映画評「空気人形」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2009年日本映画 監督・是枝裕和
ネタバレあり

是枝裕和を初めて意識したのはセミ・ドキュメンタリー「誰も知らない」だから、徹底したリアリズムの作家かと思いきや、素材については意外なほどフレキシブルである。
 「ワンダフルライフ」は天国へ行く前段のお話だったし、「花よりもなほ」は群像時代劇といった具合だが、一連の作品を観て来ると彼のリアリズムのベースは素材ではなくやはり描写にあることが解って来る。業田良家のコミックを映画化したファンタジーである本作も現実への強い意識があるからこそ馬鹿らしいと感じずに見ることができるのだと思う。

画像

ファミレスに務める孤独な中年男・秀男(板尾創路)が“のぞみ”と名付けて可愛がっているダッチワイフ(ペ・ドゥナ)が――恐らく持ち主の思いが伝わって――突然心を持って動き出す。持ち主のいない日中街を歩き回り偶然入ったビデオレンタル店で働き始め、親切な若い従業員・純一(ARATA)に心を時めかせて、自分が中身のないこと、誰かの代用品に過ぎないことに悲しみを覚えるが、元教師の老人(高橋昌也)から「人間なんて皆空っぽだよ」と言われ、純一からも「僕も君と同じようなもの」とフォローされて癒されていく。しかし、人間の喩え話を理解できない彼女は純一を人形のように扱ってしまい、悲劇が起きる。

人形の恋やその経緯に切なさを感じる向きもあるだろうが、僕は現代に生きる人間の孤独にやるせない気持ちになってたまらなかった。是枝監督が訴えたかったのも、恐らくは人間の相互的補完関係なのであろう。

画像

この作品はその主題故に登場人物が互いに有機的に絡み合うことがないが、吉野弘という詩人が「生命」という詩に言うように、虻や風が植物の生殖を進めるように、人間は表面的には一人で生きているようで知らないところで必ず誰かに補完されている。
 だから、最後に漂うタンポポの種は、作者の「解り易いラストにした」と言ったとかいう言を信ずるならば、(漂泊する人間の魂ではなく)他人により補完されて生きていく人間、ひいては決して切ないだけではない現代社会への希望を表していると思われる。表現としては些か直截に過ぎる気がしないではないものの、興味深い。

希望があるラストなのか、そうでないのか、それが問題。

この記事へのコメント

2010年12月22日 17:12
こんにちは。切ない作品でした。
このテーマだと日本の映画だとどこか暗く陰湿になりそうなものだけど、リービンビンのカメラのせいかもしれませんが、乾いた虚無感のようなものが現代風に描写されていたように思います。
2010年12月22日 17:23
なぜかエラー表示が出ましたので
後ほど再トライしてみます。
オカピー
2010年12月23日 00:11
kimion20002000さん、こんばんは。

是枝監督は変わった人で、三途の川のお話をセミ・ドキュメンタリー風に撮ってしまうくらいだから、陰湿にならずに作ることができるんでしょうね。
「誰も知らない」はやりきれない映画でしたが。
オカピー
2010年12月23日 00:13
vivajijiさん、こんばんは。

ご迷惑をお掛けしたようです。<(_ _)>

>エラー表示
エッチ系の言葉などがはねられるように設定している関係かも知れません。僕自身自分で設定したことを忘れ、コメントがはねられて焦ったことがあります(笑)
2010年12月23日 08:25
>希望

そう言われてみれば
「ワンダフルライフ」も「誰も知らない」も
この監督さんの制作姿勢として
それぞれ若干意味合いは異なるけれど
主軸にこの「希望」があるのかな~と
思い当たりますね~

~明日という日は明るい日と書くのね~♪
えらく暗いメロディーラインのレトロな曲を
ちょっと思い出したりしています。(^ ^)
オカピー
2010年12月24日 00:10
vivajijiさん、こんばんは。

少なくとも僕はそう感じました。
あれほど絶望的な「誰も知らない」でさえ幕切れでは“明るい兆し”が見えていた感じがしますよね。

>~明日という日は明るい日と書くのね~♪
「悲しみは駆け足でやってくる」という曲ですね。
僕はまだ小学生でしたよ。^^
2011年04月24日 19:39
心を持った人形、そして心を失っている
空虚な人間たち…心の交流が紡ぎだす世界感に
何度も見たくなりました。
オカピー
2011年04月25日 21:57
シムウナさん、こんにちは。

丁度2週間前に母を失くしまして、凡俗な僕は悲しむ心がなければ良いと思ってしまいましたが、やはり心がないのは悲しいですよね。
2012年11月07日 23:25
オカピーさん、こんばんは。
この作品、レンタルDVDで観ました。
>希望があるラストなのか、そうでないのか、それが問題。
オカピーさんにしては、良い意味で「らしくない」総括ですね(笑)。
実は、わたしは用心棒さんやオカピーさんまでは、映画の熟練者ではないからなのだと思うのですが、このオカピーさんの言葉は琴線に触れてしまいます。

