム・トラヴェルが可能になっているが利用するのは固く禁止されている。また殺人も物理的に不可能になっている。そこで犯罪組織は抹殺したい者を2044年に送り、ルーパーと呼ばれる専門の殺し屋に殺させる。
 ルーパーの一人が主人公ジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)で、ある時30年後の自分(ブルース・ウィリス)を殺す羽目になる。しかし、仕留め損ねて逃げられ、行方を追ううち30年後の自分が現在の自分を助けてくれた美人サラ(エミリー・ブラント)の10歳になる息子シド(ピアース・ギャノン)を狙っていると知り、再び対峙することになる。シドはループ・システムの大立者であり、30年後の自分にとっての仇なのである。

「ターミネーター」のヴァリエーションで、そこに自分で自分を殺すというアングルを付けるとかなり違う内容に見えるから不思議。脚本を書いて監督もしたライアン・ジョンスンはヒロインの名前をサラにしたことから推測されるように「ターミネーター」を相当意識しているようだ。

昔のSF作家は本人は本人に絶対会えないといったルールを作ってタイム・パラドックスを回避しようと努めたものだが、最近はそんなことはお構いなし、パラレル・ワールドという概念を強引に持ち込んでまでタイム・トラヴェルを完成させようとするから恐れ入ります。本作では、タイム・パラドックスというか文字通り時のループが出来上がって、かなり変な印象をもたらす。

しかし、最後の若い主人公の決意はそこはかとなく切なく、タイム・トラヴェルものはパラドックスを回避できないものと腹をくくって観ればかなり楽しめる作品と言うべし。

数年前ジャンル分けに“タイム・パラドックスもの”という表記を見てびっくりしたことがある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
LOOPER/ルーパー
未来は明るくあるべき!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2014/01/15 11:15
LOOPER/ルーパー〜裏ターミネーター?
シュレーディンガーの猫と観測問題 公式サイト。原題:LOOPER。ライアン・ジョンソン監督、ブルース・ウィリス、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、エミリー・ブラント、パイパー・ペ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2014/01/15 11:55
未来からの刺客〜『LOOPER/ルーパー』
 LOOPER ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2014/01/15 21:46
LOOPER/ルーパー/ジョセフ・ゴードン=レヴィット
ジョセフ・ゴードン=レヴィットが年をとって老けるとブルース・ウィリスになってしまうというのはどうにも納得し難いんですけど、それもネタにしてしまうようなこの映画の宣伝は ... ...続きを見る
カノンな日々
2014/01/15 21:58
LOOPER/ルーパー
任務:未来から来る犯罪者を消せ 標的:30年後の自分 原題 LOOPER 製作年度 2012年 上映時間 118分 監督 ライアン・ジョンソン 出演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット/ブルース・ウィリス/エミリー・ブラント/ポール・ダノ 未来からタイムマシンで送られてきた標的を消す... ...続きを見る
to Heart
2014/01/15 22:35
LOOPER/ルーパー ★★★
未来から転送されてくるターゲットを始末する殺し屋のジョーの前に、30年後の自分自身が送られてきたことから始まるスリリングなSFアクション。失敗の許されない殺し屋が未来の自分を前にしたときに躊躇ってしまった隙をついて、未来から来たジョーはある目的を遂げるため... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2014/01/16 19:12
「LOOPER/ルーパー」
まあまあでしたかね。 ...続きを見る
或る日の出来事
2014/01/18 19:14
『LOOPER/ルーパー』
(原題:Looper) ...続きを見る
ラムの大通り
2014/01/21 10:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
過去に戻れるのが自由になればなんでもアリになりますからね。
そのいみでもこの手の作品はあまり好きではありませんです。

タイムパラドクス物といえば、有名なのがありますが・・・
あの作品の未来は来年2014年ですが・・・
自動車が空を飛んでいる様子はありませんな〜(^_-)-☆
ねこのひげ
2014/01/19 08:03
ねこのひげさん、こんにちは。

ねこのひげさんのような観客を納得させるために、昔の作家は色々と努力をしたのでありますが、本当に「何でもあり」になって呆れるばかりです。

>2014年
新年早々らしい間違い発見!(笑)
オカピー
2014/01/19 17:37
アハハハハ・・・・失礼しました
『バック・ツー・ザ・フーチャーpart2』の2015年でした。(^^ゞ
ねこのひげ
2014/01/20 00:50
ねこのひげさん、こんにちは。

ありがちなことでやんす。
ありの時代背景は2015年でしたか。早いものですね。
オカピー
2014/01/20 17:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ルーパー」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる