映画評「P.S.アイラヴユー」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2007年アメリカ映画 監督リチャード・ラグラヴェネーズ
ネタバレあり

ビートルズ初期の爽やかなラブソングに同名の曲があるが関係ない。その昔「B★S★アイ・ラブ・ユー」(1971年)という映画もあったがこちらも勿論関係ない。

昨日の「ヒア アフター」とも関連するような内容で、不動産関係のヒラリー・スワンクが最愛の夫ジェラード・バトラーを失った孤独から立ち直れないまま、何故か死んだ夫から手紙や贈り物が届けられるようになる。
 追想する為に夫と出会った彼の故国アイルランドへ出かけ素敵な男性とも出会うがそう簡単に彼への想いを絶つことが出来ず、帰国後結婚することになった親友リサ・クドローに対してもなしのつぶて。が、観客の予想通り彼の手紙を預かっていた母親キャシー・ベイツから最後の手紙を直接受け取った彼女はその内容によりふっきれ、美術学校に通っていた前歴を生かしてリサに靴を送ることを思い付いて和解すると共にデザイナーに転向、夫と別れて久しく孤独な思いを味わっていた母親を連れて再びアイルランドに向う。

「ヒア アフター」よりぐっとシンプルにして或いは味わいでは優るかもしれない佳作で、途中リサともう一人の友人ジーナ・ガーションを加えた三人でのアイルランド旅行の部分が「セックス・イン・ザ・シティ」みたいで余り感じがよろしくないので減点するが、全体としては夫を失って悲しむ妻の孤独とその再生とをじっくり描いて好感が持てる。

ご存知のように“P.S.”は日本語の“追伸”の意味だが、本作の場合は死んだ後と読み取れ、益々感慨深い。それから終盤かかる"P.S. I Love You"という曲が歌詞を含めてなかなか素晴らしかった。

ヒラリー・スワンクという美人すぎない女優の起用がめそめそしたお話が必要以上にべたつかない効果を発揮、ひげのないバトラーもいつもより若々しくヨロシイ。

敢えて言えば内容の割に126分は長い。もう15分がとこ短ければ断然誉めていたところだろう。

生粋の英国人なのにGerardをジェラルドとラテン系のように表記することが多いのは何故?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2012年05月20日 17:33
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
オカピー
2012年05月20日 21:15
投資の初心者さん、初めまして。

僕は投資と言っても海外国債を中心とした信託なんですが、大分失敗しましてね。
残っているのは後6~7年後日本の国債が危なくなって円安が進んだ時に売ろうと思っています。円安がさほど進まなくてもぼちぼち配当が出ていれば損はないですし。
ねこのひげ
2012年05月21日 04:18
いや、ほんと、最近の作品は長いのが多いのにはまいります。
むかしは、2時間超の作品は超大作といって派手に宣伝したものですが、いまは普通に2時間半の作品がありますからね。
先日観た2本の作品とも、2時間半近くあってまいりました。
いくら劇場の設備が良くなったといっても、尻が痛くなりましたよ(^^ゞ

円安になりますかね。
円高で80円前後なので、海外通販を大いに利用させて貰ってますけどね。
オカピー
2012年05月21日 22:18
ねこのひげさん、こんにちは。

ロマンスやごく平均的なドラマで2時間を超えるのはどうかと思いますね。
邦画のロマンスは、無駄ばかりで特に戴けません。

>円安
今のままでは暫くは無理でしょうねえ。
政府が日銀に紙幣増刷を指示すれば間違いなく円安になります。実行しなくても言葉だけでもそれなりに有効ですし、実行すれば金額にもよりますが、100円くらいにはなるかも。

しかし、日本の役人には円高神話、インフレ恐怖があるのでその実現はまず無理。
国債額を日本人の預貯金で賄いきれなくなり(3年後くらい?)、実際には相当残されている余裕がなくなる7~8年後かなりの確実で円安になると思います。
国民の半分くらいが貧乏人意識が出来ている現状で、消費税は上げても税収は大して増えないでしょうねえ。そうなると、外国人の円に対する目が変わるでしょう。
などと言っても、経済だけは誰も解らないというのが本音(尤も意図的に操作しているところも昨今のドキュメンタリーを観ていると解ります)。

>円高
右に同じで、輸入盤CDをまた大量に買い始めました。
340円の輸送費を入れても一枚平均1000円を切っていますから、お買い得です^^

この記事へのトラックバック

  • P.S. アイラヴユー

    Excerpt: まだ“さよなら”は 言えないんだ。 原題 P.S. I LOVE YOU 年度 2007年 上映時間 126分 監督 リチャード・ラグラヴェネーズ 原作 セシリア・アハーン 『P.S.アイラヴユー.. Weblog: to Heart racked: 2012-05-20 12:23
  • 忘れないで~『P.S. アイラヴユー』

    Excerpt:  P.S. I LOVE YOU  ニューヨークに暮らすホリー(ヒラリー・スワンク)は、30歳を目前にして最愛の 夫ジェリー(ジェラルド・バトラー)を脳腫瘍で喪う。悲嘆に暮れる彼女.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2012-05-20 21:21
  • 『P.S.アイラブユー』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「P.S.アイラブユー」□監督・脚本 リチャード・ラグラヴェネーズ □脚本 スティーヴン・ロジャース □原作 セシリア・アハーン (「P.S. I Love You」)□キャ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2012-05-21 08:40
  • P.S.アイラヴュー◇◇本当の愛が彼女を勇気づけた!

    Excerpt:  ホリーの気持ち、分かります!!でも過去をひきずっては前に進まないのだ。そんな彼女の背中を押してくれたものは? 11月に入って一発目に鑑賞した作品です。4日、東宝シネマズ二条にて鑑賞しました。何か辛.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2012-05-21 11:13
  • 『P.S.アイラヴユー』

    Excerpt: (原題:P.S. I Love You) ※※映画の核に触れる部分も喋っています。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって、いかにも日本人が付けそうな.. Weblog: ラムの大通り racked: 2012-05-21 23:37
  • 映画評「ある天文学者の恋文」

    Excerpt: ☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2016年イタリア映画 監督ジュゼッペ・トルナトーレ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2017-11-18 10:21