映画評「リアル鬼ごっこ2」

☆☆★(5点/10点満点中)
2010年日本映画 監督・柴田一成
ネタバレあり

佐藤の姓を持つものが暴君の指令で次々と捕獲されていくパラレル・ワールドと“現実世界”との混乱を主人公・佐藤翼(石田卓也)やっと収拾したかと思ったら今度は一部の佐藤さんたちがレジスタンスを行なっている別のパラレル・ワールドに飛んでしまう、というのが第一作の幕切れだったが、本作は当然その世界と“現実世界”で主人公や他の佐藤さんたちが活躍する後日談。

“現実世界”と言っても、パラレル・ワールドなるものがあるのなら、どちらも現実である。よって、ここでば便宜的に我々の現実に近い世界を“現実世界”と括弧付きで表現する。

今回はどちらかと言えば、主人公が飛ばされた時に一緒に“鬼”たちを連れてきてしまったことにより混乱が起きる“現実世界”の描写が中心。追いかけっこの描写はカメラワークが上首尾でなかなかサスペンスフルだが、細かな設定に色々な疑問が湧くところが多い。

一番気になるのは、パラレル・ワールドなのにどうしてまた鬼ごっこなのかということだが、それを言うとお話が成立しないので、別の注文を一つ。

つまり、暴君がレジスタンス・グループに時限を設定して逃げ切ったら捕えている佐藤さんたちを解放しようとゲームを提示するのだが、約束を反故にされるのが100%見えているこんな取引を誰も本気にはすまい。レジスタンスは勿論観客も、である。
 ということは“サスペンスとしては”まるで意味のない設定なので、こんなものは最初から取っ払って終盤のテーマになっている暴君を何とか始末するという方向に観客の関心を早めに集中させた方が映画としてはぐっと締まった出来になったであろう。

序盤のうち実際に“鬼”が出没しているのに看護婦の佐藤美沙(渡辺奈緒子)が翼の言っていることをまるで信用しないのも首を傾げないでもない。
 その他僕の理解の及ばないSF的な疑問は放置しておきましょう。

前作を見ていたほうが面白いと仰る人が多数派のようだが、鑑賞前には監督の名前を除く一切の情報を得ない(出演者も原則的に関心なし)ことにしている僕に関して言えば前作を見ていなかったらもっと楽しめたと思う。結局は前作と大同小異だからである。
 細かく言えば、“鬼”が“現実世界”に現れたり、数日間追われっぱなしで最終的には抹殺されること、同一人物が同じ世界に同時に存在したり、違うところも多いが、両方の世界の運命がリンクしていること、佐藤姓が追われること、暴君の存在、主人公の病んでいる妹(吉永淳)が両世界へのトランスポーテーションに関わっていることなど基本アイデアが同じ為、新味不足を感じてしまう。

しかし、終盤サスペンス描写がめろめろになってしまった前作より終盤でも緊張感がきちんと維持されているので、星の数は第一作より一つ増やすことにする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ねこのひげ
2011年07月17日 07:07
佐藤という苗字だけで狩られる立場になるという理不尽さには惹かれますけどね。
パラレルワールドであったというのが・・・・・安易に逃げている感が付きまとうんですよね。
どこまでリアルに見せられるか?でしょうけど。

むかしみたSF映画で・・・タイトルは忘れましたが、宇宙から地球に帰ってきた主人公が建物(刑務所?)の中で追い掛け回されるというのがあり、主人公が最後に脱出して外に出て空を見上げたら、月がふたつあったというオチのB級映画でしたが・・・納得しましたね。
オカピー
2011年07月17日 14:33
ねこのひげさん、こんにちは。

>パラレル・ワールド
最近はタイム・スリップものにおけるタイム・パラドックスを回避する目的で使われることが多いですね。余りこれを便利に使われるとタイム・トラヴェルものならではのサスペンスがなくなっちゃうです。

>むかしみたSF映画
劇場公開された作品ですか?
やはり追いまわされるのですか(笑)。
オチと言えば、「猿の惑星」ですね。何にも知らないで観たものだから、あれにはびっくりしましたよ。

この記事へのトラックバック

  • リアル鬼ごっこ2

    Excerpt: 公式サイト。柴田一成監督、石田卓也、吉永淳、三浦翔平、蕨野友也、内野謙太、草野イニ、山崎将平、滝藤賢一、中村育二、霧島れいか、渡辺奈緒子、永島敏行。「リアル鬼ごっこ」 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-07-15 13:07
  • リアル鬼ごっこ2/石田卓也、吉永淳

    Excerpt: まさかあの「佐藤さん」だけを迫害する恐怖の鬼ごっこに続編が誕生するなんて全国の佐藤さんたちもホントお気の毒というかお疲れさまです。劇場予告編の印象では前作よりもかなり ... Weblog: カノンな日々 racked: 2011-07-15 17:48
  • リアル鬼ごっこ2

    Excerpt: 山田悠介の同名ベストセラー小説を映画化し人気を博した『リアル鬼ごっこ』の続編。新たなパラレルワールドに飛ばされた主人公が、またしても命を賭けた鬼ごっこに強制参加させられる。監督・脚本は前作に引き続き柴.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-07-15 20:07