映画評「無法松の一生」(1958年版)

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1958年日本映画 監督・稲垣浩
ネタバレあり

稲垣浩は岩下俊作の小説「富島松五郎伝」(後に映画と同じ題名に改題)を「無法松の一生」として1943年と58年に二度映画化している。僕は大学時代に43年版を観た数年後にこの58年版を観たが、検閲の為に作者が不満を覚えたという43年版のほうに寧ろ強い感銘を受けた。

福岡県小倉、暴れん坊の車夫・松五郎(三船敏夫)は少年・敏雄を救ったことから陸軍大臣・吉岡(芥川比呂志)と知り合うが彼が間もなく急死した為、その後敏雄と未亡人良子(高峰秀子)の面倒を甲斐甲斐しく観るうち良子に対して恋慕の情を覚えるが、しがない車夫と軍人の妻という身分の差を慮って「俺は汚い」とだけ言って告白することなしに身を引き、やがて酔いどれて雪の中に倒れる。

身分の差が厳然とあった封建時代の忍ぶ慕情と男気にやはり感銘を覚えざるを得ないが、43年版の阪東妻三郎に比べると三船敏郎にはどこか理に落ちるところがあって心が揺さぶられるというところまで行かない。僕のご贔屓・高峰秀子も役柄に対してやや庶民的過ぎるだろうか。

人力車の車輪を通して経年を示す趣向は繋ぎとしても活用されていて、ややくどいというご意見も解らぬではないものの、それが止まった時に彼の死を暗示する為には必要な分量だったような気がする。

NHKの解説でも指摘されているが、富久娘のポスターの使い方もうまく、彼がそれを貰い受ける場面でのサブリミナル的な未亡人の挿入や、彼の死後家の中をトラックバックしてポスターがフレームに入ったところで止まるところなど誠に素晴らしい。こういうところが昔の映画は違う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねこのひげ
2011年06月12日 04:40
「無法松の一生」は、20代のころ取引先の会議室でフイルムで見ました。そこの部長が持っていて、会議室のスクリーンで見せてくれましたが、優れた作品で感心しました。
最近の作品は、雑なのが多くて悲しくなります。デジタル化の影響でしょうか?
オカピー
2011年06月12日 19:20
ねこのひげさん、こんばんは。

>デジタル化の影響
フィルムでないと撮影現場でも編集室でも緊張感が全然違いますよねえ。
HDでは失敗しても上書きできるし、コンピューターで編集は何度もできる。難しいシーンはCGで作ってしまう。
昔は失敗したら高いフィルム代がパー、編集室でも切るところを間違えると大変なことになったわけですから。ロケーション探しに何カ月もかけることもあったとか。

しかし、実際に出来あがった作品は昔の方がしっかりしているのですからねえ^^;

この記事へのトラックバック