映画評「大洗にも星はふるなり」

☆☆★(5点/10点満点中)
2009年日本映画 監督・福田雄一
ネタバレあり

ブラボーカンパニーの舞台を座長の福田雄一が脚色して自ら映像化したコメディーで、亡くなった三流アイドルのファンが集まって喧々囂々の騒動を繰り広げる一種のミステリー「キサラギ」に発想的に似ているが、二番煎じということもあってあの作品ほど面白くない。

画像

茨城県大洗の海の家で働いていた青年たち(山田孝之、山本裕典、ムロツヨシ、小柳友)とマスターが、季節外れのクリスマス・イヴに同僚だった美少女・戸田恵梨香からの誘いの手紙をもって意気揚々と現れるが、自分だけでないと知ってがっくり。

画像

というのが発端で、そこへ海の家撤去を求める弁護士・安田顕が現れ、状況を収拾しようと各人に彼女とのエピソードを告白させ誰が一番彼女に思われているか検証を始め、理路整然と彼らの思い込みを指摘する。

仕事で現れた弁護士が一種の探偵として冷静に彼らの言動を分析、「我こそは」と思っているメンバーたちを一々凹ませるという着想はなかなか面白く、法律家による恋愛心理分析というギャップとその見事な指摘が楽しめる。

画像

が、弁護士の分析以外シチュエーション的には手詰まり気味で、ギャグや洒落で笑わせる小ネタ傾向が目立つ為、笑いと興味のテンションが長続きするとは言いにくく、途中で飽きてくる。

僕は途中から弁護士がメンバーを集めて海の家を解体させる為に嘘の手紙を書いた・・・という落ちを考え始めたのだが、さすがにそんな出鱈目はなかったものの、ある意味似たような結末でしたね。

お笑い(大洗)にも飽き(秋)は来るなり。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 大洗にも星はふるなり

    Excerpt: 公式サイト。劇団ブラボーカンパニーの舞台劇を映画化。福田雄一監督、山田孝之、山本裕典、ムロツヨシ、小柳友、白石隼也、安田顕、佐藤二朗、戸田恵梨香。夏の日の思い出がどう ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-02-23 10:11
  • 大洗にも星はふるなり/山田孝之、山本裕典

    Excerpt: 真冬の海の家に一人の女性を巡って数人の男たちが集まり何やらラブバトルを繰り広げるみたいな予告編の印象と個性的な出演者たちの顔ぶれに惹かれて観に行ってきました。監督・脚 ... Weblog: カノンな日々 racked: 2011-02-23 12:14
  • 大洗にも星はふるなり

    Excerpt: 『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』の脚本や『33分探偵』の監督・脚本を務め、劇団ブラボーカンパニーの座長でもある福田雄一の映画監督デビュー作。真冬の大洗海岸にある海の家を舞台に、6人の男たちが繰り.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-02-23 15:16