映画評「白夜行」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2010年日本映画 監督・深川栄洋
ネタバレあり

東野圭吾の同名小説を深川栄洋が映画化したミステリーで、松本清張を彷彿とする暗欝さがあってなかなか興味深く仕上げられている。

昭和55年、廃ビルで質屋の主人・桐原の死体を発見され、妻・弥生子(戸田恵子)と不倫関係にある従業員・松浦(田中哲二)が疑われるが、小学生の息子・亮二がアリバイを証言する。一方、桐原は客の西本文代(山下容莉枝)を訪れた形跡があったものの、小学生の娘に嘘を否定された彼女は自殺、彼の恋人である化粧品販売員(宮川一郎太)も死亡した為、被疑者死亡のまま事件はけりがついてしまう。
 しかし、刑事の一人・笹垣(船越英一郎)は被害者の息子と“加害者”の娘に深い印象を覚え、納得できずに仕事の範疇を越えて捜査するうちに毒殺されそうになったりする。
 事件の後伯母に引き取られた雪穂(堀北真希)は周囲で陰惨な事件がおきつつも高校・大学とマドンナ的な存在となって遂に金持ちの坊ちゃん(姜暢雄)と結ばれ、徐々に一家を乗っ取って行く。亮二(高良健吾)は少年売春の時に知り合った薬剤師の女性と同居、ミステリー作家になる。
 そして引退した笹垣はバーを開店した弥生子から意外な事実を聞かされ、引っ掛かっていた全ての点が線となるのを感じる。

本格ミステリーに類するものだからこの後は伏せておくが、松本清張の作品「天城越え」「鬼畜」「砂の器」を併せるとこんな感じのお話になりそうで、勘の良いの人なら真犯人は誰かということはすぐに解るだろう。

しかし、本作の眼目はそこではなく、少年と少女が一切の交際を断ちながらその周囲で起きる不気味な事件の背景と、二人の関係を見せることである。彼らの連絡方法とも言い難い不思議な手段がミステリー的に興味深く、二人の関係の始まりとなった最初の事件が作り上げる、はかない青春像が事件が解決に向うに伴って浮かび上がり、大変切なくなって来る。

原作の雪穂は映画版より悪女的らしいが、映画は意図的に悪女性を薄めた印象がある。松本清張なら人間の性(さが)をどろどろと描くところを、一種の悲しい青春映画にしたかったのではあるまいか。

この記事へのコメント

ねこのひげ
2011年12月27日 05:45
他の方々のブログを拝見すると、堀北さんが、悪女に見えないという意見が多数見られましたが、悪女に見えないのがいいと思うんですけどね。
現実世界でも、あんないい人があんなことをするなんて信じられないという犯罪が多々あると思うのですが・・・
オカピー
2011年12月27日 21:05
ねこのひげさん、こんにちは。

僕は意図的に悪女性を薄めたと思うのですが、かりにそうでなくても、仰るように悪人が必ずしも悪人に見えるとは限りませんし。
2012年01月21日 15:35
本作もDVDで鑑賞しましたが、あまり印象が・・・。

東野は本格ミステリーというよりも、なんといか人情であったり、そのミステリアスにもつながる哀しい人間の業とかよりも、いつも人情を感じてしまうのは私だけでしょうか・・・・。
まあ、全ての作品を読んだわけではなく、映像作品からの想いかもしれませんが・・・。
オカピー
2012年01月21日 20:22
イエローストーンさん

その時の調子で、余り面白く感じられない可能性もある作品と思います。
ずっと調子が悪かった僕が大分良くなって観たせいか、採点が甘かったかも。

>東野
松本清張なんかも社会派ミステリーとか言われていますが、根底には人間の性とか業とかあるわけで、ある意味後継者的な作家かもしれません。
因みに、小説の方は全然読んでおりませんので、あくまで映画からの印象であります。

「容疑者Xの献身」がエドガー賞の候補になったそうで、碌なニュースのない現在、取れると良いですね。

この記事へのトラックバック

  • 白夜行

    Excerpt: 今までにテレビドラマや舞台になってきた東野圭吾の同名人気小説を映画化。ある事件の容疑者の娘と被害者の息子が辿る数奇な運命を、事件を担当した刑事の目線で追う。主演は『誰かが私にキスをした』の堀北真希。共.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-12-26 11:47
  • 『白夜行』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「白夜行」□監督・脚本 深川栄洋 □原作 東野圭吾 □脚本 入江信吾、山本あかり□キャスト 堀北真希、高良健吾、船越英一郎、姜暢雄、緑友利恵、粟田麗、今井悠貴、福本史.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-12-26 12:08
  • 白夜行

    Excerpt: 公式サイト。東野圭吾原作、深川栄洋監督、堀北真希、高良健吾、船越英一郎、戸田恵子、田中哲司、姜暢雄、緑友利恵、粟田麗、今井悠貴、福本史織、中村久美、黒部進、小池彩夢。 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-12-26 12:13
  • その献身に泣く~『白夜行』

    Excerpt:  昭和55年。廃墟となったビルで、男の死体が発見される。担当刑事の笹垣(船 越英一郎)は、被害者の息子・亮司と、加害者の娘・雪穂の幼い姿に、妙な胸騒 ぎを覚える。  大人気作家・東野圭吾.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-12-26 14:07
  • 白夜行/堀北真希、高良健吾

    Excerpt: 東野圭吾さんの同名小説を原作に『半分の月がのぼる空』の深川栄洋監督が映画化した作品です。原作小説は未読ですが5年前に放送された山田孝之さん綾瀬はるかさん主演のTVドラマに ... Weblog: カノンな日々 racked: 2011-12-26 15:14
  • 白夜行

    Excerpt: 東野圭吾の同名小説を映画化したもの。幼い頃にある殺人事件に関わった男女の宿命を描く。監督は深川栄洋、キャストは堀北真希、高良健吾、船越英一郎、戸田恵子、田中哲司他。 <あらすじ> 昭和55年、廃ビル.. Weblog: Yuhiの読書日記+α racked: 2011-12-26 23:07
  • No.240 白夜行

    Excerpt: 【ストーリー】 テレビドラマ化もされたベストセラー作家・東野圭吾の長編ミステリーを、堀北真希主演で映画化。「半分の月がのぼる空」「洋菓子店コアンドル」の深川栄洋監督が ... Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2011-12-28 22:50
  • 映画『白夜行』 | 東野圭吾ワールドを完璧に再現。

    Excerpt: 数年前に原作を読みました。 (私の中では『容疑者Xの献身』と並ぶ大傑作!) そのせいもあるでしょうが、事件の概要が とても分かりやすく整理されていたと思います。 あらすじ ... Weblog: 23:30の雑記帳 racked: 2012-02-07 22:07