映画評「96時間」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2008年フランス映画 監督ピエール・モレル
ネタバレあり

製作者・脚本家としてのリュック・ベッソンはアメリカ映画に近付け(映画の多様性という観点において)フランス映画をつまらなくした張本人だが、製作と共同脚本を担当した本作くらい楽しませてくれれば誉めたくなる。

画像

元CIA秘密工作員リーアム・ニースンが別れた妻ファムケ・ヤンセンに引き取られた17歳の娘マギー・グレースが旅先のパリで友人と一緒に誘拐された為行動開始、電話に残されたメッセージからアルバニア系の人身売買グループの犯行であると割り出すと、妻の再婚相手である富豪の自家用ジェットを駆って直行、ポン引きに絡まれるふりをして特殊マイクを取りつけ突き止めたアジトに殴り込みをかけ、犯人の一人をリンチして聞き出した人身売買の現場であるフェリーに乗り込む。

画像

嬉しいまでに直線的で見通しが良く、主人公の無敵な強さは誠に景気が良く思わず笑いが洩れるくらい。

不満なのは言語で、フランスの刑事に成り済ました主人公がフランスでアルバニア出身の犯人たちと堂々と英語で話すのはおかしい。“なんちゃってフランス語”という解釈が成り立たないこともないものの、本物の刑事はきちんとフランス語と英語を使い分けているのだから、どちらにしても疑問である。ドイツ語オンリーの展開だから英語であっても敢えて問題にする必要のない「ワルキューレ」には文句を言う人が少なくなかったのに、複数の言語が交錯する本作は誰も批判しない。お話が現実的かどうかで区別する問題でないにも拘らず、残念ながら実際にはそういう基準で批判する人が多いようだ。

画像

それを別にすると、犯人グループやアジト、取引現場を突き止める過程などあっさりしているがミステリー的にも楽しめる要素が多くて上出来、かつて観たスティーヴン・シーガルの類似作品に比べて格段に面白いのは場面の処理や編集がぐっとスマートで鮮やかだからである。

エスター」に続いて、伴侶(元伴侶)を信用しなさい、という教訓話。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2010年12月25日 18:41
男子は不肖の息子とか言いますが
女の子の場合は何て言うのかしらね。
ま、わがままで言うこと聞かない子ほど
親はめんこいとか言いますけど、
この主人公お父さんの強くて強くて
はきはきしててまんず観てて気持ちがいいこと!
話も直球、お父さんも直球!(笑)
娘のためなら何でもごり押し
言葉のその辺も変でもごり押し?(^ ^);
ところで今思いだしたのは
直接言語の話ではありませんが
むか~しの米TV映画放映の折
どうしたものか音声と俳優のお口が
微妙にズレててそれもなかなか直らなくて
ずっとイライラしながら見ていたと
いう記憶がありますが
プロフェッサーにはそういう経験ありません?
TV観ないのでわかりませんが
おそらく現在はそんなことはないでしょうが。(笑)
オカピー
2010年12月26日 01:33
vivajijiさん、こんばんは。

>不肖の息子
女の子に対しては最初からそういう意識がないので、
恐らくそういう言葉もないのでしょう。
数千年来男性社会でしたからねえ。^^;

中途半端に社会性などを見せずにバンバンやっつけてくれるから、
殺人を観ても、勧善懲悪的な展開も全然気になりませんでしたね。

>米TV映画放映の折
あったかもしれないです。
恐らく昔は別のテープでビデオ映像にアナログ的に連動させていたんだと思います。
昔は供給先から音楽が送られて来ない為にTV局が勝手に音楽を選んで使ったなんてこともありましたね。^^;
今は一つのパッケージになっている筈ですので、アテレコ(アフレコ)が合わないのを別にすれば、ないでしょう。^^

10月頃NHK-BSで「アンドロメダ…」を観ていた時に
雷雨による電波障害の後最後まで音と映像が
1秒くらい合わなくなるという謎の現象が発生。
受像機(レコーダー)の問題かもしれませんが、
相当イライラさせられましたよ。

