映画評「赤ずきん」

☆☆★(5点/10点満点中)
2011年アメリカ=カナダ映画 監督キャサリン・ハードウィック
ネタバレあり

ペロー童話でもグリム童話でも知られる「赤ずきん」を少し大人っぽく翻案したダーク・ファンタジーで、「トワイライト~初恋~」のキャサリン・ハードウィックが監督。

近世くらいか、満月の時期になると狼(人狼=狼人間)に家畜を生贄として捧げる習慣のある小さな村でのこと、妙齢のアマンダ・セイフライドは幼馴染のシャイロー・ヘルナンデスと愛し合っているが、鍛冶屋の息子マックス・アイアンズから求婚されて母親ヴァージニア・マドセンの賛同で許婚となった頃、姉が殺された為村を挙げての大捜査が開始されるが犠牲者が出るだけで解決せず、人狼借りのプロたる神父ゲイリー・オールドマンを招聘する。
 そんな中人狼と遭遇してその言葉を解したアマンダがやがて女友達に魔女として密告されて逮捕された為彼女に恋する二人がアマンダを救出しようと作戦開始、そこへ人狼も現れ、作戦阻止に出るオールドマンたちを襲撃する。

童話ではないから擬人化された狼ではなく狼人間にしているが、一人の少女を二人の若者が争う辺り「トワイライト」に似ているなあと思っていたら、映画を見た後で調べたら監督さんがキャサリン女史でござった。
 最初からそうと知っていれば先入観で違う感想になったかもしれないものの、ヒロインの心理が割合すっきり、ホラー映画としての性格がはっきり打ち出され展開がモタモタしていない分こちらのほうが退屈させられない。

赤ずきん“ちゃん”ならぬ赤ずきん“嬢”の着るずきんの赤も強烈に捉えられていて印象的。WOWOWのハイビジョン放映による鑑賞だが、今更ながらハイビジョンは解像度だけでなく発色も断然素晴らしい。

さて、人狼即ち狼人間の正体は誰でありましょう? 月光仮面ではありません。

本館で原作別にリメイク・リストを作っていますが、グリム童話とペロー童話との差別化、ロビン・フッドもの、忠臣蔵もの(笑)はなかなか難しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねこのひげ
2012年06月19日 05:54
もともと、グリム童話はダークなんだそうで、それを明るく子供向けに直したのが、童話作家やデイズニーアニメだそうですけどね。
原作読んだらビックリでありました。シンデレラも原作ではかなりえげつなかったでありますな。
こんど『スノーホワイト』というのが公開されますが、、予告を見るとCG多用のド派手な内容のようで、これはこの『赤ずきん』が当たったからでしょう(・_・;)
オカピー
2012年06月19日 17:11
ねこのひげさん、こんにちは。

昔の童話は、我らがお伽草子を含めて本質的には大人の読み物だったようで、結構残酷だったり、淫靡だったりしますね。
「白雪姫」の有名な幕切れはディズニーの変更だったようで、原作を読んでいない人が大半の日本人はあれが元々のお話と思っていますよね。
「浦島太郎」なども明治政府がもっと子供向けに改訂したもので、元来は違うお話だったことが近年色々な番組で紹介され有名になりました。

>『スノーホワイト』
リメイク・リスト作りが忙しいですわ(笑)。
1990年代にもダーク・ファンタジーとして作られましたが、またですかという感じです。
zebra
2014年05月27日 08:23
見ました。
狼の真相と 母親の秘密にはビックリ!
赤ずきんヴァレリーの三角関係・・・・ヘンリーとピーター

なんと、ヴァレリーのママ スゼットも三角関係だった
ヘンリーの父エイドリアン(間男)⇔スゼット(母親)⇔セザール(父親)

おまけに 殺されたヴァレリーの姉ルーシーは スゼットが間男エイドリアンと”肉体勝負”したことによって生まれた娘 ・・・つまり異父姉妹。
そのことから 同じエイドリアンの”種”と母親違いで生まれた ヘンリーとルーシーは 異母兄妹・・・・ 

>鍛冶屋の息子マックス・アイアンズから求婚されて母親ヴァージニア・マドセンの賛同で許婚となった
 なんか ルーシーはヘンリーを好きだった見たいでしたが 兄と妹を結ばせるワケにはいかなかったので かわりに妹のヴァレリーを押し付けたワケだ! なんとも身勝手な母親ですなぁ~

>人狼即ち狼人間の正体は誰でありましょう? 月光仮面ではありません。
 オカピーさん 月光仮面ということにしてあげたいッス! 知らぬが仏ということもあるんだなということの教訓にもなりそう。
zebra
2014年05月27日 08:42
つづけます。

