映画評「がんばっぺ フラガール! ~フクシマに生きる。彼女たちのいま~」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2011年日本映画 監督・小林正樹
ネタバレあり

いきなり小林正樹が監督名として現われたので吃驚。かの東宝映画の名匠は15年以上も前に亡くなっている筈なのに・・・当然別人でござる。

ドキュメンタリーは観るのは好きだが、それについて書くのは嫌いである。どうしても映画芸術の角度から書きたい僕の要求を拒絶する部分が多いからである。そもそも感想文は小学生の頃から苦手で、内容についてどうこう言うのは余り性に合わない。

本作は1996年に公開された「フラガール」(2006年)で全国的に有名になった福島県いわき市の常磐ハワイアンセンター、現在名スパリゾートハワイアンズの再建を、フラガールのサブリーダー大森梨絵さんのその後の日常を中心に捉えながら、描いたドキュメンタリーである。

ご存知のように福島県は東日本大地震の震源地に近い為、甚大な被害を受けた同所は営業停止を余儀なくされ、被災者の宿泊所として活躍することになる。従業員の方々の大半は仕事を奪われるが、社長は再建を決意、その間再結集したフラガールの面々はハワイアンセンターが出来たばかりの頃のように全国キャラバンに出る。
 新聞でこの活動について読んだ記憶があるが、映画はどちらかと言うとそちらより原発に程近い双葉町に家のあった大森さんの日常に重点を置いている。ボランティアセンターに保護された愛犬を散歩に連れ出したり、防護服を着て自宅を訪れる様子や勿論サブリーダーとしての活動も描かれる。
 仮の住居に暮らす家族の描写も描かれる。特に建築設計士の父親は重要で、自分の設計した立派な家自体は破損していないのに避難地区故に住めない現実、双葉町に入るところに建てられた“原子力豊かな社会とまちづくり”という文言が書かれたアーチは父親の設計である。その思いや如何ほどのものか。祖母は「やはり原発に反対すれば良かった」と呟く。

炭鉱産業が斜陽化した時地域の再建に貢献したフラガールたちは今回原発事故に翻弄されながら、またも地域を元気づける為に活躍する。“歴史は繰り返す”とはよく言ったものだ。一見明るく見える出演者の皆さんの内に秘めた辛さを完全に想像することは難しい。

それに引き換え、国会事故調査委員会に虚偽報告をした東京電力の態度には呆れるしかない。東電は故意ではないと言っているが、一番最初に述べたことが意図なく述べられるはずがない。そんな東電へのささやかな抵抗として僕はなるべく電気を使わないようにして1円でも払う額を少なくすることに努めている。

ところで、福島県の南に位置するわが群馬県も色々と協力しているのだが、僕の住んでいる山の小さな田舎町(実際には一応市でござる)では受け入れた汚染土の処理に困っている。原子力・・・戦争に使おうが平和に使おうが・・・厄介なものを人間は作り出したものだ。

こんな記事を書いているうちに北朝鮮がまた馬鹿な核実験をやらかした。彼らに核の知識を授けたとされるパキスタンの何とか博士、とんでもない輩だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

十瑠
2013年02月15日 18:57
小林正樹の名前にびっくりしましたが、勿論、同姓同名ですよね。
映画は未見ですが、こういうドキュメンタリーが作られて一般公開されているのは嬉しいですね。ん?一般公開・・・でいいんですよね?

ところで、今月のポートレイト問題で「元祖ジャニーズというのは、フォーリーブスですか?」というコメントがありましたが、“元祖ジャニーズ”はそのまま「ジャニーズ」というボーカルグループがいたんですよ。メンバーで一番有名なのはあおい輝彦でしょうか。
ど忘れされたと思ってますが、一応お返事をば。
オカピー
2013年02月15日 20:54
十瑠さん、こんにちは。

最近遊びに行けておりません。どうもすみません。

>小林正樹
びっくりですよねえ^^

>一般公開
されましたよ~、ちゃんと。
こういう地味なドキュメンタリーを積極的に観に行く人は、えらいなあ、と思います。

>元祖ジャニーズ
そう言えば、そんなグループありました。
僕はグループサウンズはよく聞いていましたけど、ジャニーズは聞いた記憶がないんですねえ。
時代から言うと、丁度入れ替わる頃だったみたいですね。
あおい輝彦は、シングルでヒットしたあの曲だけはよく知っております。「水戸黄門」主題歌の「ああ人生に涙あり」ではないですよ(笑)。
2013年02月16日 06:54
やっぱり、3・11から、こういう方面に目を向ける人が増えたのでしょうね。
ねこのひげも、わざわざ行ってまで見ようとはしないですね。
監督は、やっぱり本名でやる人が多いんですかね?
小説家とか芸能関係はペンネームや芸名を使う人が多いですけどね。

むかし、あおい輝彦さんが、ラジオの番組で言ってましたが、ジャニーズというのは、元々少年野球のチームだったそうで、その監督をしていたのがジャニーさんだったそうですよ。
オカピー
2013年02月16日 17:31
ねこのひげさん、こんにちは。

TVでもこういうドキュメンタリーは作られていますからね。ここまできちんとは作られていないものが大半ですが。

>監督
大体本名みたいですね。
日本の監督は、脚本を書く時、小津安二郎がジェームズ槇とか、市川崑が九里子亭(アガサ・クリスティをもじったもの)といった別名を使ったりはしていますが。いずれも本名ですね(市川監督は大人になって崑に改名したと思います)。

>少年野球のチーム
チーム名が監督の名前(愛称?)からかい?ってか(笑)。

この記事へのトラックバック