この記事へのトラックバック

  • 命懸けで守る~『96時間』

    Excerpt:   TAKEN  元CIA特殊部隊員のブライアン(リーアム・ニーソン)は、離れて暮らす娘 キム(マギー・グレイス)を溺愛していた。パリ旅行に向かったキムが、ブラ イアンとの電.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2010-12-25 16:44
  • 『96時間』'08・仏

    Excerpt: あらすじ17歳になったばかりの娘キムから友人と2人でパリ旅行したいと言われた父ブライアン。世間知らずな娘を心配し最初は反対するものの親子の絆を取り戻したい一心で渋々承諾... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2010-12-25 17:38
  • 96時間

    Excerpt:  そんなに足早に、夏をあきらめなくてもいいのに  札幌はお盆前から赤トンボが飛びお盆過ぎからは  かっきり線を引いたようにひと雨ごと確実に短い秋に・・・。  レ ..... Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2010-12-25 18:24
  • 映画:「96時間」Taken 褒め言葉1~5(本文)でわかっていただきたい、必見のアクション!

    Excerpt: 褒め言葉1. こりゃ先行公開各国で評判・興収ともに、「抜群」なわけだわ! 褒め言葉2. 強いて言うと「フレンチ・コネクション2」+「ボーン」+「ダーティ・ハリー」(えっ? でもマジ) 褒め言葉3... Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2010-12-25 20:23
  • 96時間

    Excerpt: 『トランスポーター3』とならんで一挙に2本が公開されるリュック・ベッソン作品。といってもこちらは監督を『トランスポーター』等ではベッソンと共に参加したピエール・モレルに譲り、自身はプロデュースと脚本.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-12-25 20:40
  • 『96時間』

    Excerpt: (原題:Taken) ----この映画って、今年これまでアメリカで最もヒットした映画ニャんだって? 「そうらしいね。 わずか93分しかないアクション映画がそんな快挙を成し遂げるんだから、 Weblog: ラムの大通り racked: 2010-12-25 23:27
  • ★「96時間」

    Excerpt: 今週の平日休みは「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その2本目。 劇場予告編やテレビCMでは、やり過ぎ感ありありだったし・・・ 「トランスポーター3」に続いてリュック・ベッソンの製作だし.. Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2010-12-26 02:42
  • 96時間

    Excerpt: Taken (2008年) 監督:ピエール・モレル 出演:リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、ファムケ・ヤンセン 今年1月にアメリカで予想以上の大ヒットとなったリュック・ベッソン製作のアクション映.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2010-12-27 21:24
  • 96時間 (Taken)

    Excerpt: 監督 ピエール・モレル 主演 リーアム・ニーソン 2008年 フランス/アメリカ/イギリス映画 93分 アクション 採点★★★★ 地元であっても嫌なのに、見知らぬ土地、ましてや外国なんかで警察や病院.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2011-01-12 17:05
  • 09-228「96時間」(フランス)

    Excerpt: 必ず娘を助け出す  アメリカ政府の秘密工作員として家庭を顧みずに幾多のミッションをこなしてきたブライアン・ミルズ。現在は一線を退き、ボディガードのバイトなどで小銭を稼ぎながらカリフォルニアで孤独な日.. Weblog: CINECHANが観た映画について racked: 2011-01-14 00:01
  • 映画評「96時間/レクイエム」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2014年フランス映画 監督オリヴィエ・メガトン ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2015-11-22 11:38
  • 「96時間」

    Excerpt: 娘を守るためなら悪者ぶっ殺すよ! ストレートでいいね。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2015-11-25 22:23
  • 映画評「コードネーム:プリンス」

    Excerpt: ☆☆(4点/10点満点中) 2014年イギリス=アメリカ合作映画 監督ブライアン・A・ミラー ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-01-08 10:00
  • 映画評「誘拐の掟」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督スコット・フランク ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-05-22 15:30
  • 映画評「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督エドワード・ズウィック ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2017-10-20 11:14
  • 映画評「ブラッド・ファーザー」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2016年フランス映画 監督ジャン=フランソワ・リシェ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2018-02-20 11:04