同じアマンダセイフリッドが演じたということで「クロエ」は このヴァレリーの子孫か 生まれ変わりなんじゃないの?って感じました。

その理由は ラスト場面を見て。 淫乱さは 母から受け継がれ 狼の獰猛さは そのラストの場面での相手より 受け継がれ・・・・
何代もの世代を超えて 隔世遺伝(・・・って 何世代 離れてるんや)

クロエで 肉食蜘蛛ってコメント 以前書きましたが 蜘蛛じゃなく狼ですよ。その狼の獰猛さは エピソードゼロにあたる この「赤ずきん」ヴァレリーにて手ほどき(?)を受け。
 
”狼の獰猛さ”x +”母ゆずりの淫乱さ”y *(×世代数n)= のちのクロエ(nxy) という 方程式ができます。(この方程式 学校の数学の論文で発表できるかも)

>一人の少女を二人の若者が争う辺り「トワイライト」に似ているなあと思っていたら、映画を見た後で調べたら監督さんがキャサリン女史でござった。
 キャサリン女史 ひょっとして 男女男 の状態になりたい願望あったんでしょうか? 漢字の読みだと 嬲(なぶられる)に なるんですよ。

 ヴァレリーも案外 積極的なのかも
「村の若い衆のピーターとヘンリーが あたしを抱きたがんのよぉ~
オカピー
2014年05月27日 17:26
zebraさん、こんにちは。

ご承知かもしれませんが、雪でたわんだ鋼材の屋根を直している最中に、業者のへまで、二階が床上浸水状態になり、一部は一階にまで影響を与えるひどい二次被害に遭ってしまいました。

業者は、二階の天井と床と壁は無償でリフォームすると仰っていますが、今度はその際に三次被害が生じるのではないかと不安になっております。
 明後日正式に交渉することになっているのですが、何だか面倒くさいし、やったほうが良いのかやらないほうが良いのか悩ましいのであります。三次被害が出たら、家を建て直しでしょうなあ。甚だ困りました。

そんなわけで、zebraさんの楽しいコメントに気の利いたレスが全くできない状態です。全く集中できないまま映画を観、記事を書いている状態なので、暫くは碌なものは書けませんし、家の状態によっては暫く中断なんてことにもなりかねません。

いつか元気にきちんとレスできると良いと思います。
コメント、有難うございます。
zebra
2014年05月27日 18:50
これは すみませんでした。オカピーさん。まったく知らなかったんです。
ボクが配慮できなくて・・・・ レスは もういいですので オカピーさんの 落ち着いたときで・・・・(これもレスしなくていいですので)

この記事へのトラックバック

  • 赤ずきん/Red Riding Hood

    Excerpt: グリム童話で有名な「赤ずきん」が成長した後を描いたファンタジー作品だ。主人公の“赤ずきん”を『クロエ』、『ジュリエットからの手紙』のアマンダ・セイフライドが、その彼女を奪い合う2人の青年をシャイロー・.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2012-06-18 16:24
  • 『赤ずきん』

    Excerpt: (原題:Red Riding Hood) ----これって、あの『赤ずきんちゃん』のお話と思っていいの? 「いや、さすがにそれはない。 主人公を演じているのが 『マンマ・ミーア!』のアマンダ・サ.. Weblog: ラムの大通り racked: 2012-06-18 17:14
  • 赤ずきん/アマンダ・サイフリッド、ゲイリー・オールドマン

    Excerpt: グリム童話「赤ずきん」のその後を描くファンタジー・サスペンスです。何だかダークそうな物語といい、アマンダ・サイフリッドにゲイリー・オールドマンというキャスティングとい ... Weblog: カノンな日々 racked: 2012-06-18 17:23
  • ゴシックテイストですが、、~『赤ずきん』

    Excerpt:  RED RIDING HOOD  生贄を捧げることで狼と共存してきた村で、美しい娘ヴァレリー(アマンダ・ サイフリッド)の姉が殺される。  本当は恐ろしいグリム童話.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2012-06-18 20:40
  • 「赤ずきん」

    Excerpt: よくも悪くも、「トワイライト~初恋~」のキャサリン・ハードウィック監督らしいミステリー・ラブ・ファンタジー。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2012-06-19 07:44
  • 赤ずきん(2011)☆★RED RIDING HOOD

    Excerpt:          恋をした、大人になった。 MOVX京都にて鑑賞。公開初日に行って来ました。クロエに続き、またアマンダ・サイフリッド主演作品です。 「トワイライト~初恋~」のキャサリン・ハードウィ.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2012-06-20 14:02
  • 読み聞かせ

    Excerpt: 読み聞かせ知育玩具がママ達に人気!おりこうクマたんで子供の想像力アップ Weblog: 読み聞かせ racked: 2012-06-21 15:34