映画評「トゥルー・グリット」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2010年アメリカ映画 監督ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
ネタバレあり

ジョエルとイーサンのコーエン兄弟の作品だからうっかりオリジナルと思い込んでいたが、観始めて暫くして漸く気が付いた。「勇気ある追跡」のリメイク(チャールズ・ポーティスの西部小説の再映画化)だったのかい。原題通りの邦題から思い出せなかったところを観ると僕も相当耄碌したらしい。先月【本館】でこのオリジナル作品に絡めて画像問題を出したばかりと言うのに・・・。

19世紀末、14歳の少女マティ(ヘイリー・スタインフェルド)が雇い主である父親を殺してインディアン居留地に逃げた雇用人チェイニー(ジョシュ・ブローリン)に復讐する為、“真の勇者(トゥルー・グリット)”と呼ばれる保安官ルースター・コグバーン(ジェフ・ブリッジス)を雇うが、保安官はぐうたらの酔いどれで、やっと引き受けたと思ったら彼女を置いて行く始末。

まず14歳の少女が海千山千の男たちと丁々発止とやる序盤からなかなか面白く、彼女が買ったばかりの馬に乗って川を渡る場面が前半の見どころ。

コグバーンは彼を逮捕しに向うテキサス・レンジャーのラブーフ(マット・デイモン)と賞金稼ぎのつもりで出かけたのだが、結局喧嘩別れして彼女に協力することになる。そしてチェイニーを含む一味を待ち伏せしていた二人の前にのこのこラブーフが現われて作戦は失敗、一味に捕えられた少女を救う為にコグバーンは一人で四人に立ち向かい、ラブーフも射撃の腕を発揮する。

「勇気ある追跡」ではラブーフがガラガラヘビに噛まれて命を落とすのだが、本作では少女が噛まれて馬とコグバーンが文字通り“懸命に”医師の許に運ぶ、という展開になっている。オリジナルのジョン・ウェイン同様四人に立ち向かうブリッジスに痺れるが、この馬を駆る場面もなかなか良い。それまでの喧嘩友達的展開が利いて大いに友情が感じられてくるのである。

また、旧約聖書からの引用が幾つかあるせいか、40年前のオリジナルとはぐっと違うユダヤ寓話的な後味を残す。コーエン兄弟らしいコミカルでとぼけた味付けも多いが、終盤はそこはかとなくしんみりとさせられる。

人物造形も相当面白く、出演者が各々好演。ヘイリーちゃん、扮したマティ同様大したものだ。

但し、序盤の裁判場面など前半にもう少し簡潔に描ける部分が多いので減点。

口論ばかりしているのに最終的に残る味は「友情ある追跡」。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねこのひげ
2012年03月29日 05:24
こちらのほうが原作に近いと公開当時話されてました。
ジョン・ウェインもよかったけど、ジェフ・ブリッジスもよかったですね。
リメイクで数少ない成功作品でしょう。
アカデミー賞で無冠なのが残念(~_~;)
オカピー
2012年03月29日 17:22
ねこのひげさん、こんにちは。

>リメイク
監督たちの言い分を信ずれば、前作を作り直したというより、同じ原作をもう一度映画化した・・・というのが成功の理由でしょう。
と言いつつ、監督たちはオリジナル(最初の映画化)からの影響はないと仰っているにも拘らず、ある映画通によりますと、オマージュらしきショットが幾つかあるようですぞ(笑)。

>ジョン・ウェイン
片手で大きな猟銃を扱うところが格好良かったですね。
シュエット
2012年04月10日 10:28
私、どうもジェフ・ブリッジスの薄汚さ…そういう役だからなんでしょうけど…「ビッグ・リボウスキー」なども好きな作品なんだけど、どうもジェフさんの暑苦しい薄汚さはやっぱり観たくなくって、おまけに東北大震災ショックで心か弱くなっていた時だから劇場鑑賞はスルーした作品。先日、本作続いて「勇気ある追跡」を続けてみました。
「トゥルー・グリット」を観てから「勇気ある追跡」をみると、私は断然「トゥルー・グリット」に一票。上映時間も2時間切ってる辺りもコーエンに兄弟らしくって思わずニヤリ。
確かに裁判場面などはもうすこし工夫がいったかも。
それでも本作みると「勇気ある追跡」がまどろっこしくって。
マット・デイモンも頑張ってたけど、いささか固さが残ってましたねぇ。
TB持ってきました。
オカピー
2012年04月10日 11:47
シュエットさん、TB&コメント有難うございます。

