映画評「ビッグ・ガン」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1973年イタリア映画 監督ドゥッチョ・テッサリ
ネタバレあり

映画史的に分析すれば1972年の「ゴッドファーザー」のヒットに始まる世界的マフィア映画の流行に乗って作られたであろう、アラン・ドロン主演の本場マフィア映画である。

画像ミラノ、欧州全体にネットワークを張る暗黒街組織で殺し屋として抜群の実績のあるドロンが、息子の7歳の誕生日を機に組織から足を洗うことをボスのリチャード・コンテに話す。しかし、組織の事情に精通している為にそうすんなりと認められるはずもなく、ある日彼の車に仕掛けられた爆弾により愛する妻子が死んでしまう。
 彼の悲痛もお構いなく葬儀の時に襲撃してきた組織員二名を猛烈な車での追跡の末に抹殺した後、怒り心頭に発した彼はパリからハンブルクへの列車の中で幹部の一人を射殺、コペンハーゲンでも猛烈の撃ち合いの末に襲撃者を全員仕留める。
 ミラノに戻って幹部をやっつけた後復讐に空しさを感じて来た為、彼を頼りとする内通者の女性カルラ・グラヴィナを伴って故郷シチリアに戻る。間もなく同郷のコンテから和睦を兼ねて招待された娘の結婚式に多少訝しさを感じながらも丸腰で出かけた彼に意外な人間が銃口を向ける。

画像というお話で、冷徹な殺し屋という意味において「サムライ」を想起する映画ファン、ドロン・ファンも多いと思うが、180度逆のところもある。
 「サムライ」が“孤独な殺し屋”を描いていたのに対し、こちらは家族を全ての基礎に据えている極めてイタリア的/シチリア的な殺し屋を、つまるところ“殺し屋の孤独”を描いている。従って、こちらのドロンの方が表情が豊かで、親しめる人が多いかもしれない。

お話自体は当時のイタリア犯罪映画には珍しくがっちりしているものの、ジュリアーノ・ジェンマと付き合いの多かったドゥッチョ・テッサリの展開ぶりは馬力がある代わりに、ショットや場面の繋ぎにイタリア職業監督らしく粗雑なところが目立つ。しかし、昨今の映画文法を無視したようなひどい作品ばかりに接しているせいか以前観た時より印象がぐっと良くなり、かなり面白く観られた。

中盤はアメリカで何度も映画化された「パニッシャー」とほぼ同じお話です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

ねこのひげ
2011年02月08日 19:58
これは地味ながらもいい作品でした。
アラン・ドロンも渋くなってよかったです。
しかし、『ビック・ガン』というタイトルはなんとかならんかったのかと思いますです。
オカピー
2011年02月08日 23:06
ねこのひげさん、こんばんは。

大昔に観た時はもっと雑な感じがしましたが、思ったほどではなかったですし、お話もしっかりしていました。

>タイトル
イタリア語の原題は主人公の名前ですが、フランス若しくは国際タイトルが"Big Guns"だったようです。余りセンスないです^^;
2011年02月12日 13:51
オカピーさん、こちらにも、お邪魔します。
さすがですねえ。最初の二行でこの作品の解説は十分のような気がしますよ(笑)。
>冷徹な殺し屋という意味において「サムライ」を想起する映画ファン、ドロン・ファンも多いと思うが、180度逆のところもある
まったくですねえ。ドロン作品としての分析としては、かっちり本質をついていられますね。
わたしとしては、そこから、いろいろ広げていきたい欲求が生まれてしまいますけれど、一般には十分過ぎるほど十分な分析だと思います。
テッサリ監督は、西部劇や活劇が専門ですから、ゾロは上手に編集されていて、なかなかの職人監督だと印象を持ちましたので、70年代のB級映画のプロだと思います。
B級ノワールのオカピー評7点・・・満足ですねえ(笑)
最近、オカピー評の7点に、埋もれた宝物が一杯つまっているように感じているところなんです。
では、また。
オカピー
2011年02月13日 00:42
トムさん、こんばんは。

>最初の二行
1972~75年にかけて何本のマフィア映画が作られ、日本に入ってきたでしょうかねえ。
チャールズ・ブロンスンにも「バラキ」や「シンジケート」がありましたね。

>わたしとしては
どうもすみません(笑)。
ものぐさなので簡単に留めるのがポリシーでして(笑)。

>テッサリ
ふーむ、ジェンマ氏のマカロニ・ウェスタンの頃に比べると大分腕を上げたのではないかという気がしましたね。
思ったより高級感もあります。公開当時はもっと粗く、安っぽい印象でした。

>7点
観ていて面白いのはこの辺りかもですよ^^
蟷螂の斧
2019年12月04日 17:59
こんばんは。双葉十三郎先生も著作でこの作品に70点をつけています。

