映画評「シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム」

☆☆★(5点/10点満点中)
2011年アメリカ映画 監督ガイ・リッチー
ネタバレあり

小学校の学級図書で読んで以来僕は断然アルセーヌ・ルパン・ファンである。当時セミ本格推理派のシャーロック・ホームズは一冊だけ読んで残りは無視した(後年一部読んだ)ようにとりたてて愛着がないので、原作からどのように乖離しようと一向に構わないつもりだが、とは言ってもまだ幾分か19世紀の英国ムードやミステリー・ムードがあって多少クラシック気分も味わえた第一作に比べると、この第二作は増幅された派手さに反比例してそうした味わいが激減して失望させられる。

第一作で少しだけ登場した悪名高きモリアーティ教授(ジャレッド・ハリス)が今回は敵役として堂々と登場、フランスやドイツで爆破テロを起しているアナーキストたちを利用して戦争勃発を画策していることに気付いたホームズ(ロバート・ダウニー・ジュニア)がその阻止に奮闘するが、いい迷惑なのは新婦メアリー(ケリー・ライリー)との新婚旅行をおじゃんにされた相棒ワトソン君(ジュード・ロー)である。

これにその兄がアナーキスト集団に身を投じているジプシー娘(ノオミ・ラパス)が絡んで、爆破やら銃撃やらCGを大いに利用して賑やかに展開するが、第一作から続投のガイ・リッチーを筆頭とする製作陣はどうもこのシリーズを、世間の人が指摘しているスーパー・ヒーローものではなく、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のミステリー版の気分で作っている、若しくは作ろうとしているのではないかと思えて来て、俄然意気消沈した。
 かのシリーズより明らかに良い部分があるとしたら、仲間たちが大体一緒に行動するので、本来一緒にいるべきメンバーが別行動をする「パイレーツ」のような廻りくどさがなく、上映時間が比較的短く済んでいることくらいである。

ホームズの予想が映像で展開する前回からのアイデアもまだ買えるにしても、「マトリックス」のような見せ方ではもはや面白くない。

いずれにしても、近世・近代を舞台にしたお話はクラシック・ムードが足りないと不満が残る。

ハーバート・ロスがこしらえた「シャーロック・ホームズの素敵な挑戦」が贋作では断然No.1の面白さ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2013年01月13日 11:34
私は1作目と2作目(シャドウゲーム)を続けて見たせいもあってか、2作目は飽きました。。。
まさに「もはや面白くない」でしたねえ。
vivajiji
2013年01月13日 14:14
こんにちは。

そのハーバート・ロスのホームズもの
未見です。ぜひ、観たいですね~
去年ディスカスから借りた1994年英国TVM、
「シャーロック・ホームズの冒険」(J・ブレット主演)。
NHKで観た気がしましたが、雰囲気よく出てましてね~
ずっと観ていたい感じで、私は好きでしたね~
珍品としては「迷探偵シャーロック・ホームズ」。
お間抜けなマイケル・ケインのホームズと
やたらお利口なベン・キングスレーのワトソン。^^
楽しませてもらったジブリのワンコ・ホームズも
変り種にしては、よくできていたと思います。
オカピー
2013年01月13日 19:58
ボーさん、お久しぶりです。

1作目はまだミステリーらしさがありましたし、新しい感覚の中にクラシックな気分もあってなかなか面白かったのですが、本作は悪いところが強調され、良いところが減ってしまって、残念な出来栄えでした。
オカピー
2013年01月13日 20:10
vivajijiさん、コメント有難うございます。

>ハーバート・ロス
脚本を書いたニコラス・メイヤーも才人でして、僕はゴキゲンになって二回観ています。
TV関連はよく解らないので除くとして、贋作ホームズ映画では最高の出来と信じております^^

>ジブリのワンコ・ホームズ
存じておりますが、メーカーの営業部員として最高に忙しかった頃なのでちょっと触れた程度ですね。
今となると、こういうのこそ観てみたい気がします。
ねこのひげ
2013年01月14日 06:24
これは、ちょっと・・・・でしたけど・・・・・
元々の原作が漫画だそうで、だからど派手なんだそうですけどね。
近世に未来兵器みたいなのが出てくるのは好きですけどね。
それにしても・・・です。

ねこのひげは、NHKでやっていた『シャーロック・ホームズ』が一番それらしくて好きでした。
オカピー
2013年01月14日 22:12
ねこのひげさん、こんにちは。

クラシックな気分の中に、派手な見せ場を作るのが、この手の作品を作る人の手腕と思いますけどねえ。
ムードがどうでも良いなら現代劇にして、ホームズに似た別の探偵をこしらえれば良いわけでして、第一作はともかくこちらは気に入らなかったなあ(笑)。退屈はしなかったですけどね。

>NHKでやっていた『シャーロック・ホームズ』
皆さん、結構ご覧になっていますねえ。

この記事へのトラックバック