映画評「ヒア アフター」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2010年アメリカ映画 監督クリント・イーストウッド
ネタバレあり

クリント・イーストウッドは今や日本の映画ファンが一番期待して映画館に駆けつける監督になった感があるが、僕の彼に対する評価は世評より低いと思う。2008年に発表した「チェンジリング」と「グラン・トリノ」、「マディソン郡の橋」(1997年)、「バード」(1988年)が気に入った外は、多く星を付けた作品の中にも世評ほどと思わなかった作品が多い。それはともかく、本作は近年の作品の中では世評が一番パッとしない。それが頷ける面もあるし、別の作品を高く評価した人がこの作品を買えない理由の解らないところもある。

中心となる人物は、交霊術の才能を呪われているとして工場で働いているマット・デーモン、序盤休暇中にインド洋の大津波に巻き込まれて蘇生、その間に不思議な世界を見たことを本に著すフランスの女性ジャーナリストのセシル・ド・フランス、双子の兄の交通事故死の後その兄に助けられたと思い霊能者を訪ね歩く英国ロンドンの少年(ジョージ・マクラーレン、フランキー・マクラーレン)の三組。

セシルはブックフェアに著者として参加する為、デーモンはそのブックフェアでデレク・ジャコビ(本人)が好きなディケンズを読むのを聴く為に、夫々ロンドンに赴き、ここに生と死に関し孤独を味わっている三つの魂が相見(まみ)えることになる。

本作の印象が芳しくない最大の理由は、身も知らぬ三組がロンドンで遭遇するまでの作劇がいかにも作り物めいていることである。前半まで全く並行描写されどういう風に絡んでくるか想像つかないどころか狙いも良く見えないと思っていると、中盤突然生死に絡む孤独という共通項を見せていずれこの三組が出会うことになるだろうと予想を付けさせ、最後にブックフェアを持ち出して強引と言って良い手段で集わせてしまう。
 人には運命というものがあり、彼らがブックフェアで会ったところで実際には不思議ではないが、寧ろそれまでの見せ方のぎこちなさから作り物めき、鼻白むのである。

他方、あの世・霊界という要素を交えながら、偏(ひとえ)に人間の孤独とそれからの解放をテーマに話を構築した脚本家ピーター・モーガンやイーストウッドの態度には感心させられるところが多く、敢えて言えば、孤独な彼らがそこに集結するのも少年の(兄の)帽子の件のように誰ぞの魂が導いたものかもしれない、などと思えて来ないこともない。

3・11震災の為に序盤に大津波のある本作は途中で公開が打ち切られたと聞くが、恐らくモーガンは2004年スマトラ島沖地震による大津波を見てお話を思い付いたのであろう。序盤の津波は少年の兄が不良に追われて死ぬ“事件”と一種対照を成す“災害”という位置付けになっていて、多くがみまかる中でセシルが生還した“運命”を強調する為に置かれ、何故“運命”は彼らを結び付けたのか考える上でなかなか重要な設定と思われる。

かくして、全体として評価が低めなのは致し方ないとしても、身内の死による孤独を痛いほど味わっている僕には無視できないというのが本音である。

昨年から僕も死後についてよく考えるようになりましたなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2012年05月19日 14:01
こんにちは。
ちょっと「チェンジリング」の流れですね。
感動作というよりは、あるよなこういうことも、という感じで楽しみました。
オカピー
2012年05月19日 20:03
kimion20002000さん、こんにちは。

構成的にぎこちない感じがしますが、結局は孤独からの解放の物語としてちょっとした味がありました。
デーモンは一種の贖罪をしていると解釈すると、なかなか興味深いですよね?
ねこのひげ
2012年05月20日 04:48
ねこのひげも、あまり高くは評価してません。
結局、世評というのは、ダーティ・ハリーが作った映画ということで、評価がかさ上げされていると思います。
無名の監督であったら、そこそこの出来のいい作品というところでしょう。
もちろん、嫌いじゃあないですよ。好きな作品のほうが多いですけどね。
でも観たあと、いつも、そこまでの作品・・・・か?
となるわけで・・・・す(^^ゞ
オカピー
2012年05月20日 21:11
ねこのひげさん、こんにちは。