>丸腰で出かけた彼に意外な人間が銃口を向ける

どんでん返し!僕はこう言うラストは好きです。話がうまく行き過ぎのハッピーエンドが嫌いですから(笑)。

>映画の超長回しも舞台俳優はビクともしない。

舞台俳優も「とちる」場合もある。名古屋の凄腕演出家がいつも言ってる事。「何があってもオロオロするな!」
僕なんぞは仕事中で何かある度にオロオロしてますが・・・(苦笑)。
オカピー
2019年12月04日 22:21
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>双葉十三郎先生も著作でこの作品に70点をつけています。
そうですね。
当時のドロンの作品としては面白い方という印象だったようです。

>どんでん返し!
ああ、思い出しました。
僕はハッピー・エンドも扱いが上手ければ良いと思いますが。

>舞台俳優も「とちる」場合もある。
映画はとちったらまずは撮り直しになる一方、舞台では止めるわけにはいきませんからアドリブで処理していく面白さがあるますね。それには相手役が下手だとダメですけど。むしろ相手役が大変かも(笑)。
蟷螂の斧
2019年12月06日 06:18
おはようございます。

>僕はハッピー・エンドも扱いが上手ければ良いと思いますが。

クリント・イーストウッド監督・主演「ペイルライダー」をご覧になった事はありますか?先日見ましたが、良かったです!

>当時のドロンの作品としては面白い方という印象だったようです。

1977年「チェイサー」は「ドロンが無傷のまま。ちょっと格好つけすぎ」と別の評論家が書いていました。

>むしろ相手役が大変かも(笑)。

そこがまた舞台の演劇の醍醐味です!また小道具の故障。鳴る筈のピストルが鳴らなかったり(苦笑)。
オカピー
2019年12月06日 22:11
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>「ペイルライダー」
公開当時に観て以来ご無沙汰で、内容は殆ど忘れています。当時はそれほど感心しなかったような記憶がありますが、今見るとどうでしょうか。

>「チェイサー」は「ドロンが無傷のまま。ちょっと格好つけすぎ」
そういう面はあったかもしれません。
 しかし、再鑑賞してみると、現在の映画が情けないこともあり、意外なほど面白いサスペンスでしたねえ。昔の映画はカット割りが面白いですよ。

>また小道具の故障。鳴る筈のピストルが鳴らなかったり
自称ワンカット・ワンムービー(厳密には3カット・ワンムービー)のヒッチコック映画「ロープ」。
 フィルムの場合長くても10分ですが、映画は舞台にはない色々な道具がカメラに入り込んでははまずいわけで、時間は短くても小道具係の難しさは舞台以上かもしれませんねえ。今はコンピューターでインチキできるので気楽でしょう。
蟷螂の斧
2019年12月07日 05:52
おはようございます。

>意外なほど面白いサスペンスでしたねえ。

今、調べたら3年前に僕は「チェイサー」の記事でオカピー教授とコメントをたくさん書き合っていますね。すっかり忘れていました(汗)。「読みやすいけど、読みにくかった」と言うコメントも思い出しました。

>今はコンピューターでインチキできる

CGってのはインチキなんですねえ(笑)。

>今見るとどうでしょうか。

ビートたけしのスーパージョッキー。映画解説コーナー。宮川泰氏が「ペイルライダー」について「イーストウッドみたいなお爺さんが果たしてこんなに強いものか?」と批判していたのを思い出します。
オカピー
2019年12月07日 22:11
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>すっかり忘れていました(汗)。
たかが3年されど3年ですかね。
人間は忘れるから幸福になれるんです。という人生哲学をスピルバーグが「A・I」でものすご~く遠回しに描いていました。遠回しすぎて殆ど誰も気づきませんでしたが。

>CGってのはインチキなんですねえ(笑)。
実写映画はカメラで撮ってなんぼですからね。「鉄腕アトム」が空を飛んでも誰も驚かないように、CGではもの凄いことをやってもカメラだけで見せられた場合に比べれば驚かない。
観客は一見本物っぽいのを観て得した気分になりますが、何でもできるとしている状態で観ますから、アニメを見た程度の興奮しか味わえないです。
 ヒッチコックが「海外特派員」でカメラが飛行機の中に入っていくのを初めてやりましたが、まだ繋ぎがぎこちなかった。約20年後の「サイコ」では空撮のカメラが部屋の中に入って行くのですが、シームレスに見ることができ、僕は感心しましたね。空撮と部屋のシーンを別個に撮って、繋ぎ部分はVFXで補えば良いのですから、今は誰でもできる。短い時間ならCGとも気付かない。“つまらん”てなもんですよ(笑)。

>イーストウッドみたいなお爺さんが果たしてこんなに強いものか?
実年齢55歳で、まださほどお爺さんでもなかったような(笑)。
もう89歳ですって。元気ですね。

この記事へのトラックバック