映画評「鍵泥棒のメソッド」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2012年日本映画 監督・内田けんじ
ネタバレあり

運命じゃない人」で僕を瞠目させた内田けんじは作る度に唸らされるが、今回も見事である。

自殺しようとしていた売れない役者・堺雅人が、銭湯で転んだ男・香川照之のロッカーの鍵を盗んで、記憶を失った彼になり済ますことになるが、実は彼が誰にも正体を知られていない殺し屋(特殊便利屋)であった為に面倒臭い事件に巻き込まれる。
 一方、香川は入院した時の情報から堺の立場で退院、退院時に知り合った婚活中の広末涼子からモーションを掛けられ、関係が少しずつ深まったところで、彼女が聞かせてくれたクラシック音楽により記憶を蘇らせ、お話はまた違う方向へと動き出す。

例によって伏線が随所に仕込まれ、鮮やかに回収されていくのだが、彼の映画の場合は余り詳細を語るとこれからご覧になる方に多大な迷惑をかける可能性があるので、その辺りについては触れないことにしましょう。

「王子と乞食」の昔から身分入れ替えのお話は少なからずあり、誤解ケースを除きその多くにおいて入れ替わった人の演技力が試されることになる。しかし、本作くらい観客に“演技”を意識させて上手く作られた作品はないのではないか。
 そもそも本作題名の由来は、鍵泥棒を働いた役者がリー・ストラスバーグによる演技理論書「メソッド演技」をかじっていたからで、本編後半でもその演技理論について大いに言及され作劇的に利用されている。ちょっとマニアックな映画ファンなら膝を打って面白がるにちがいない。

本編構成において演技力が重要なのは殺し屋になってしまった役者の演技力であるが、一方で殺し屋・香川は記憶がある時に色々な人物に化けているようで、お話の進展につれ生れついてのメソッド演技実践者であったことが判って来る。

勿論、鑑賞者におかれては、演技論など知らなくても問題なし、お嬢様編集長・広末涼子のお嬢様的変人ぶりなど、楽しめる要素に事欠かない。監督が慎重に敷いてきた伏線から解るように、彼女が記憶喪失の香川を気に入るのは共にメモ魔であり、音楽の趣味もどうやら似ているわけで、彼女が本能的に嗅ぎ取った(若しくは、鍵取った?)模様。正に二人は“運命じゃなくない人”同士なのである。

内田けんじは現在の邦画界随一のトリック映画の作者と言って良いと思うが、彼の作品が面白いのは、単に展開が読めないからだけでなく、人間の根源的で素朴な恋愛感情が常にトリックの背後で揺曳しているからだろう。欧米のトリック映画が時に後味が悪いのに比べると、爽やかな気持ちで映画館を後にできるのが何よりも良い。

ところで、彼女の実家にあるオーディオ装置が凄い。アンプは高級管球セパレート・タイプ。元来メーカーのオーディオ部門所属でオーディオ・マニアでもある(だった?)のでこういう場面に遭遇すると舞い上がってしまう。邦画では「スウィングガールズ」も凄かったなあ。

トリック監督のメソッド。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

ねこのひげ
2013年11月24日 17:23
日本の監督作品はどこか破たんがあったりいい加減だったりが多いのですが、この監督はうまいですね。
予告を観たときは、また人格が入れ替わる作品と思ってガッカリしていたのですが、違っていてよかったです。
オカピー
2013年11月24日 21:47
ねこのひげさん、こんにちは。

>監督作品
どこの国も新人ばかりで監督で映画を見る楽しみがなくなった現在、内田監督は絶滅危惧種みたいなものです。
自分でお話を考えてここまで練っていれば、やはり数年に一度しか作れないでしょうね。脚本は他人(ひと)に任せても良いとは思いますが、やはり生粋の作家主義なんでしょうねえ。

>人格
一時期流行りに流行りましたが、それはつまらんですよね。

この記事へのトラックバック

  • 鍵泥棒のメソッド

    Excerpt: 僕にキュンとする人を探していますw   Weblog: Akira's VOICE racked: 2013-11-24 10:57
  • 鍵泥棒のメソッド

    Excerpt: 実人生と役者の境界が曖昧な人々 公式サイト。内田けんじ監督、堺雅人、香川照之、広末涼子、荒川良々、森口瑶子、小山田サユリ、木野花、小野武彦。タイトルの「メソッド」とい ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2013-11-24 14:15
  • 鍵泥棒のメソッド

    Excerpt: とにかく人間がおもしろくて仕方がない、と思っているのか ことほどさようにアホばっかだけれども愛おしい、と思っているのか それとも、すぐそばまで密着しているようには見え ... Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2013-11-24 15:27
  • 鍵泥棒のメソッド/堺雅人、香川照之

    Excerpt: 先日鑑賞した『夢売るふたり』の西川美和監督と同様に私な大好きな監督の一人で鉄板度高し相性抜群の『運命じゃない人』『アフタースクール』の内田けんじ監督の最新作です。時制 ... Weblog: カノンな日々 racked: 2013-11-24 17:00
  • 『鍵泥棒のメソッド』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「鍵泥棒のメソッド」□監督・脚本 内田けんじ□キャスト 堺 雅人、香川照之、広末涼子、荒川良々、森口瑤子■鑑賞日 9月22日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2013-11-24 17:00
  • 胸がキュン ~『鍵泥棒のメソッド』

    Excerpt:  人生に絶望し、自殺を試みるも未遂に終わった売れない役者の桜井(堺雅人) は、銭湯で転び、記憶喪失になった男・コンドウ(香川照之)のロッカーの鍵を 盗む。34歳独身、婚活中の編集者・水嶋香苗(.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2013-11-24 20:07
  • DVD:鍵泥棒のメソッド 主演 ×2人が「半沢」と同じで リアル倍返し? 周回遅れも悪くない(笑)

    Excerpt: DVD、Blu-ray は、配達系のレンタルをずっと活用している。 で、この「鍵泥棒のメソッド」、ずっとリスト上にあったのだけど借りられず、この週末にやっと鑑賞。 (全く予備情報ゼロ) そし.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2013-11-29 00:00
  • 独断的映画感想文:鍵泥棒のメソッド

    Excerpt: 日記:2013年8月某日 映画「鍵泥棒のメソッド」を見る. 2012年.監督:内田けんじ. 出演:堺雅人(桜井武史),香川照之(コンドウ/山崎信一郎),広末涼子(水嶋香苗),荒川良々(工藤純一),森口.. Weblog: なんか飲みたい racked: 2013-12-03 22:02