日本が一番持ち上げているのではないですか?
特に日本で騒がれたのに比べると「硫黄島」二作はそれほどでもない感じでした。日本人の方が当事者感覚が強いのを加味しても、温度差がある感じ。

カメラは凄く良いですね。しかし、「ブラッド・ワーク」以降ずっとコンビを組んでいる撮影監督トム・スターンの貢献度が70%くらいでしょうから。
2021年05月08日 00:59
よかったですよ。イーストウッドはこういうのもうまいのだなと思いました。
ディケンズはジョージをロンドンへ行かせるための伏線なんですね。
英語圏はオーディオブックというのでしょうか、朗読が聞けるのが好きな人が多いようですね。日本でも、もっと流行っていいように思います。
オカピー
2021年05月08日 18:50
nesskoさん、こんにちは。

>ディケンズはジョージをロンドンへ行かせるための伏線なんですね。

終ってみると非常に上手く作られていますが、序盤のうちは狙いが解りにくく、まだるっこく感じました(昔の記憶ですが)。そして、突然焦点が当たるので、当時の僕は作り物めいていると思ったのだでしょう。

>英語圏はオーディオブックというのでしょうか、朗読が聞けるのが好きな
>人が多いようですね。日本でも、もっと流行っていいように思います。

僕もそう思います。
日本人は、文化をどこか過小評価しているところがあるようです。

映画が大事にされなかった為に戦前の邦画は殆ど観られませんし、新聞紙がオリンピックに紙面を多く割くと、一部の識者が毎回のように文句を言う。商業オリンピックになったことと、紙面を多く割くのは次元の違う話なので、頭の良いはずの識者がスポーツを軽んじてはいけないでしょう。

この記事へのトラックバック

  • ヒア アフター

    Excerpt: 静かで前向きな物語。    Weblog: Akira's VOICE racked: 2012-05-19 11:41
  • 『ヒア アフター』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ヒア アフター」 □監督 クリント・イーストウッド □脚本 ピーター・モーガン □キャスト マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ブライ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2012-05-19 11:59
  • 死後の世界~『ヒアアフター』

    Excerpt:  HEREAFTER  フランス人ジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、大津波に襲わ れた際に見た「ビジョン」が忘れられない。霊能者のジョージ(マット・デイモン).. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2012-05-19 12:49
  • mini review 11541「ヒア アフター」★★★★★★★☆☆☆

    Excerpt: クリント・イーストウッドがメガホンを取り、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた死と生をめぐる感動的なストーリーをつづるヒューマン・ドラマ。死を身近で体験した3人の登場人物が悩み苦しみ、生と向.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2012-05-19 13:58
  • ヒア アフター

    Excerpt: 丹波哲郎化したクリント・イーストウッド 公式サイト。原題:HEREAFTER(来世)。スティーブン・スピルバーグ製作、クリント・イーストウッド監督、マット・デイモン、セシル・ドゥ・フ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2012-05-19 16:49
  • 「ヒア アフター」

    Excerpt: 2月20日に観て、いまごろ感想文を書いているが、津波のシーンがあったために、東日本大震災のあと公開中止になったような? Weblog: 或る日の出来事 racked: 2012-05-19 21:55
  • ヒア アフター/Hereafter

    Excerpt: クリント・イーストウッド監督、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮という巨匠2人がタッグを組んだ作品。生とは何なのかに正面から取り組んだ意欲作だ。主演は『インビクタス/負けざる者たち』でもタッグを組ん.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2012-05-19 22:34
  • 『ヒア アフター』('11初鑑賞26・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 2月19日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:10の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2012-05-20 10:12
  • ヒアアフター(2010)☆Hereafter

    Excerpt:   MOVX京都にて鑑賞。「毎日かあさん」、鑑賞後に続けて観ました。「インビクタス~」が私的には今一つだったので、イーストウッド監督作品、ちょっと不安だったのですが、、、。 物凄い感動とまではいき.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2012-05-20 11:43
  • ヒア アフター

    Excerpt: 製作総指揮スティーヴン・スピルバーグン×監督クリント・イーストウッド、“硫黄島二部作”のコンビが送り出す感動のヒューマンドラマ。津波で生死の境を彷徨った女性、霊能力者 ... Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2012-05-26 16:10