映画評「TIME/タイム」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2011年アメリカ映画 監督アンドリュー・ニコル
ネタバレあり

「ガタカ」が妙に好評なアンドリュー・ニコルが自らの脚本を監督したSF映画。少々記憶が曖昧になっているが、脚本・監督を兼ねた作品では「ガタカ」より落ち「シモーヌ」に優るといった印象。

近未来、人々は25歳になるまでは普通に生き、25歳で年を取らない代わりに1年の余命を渡された後はお金の代わりに時間を稼がなければならない。特にスラムゾーンと言われる貧困地区では、常に時間と闘っていて働いても富裕層の作り出す仕組みにより不当に生命の価値が相対的に下がり、高い料金を払わされる仕組みである。
 時間を持て余して自殺する直前に金持ちのマット・ボマ―からそう言われ、百余年の時間を譲渡された主人公ジャスティン・テインバーレイクはその仕組みを壊してやろうと富裕層の地区に入るが、時間調査員と呼ばれる官憲に殺人容疑(時間泥棒)容疑で追われた為に、時間を搾取するグループの頂点に立つヴィンセント・カーシーザーの娘アマンダ・セイフライドを人質にしてスラムゾーンに舞い戻り、ギャングや官憲から逃げながらカーシーザーから莫大な時間を奪取する(奪い返す)チャンスを狙う。

時間がお金の代わりになっている世界という着想はチャンバラSFばかり氾濫するなか異彩を放ち、一見面白い。

残り時間は腕に光る数字によりすぐに解るようになっている。現在の強盗はお金を奪うのに相手の生命の有無は関係ないが、この時代では殺してからでは意味がないので、生きた状態で奪うしかない。奪えば何もしなくても死ぬのだから、泥棒犯の多くは殺人犯でもある。
 ただ、お話の構図が現在の世界、特にアメリカ国民の資本分布図をお金から生命に移しただけで捻りに乏しく、加えて、お金≒生命である現在と違って生命=生命である以上、お話が頗る単純になる宿命を免れない。特に、生命の総量は勝手に増やすことができないらしいから、この搾取体制は資本分布のアンバランスにより遅かれ早かれ自壊することになり、主人公たちが体制を破壊する為に義賊を気取る必要性は薄いのである。尤もそれがいつになるか不明なので現時点で主人公たちがそうせざるを得ないのも確かである。

全体としてはアクション仕立てであるが、それより最初に自殺を図る富豪の心境の方が哲学的で興味深い。即ち、富裕層は自ずと人数が限られ、時間集めだけが趣味みたいな生活を送ったところで、変わり映えのしない顔触れと変化のない生活にうんざりし、人によっていつになるかは違うだろうがいずれ時間稼ぎ(笑)など放り出すのではあるまいか。その意味において本作よりずっと現実的な設定のファンタジー「ミスター・ノーバディ」と同じテーマが沈潜している。
 しかるに、映画がそうした哲学的方向へは一向に進まず、お金争奪戦より面白味の薄い時間争奪戦に留まったのは惜しまれる。小難しい高級映画にする必要はないが、時間争奪の中に時間に関する哲学的考察がもう少しあったほうが却って面白い大衆映画になったはず。

俺たちに時間はない、でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2013年04月01日 02:19
まさに一捻りのない映画でありました。
もうすこし練り込めば・・・面白くなったかも・・・
現代でも一部の富豪たちが凄まじい量の富を所有しているのが問題で・・・
むしろ、昨今の日本の若者のように地位も名誉も車もいらない、生活できればいいと言っている方が正しい気がします。
車・・・金かかるし・・・運転なんて面倒臭いだそうで・・・(^_^.)
オカピー
2013年04月01日 22:16
ねこのひげさん、こんにちは。

昨今では珍しいクラシックなSFムードがいっぱいで、これは良いかなと思いましたが、かなり失速しましたね。
お金は増刷することができますけど、本作の設定では生命はどうもできないようで。そもそも“神”に属する問題でもありますし。

生活できる金だけがあれば十分ですが、将来的にはそれすら危ないかもしれません(笑)。

この記事へのトラックバック

  • TIME/タイム

    Excerpt: 公式サイト。原題:In Time(間に合って)。アンドリュー・ニコル監督、ジャスティン・ティンバーレイク、アマンダ・サイフリッド、キリアン・マーフィ、オリヴィア・ワイルド、マット・ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2013-03-31 18:25
  • TIME/タイム

    Excerpt: 全ての人類は25歳で 成長が止まる 原題 IN TIME 製作年度 2011年 上映時間 109分 監督/脚本/制作 アンドリュー・ニコル 音楽 クレイグ・アームストロング 出演 ジャスティン・テ.. Weblog: to Heart racked: 2013-03-31 20:27
  • 『TIME タイム』

    Excerpt: (英題:In Time) ----ん?これって時間旅行の映画? 「いやいや、そうじゃなくて、 “時間”そのものを扱った映画なんだ。 なんと、その“セカイ”では 通貨が“貨幣”ではなく“時間”…」 .. Weblog: ラムの大通り racked: 2013-03-31 21:58
  • 星の旅人TIME

    Excerpt: 「TIME/タイム」 「星の旅人たち」  Weblog: Akira's VOICE racked: 2013-04-01 10:09