映画評「ドラゴン・タトゥーの女」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2011年アメリカ映画 監督デーヴィッド・フィンチャー
ネタバレあり

原作はスウェーデンのスティーグ・ラーションの長編ミステリー。2009年に本国で映画化されたばかりだと言うのに、ネタ切れ映画大国と化したアメリカ(ハリウッド)が食指を動かして「セブン」でこの手の陰湿な犯罪映画に上手いところを見せたデーヴィッド・フィンチャーを起用してみたものの、やはりお話の記憶も生々しい時期にネタを知っている本格ミステリーは面白く感じられようもない。
 お話自体は同じでも、舞台をアメリカに変えていれば、色々と変更せざるを得ない部分が出て来て精緻に比較検討したくなる気分になったろうに、この程度の差異ではそんな気分になれない。

さすがに俳優の差については述べねばならないだろう。ダニエル・クレイグは先祖を辿ればスウェーデン人と比較的民族的に近いノルマン系に行きつくのか、意外と雰囲気を出している。但し、スウェーデン人としては線が細い。可愛い線で売って来たルーニー・マーラは別人のような外見でパンク女性を奮闘熱演しているが、オリジナルのノオミ・ラパスの鬼気迫る演技に大分及ばない。時々地の可愛さが見えてしまう。

構成の面では、ヒロインのフラッシュバックを使わずストレートに展開した分解りやすくなったが、「ミレニアム」編集長ブルムクヴィストと天才ハッカーのリスベットの最初の接近場面など淡白すぎて、比較以前にどうにもならない。これは既に述べた俳優の個性に影響された部分もあるだろう。“女性の男性に対する復讐”という、そこはかとなく聞えていた(見えていた)通奏低音が事実上なくなっているのも物足りない。

仮に出来が良いとしても比較して不利な部分が多分にあるのは間違いないから、一生懸命比較するほど健気ではないけれど優しい僕としては★一つがとこおまけしておきます。

前回も指摘したように、名門一家を舞台にした設定と言い陰惨な見立て殺人と言い、横溝正史の金田一耕助ものを思い出させるところがある。洒落っ気たっぷりの市川崑ちゃんならどう作るかな。

ついでに、オープニング・タイトルはBGMが先週買い直してずっと聞いていたレッド・ツェッペリンの「III」に入っている「移民の歌」。ツェッペリン・バージョンでなくて残念だったが、ニヤニヤして変てこな画面を眺めていた。

春近し 「セブン」は遠い フィンチャー氏

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

vivajiji
2013年02月05日 15:51

こんにちは。

リスベットやミカエルなど俳優の印象の点、
好みの問題はこれ致し方ないとは思いますが
本作がリスベットもの事始めのお客さま、果たして
物語自体すんなりおわかりだったのでしょうか。
北欧オリジナル初見の折、原作も読まず前知識なしでも
展開にどんどん引き込まれ面白く観れたという記憶が
私にはありますが、本作はどうもいただけません。

持参した拙記事のコメント欄、特にシュエットさんとの
やりとりは今読み返してみても思わずヒザを打つものが。
「D・フィンチャーの、やっつけ仕事」とは
さすがシュエットさん、名言なり。(^ ^)
オカピー
2013年02月05日 22:19
vivajijiさん、コメント有難うございます。

僕は、基本がオリジナルと同じだったので余り興味が持てなかったのですが、長さの割には退屈はしなかったのは幸い。骨格がしっかりしているのでしょうね。
仰る通り、リスベットの過去を描いていないので、その辺りが解りにくい、というか解らないでしょう。

しかし、世間の6~7割くらいはリメイクの勝ち、との判断が下されているようです。理解できない部分があるということを考えても、それはないと思いますけどねえ。洗練しきれていない部分がオリジナルでは強い映画的ムードに繋がっていて、気に入ったのでした。
ねこのひげ
2013年02月06日 06:19
ハリウッド、リメイクすごいですね~
ハリウッドでリメイクすると、気が抜けたようになるんですよね。
よく言えば洗練されるというか、万民向けになるというか・・・

リスペットの過去については、原作1作目でも謎のままです。2作目3作目とその謎が解かれていき、驚愕の事実が・・・ということです。

スウェーデンのほうが、俳優の来歴がわからないだけ、面白いですけどね。
オカピー
2013年02月07日 20:19
ねこのひげさん、こんにちは。

昨日レスできずに済みませんでした<(_ _)>

スウェーデン版は、ほら、フラッシュバックを入れたでしょう。正確な過去は解らなくても、展開上結構効いてくるんですよね。
ハリウッド版は、それがないので展開上はすっきりして“解りやすく”なったのですが、逆に説明不足の部分も出てきてしまった気がします。
うーむ、本文もコメントも書き方がまずかったなあ(笑)。

>洗練
全く同感です。
アメリカ人は外国語映画を観ないので、短いスパンのリメイクでも構わないでしょうが、世界の映画を色々観る日本の映画ファンにはかなり迷惑の話ですよね。

この記事へのトラックバック

  • ドラゴン・タトゥーの女

    Excerpt: スガイ劇場119席 駅前シネコン541席 外気温若干緩めの本日、 北欧製オリジナル作の手ごたえを胸に リキ入れて観るならそりゃあデカイほうが、と 朝一上映行って参りまし ... Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2013-02-05 15:28
  • ドラゴン・タトゥーの女

    Excerpt: 始めは最高。締めは微妙。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2013-02-05 16:45
  • 『ドラゴン・タトゥーの女』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ドラゴン・タトゥーの女」□監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 スティーヴン・ザイリアン □原作 スティーグ・ラーソン □キャスト ダニエル・クレイグ、ルーニー・.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2013-02-05 17:27
  • 『ドラゴン・タトゥーの女』 ('12初鑑賞18・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆★- (10段階評価で 7) 2月11日(祝・土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:05の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2013-02-05 21:52
  • 白い闇~『ドラゴン・タトゥーの女』

    Excerpt:  THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO  北欧・スウェーデン。雑誌『ミレニアム』記者のミカエル(ダニエル・クレイグ) は、執筆した記事を巡.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2013-02-05 22:00
  • 「ドラゴン・タトゥーの女」

    Excerpt: フィンチャー節、堪能しました! Weblog: 或る日の出来事 racked: 2013-02-05 22:17
  • ドラゴン・タトゥーの女/ダニエル・クレイグ

    Excerpt: 世界的なベストセラーとなったスウェーデンのスティーグ・ラーソンによる原作小説を映画化した『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』をデヴィッド・フィンチャー監督がハリウッ ... Weblog: カノンな日々 racked: 2013-02-05 22:26