「勇気ある追跡」は確かに内容を考えるとちょっと長いのですが、10余年前に観た2回目は結構楽しんだような記憶があります。中学生の時に初めて観た時は面白くなかったですが。現時点での比較はとりあえず避けましょう^^

本作について言えば、少女が川を渡る辺りからかなり面白く観られるようになりました。それまでもつまらなくはないが、どういうお話になっていくか解りにくく、特に裁判場面のあの長さは意味がなかろうと観終わった時に思った次第。

この記事へのトラックバック

  • 『トゥルー・グリット』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「トゥルー・グリット」□監督・脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン □原作 チャールズ・ポーティス □キャスト ジェフ・ブリッジス、マット・デイモン、ジョシュ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2012-03-28 17:21
  • トゥルー・グリット/True Grit

    Excerpt: 『ノーカントリー』のコーエン兄弟が監督し、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた西部劇。今年のアカデミー賞で作品賞、主演男女優賞、監督賞など10部門にノミネートされた。主演は昨年のオスカー俳優.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2012-03-28 20:23
  • 真の勇者~『トゥルー・グリット』

    Excerpt:  TRUE GRIT  19世紀後半、西部開拓時代のアメリカ。アーカンソーに住む14歳の少女マティ (ヘイリー・スタインフェルド)は、父を殺した犯人を追うため、「真の勇者(トゥルー.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2012-03-29 09:32
  • 『トゥルー・グリット』(アカデミー賞特集第二夜)

    Excerpt: ※少し見どころにも触れてます。 ネタバレにもなりますので、先に映画をご覧になった方がいいかも。 (英題:True Grit) ----やっと、この映画のお話だね。 観たときは、気に入っていたよ.. Weblog: ラムの大通り racked: 2012-03-29 22:44
  • トゥルー・グリット

    Excerpt: ブログネタ:GW中に見た映画、読んだ小説や漫画 参加中 月一回行っている脚本ゼミのメンバーで行く 映画を観る会。 この回は私が作品を選ぶことになっているのだけれど、 何かピンとくる作品.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2012-03-30 02:59
  • トゥルー・グリッド(2010)◆◇TrueGrit

    Excerpt:  天罰なんか待ってられない 本当にそうです。天罰が下るに決まっているって言っても、いつの事か分かりません。実は天罰が下ればいいのに、、、、と思ったことあり! 東宝シネマズ二条にて鑑賞。大好きなコー.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2012-03-30 19:18
  • トゥルー・グリット/ジェフ・ブリッジス、マット・デイモン

    Excerpt: 1969年に主演ジョン・ウェインがアカデミー賞主演男優賞を受賞した『TRUE GRIT(邦題:勇気ある追跡)』の原作をスティーヴン・スピルバーグの製作総指揮、ジョエル&イーサンのコーエン ... Weblog: カノンな日々 racked: 2012-03-31 10:13
  • 「トゥルー・グリット」

    Excerpt: TRUE GRIT 2010年/アメリカ/110分/ PG12監督・脚本: ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン 原作: チャールズ・ポーティス『トゥルー・グリット』(『勇気ある追跡』改題/早.. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2012-04-10 10:29
  • トゥルー・グリット 渋すぎる

    Excerpt:  広島市内は、雪は何とか大丈夫みたいですが、東京の方はこれから積雪あるらしいですね。子供の頃は嬉しかった雪ですが、働きだしてからは面倒にしか思えなくなりました o(-ェ-) Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想- racked: 2012-07-09 20:19