>彼のリアリズムのベースは素材ではなくやはり描写にあることが解って来る。
ほんとだ。さすがオカピーさんです。
この作品は本当に良く現代を風刺していますよね。

最近、日活100周年記念企画「吉永小百合 私のベスト20 DVDマガジン」第1巻「キューポラのある街」を購入してしまいました。
懐古主義に陥ってしまっているのかもしれませんが、60年も経たとはいえ、同じ国とは思えませんよね。

オカピーさんの言うとおり「空気人形」での【希望】の描写は、わたしにもよくわかりました。しかし現実として、日本人の心が空気になっていることも間違いのないことで、だからこのような映画を通じて訴えかけてくるものに感動してしまうのですが、この60年の間の悪い意味での変遷は凄まじいものがあります。本当に何が悪いんでしょうね。

では、また。
オカピー
2012年11月08日 22:46
トムさん、こんばんは。

何を仰るトムさん(字足らず)・・・(笑)
先日トムさんの最新記事を拝読致しましたが、トムさんは卒業論文あたり、得意だっただろうと想像されますよ~ん。
僕はエイゼンシュテインにういて書こうと思って自信がなくて止め、結局一年留年しました(卒論文の単位を確保する為)・・・

>総括
概して結論を鑑賞者任せにする作品は余り好きではないのですが、現在を描くとそうならざるを得なくなるのかもしれない、などと本作などを見ると思いますね。

>この60年
僕が勝手に思っているのは、宗教という確固たるバックボーンがない日本にアメリカ的民主主義が定着することで民主主義が間違って運用され、世代を経るごとに日本人が阿呆になってしまった、ということ。
しかし、日本だけでなく先進国にほぼ共通する現象でしょう? 物が多すぎること、世界の情報がすぐに伝わることなど・・・といった辺りが背景にありますかねえ。

この記事へのトラックバック

  • 空気の花

    Excerpt: 「空気人形」 「花のあと」  Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-12-22 16:41
  • 空気人形

    Excerpt:  秋晴れのきのうのこと・・・ “器が好きならあそこを訪ねてみたら&#65374;?”と 知人に紹介されて、当市ではその昔はオャレ&#65374;な界隈と言われていた 円山裏参道に.. Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2010-12-22 17:00
  • mini review 10469「空気人形」★★★★★★★★☆☆

    Excerpt: 『歩いても 歩いても』などの是枝裕和監督が、業田良家原作の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化した切ないラブストーリー。心を持ってしまった空気人形と人間の交流を温かく見守る。『グエムル -漢.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2010-12-22 17:06
  • 『空気人形』 

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「空気人形」□監督・脚本 是枝裕和 □原作 業田良家(「ゴーダ哲学堂 空気人形」) □キャスト ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路、高橋昌也、余貴美子、岩松了、星野真里丸山.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2010-12-22 17:17
  • 空気人形

    Excerpt: 『誰も知らない』、『歩いても歩いても』の是枝裕和監督が業原良家の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」を映画化。主演は『グエムル -漢江の怪物-』のペ・ドゥナ。共演に『ウルトラミラクルラブストーリー.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-12-22 17:24
  • 『空気人形』'09・日

    Excerpt: あらすじレトロなアパートで秀雄と暮らす空気人形にある日思いがけずに、心が宿ってしまう・・・。感想ダッチワイフに心が宿るってのは、古くから『やけっぱちのマリア』なんてのも... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2010-12-22 21:48
  • 空気人形

    Excerpt:  私は空気人形。空っぽな、誰かの「代用品」。 10月5日、京都シネマにて鑑賞。是枝監督作品7作目の劇映画となります。実は私は5作を鑑賞していま... Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2010-12-22 23:03
  • 空気人形/ペ・ドゥナ、ARATA

    Excerpt: ドゥナちゃんの出演作はデビュー作の韓国版『リング』から全て鑑賞してるドゥナペンです。彼女のこの最新作は山下敦弘監督の『リンダ リンダ リンダ』に続いての日本映画。山下監 ... Weblog: カノンな日々 racked: 2010-12-23 11:10
  • 透明な影~『空気人形』

    Excerpt:  クリスマス間近の東京。ファミレスで働く独り暮らしの秀雄(板尾創路)は、性欲 処理用のラブドール(ペ・ドゥナ)に「のぞみ」と名付けていた。ある朝、のぞみに 心が宿り、彼女は街に出てゆく・・・。.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2010-12-23 17:44
  • ★「空気人形」

    Excerpt: 今週の週末もナイトショウへ行ってきました。 監督や出演者が最近よくテレビでプロモーションやってるので、 ついつい観る気になった作品。 Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2010-12-25 01:24
  • 空気人形

    Excerpt: 是枝裕和監督の作品が好きです。 いつか作品に出たいと思っています。(マジ) 映画館で予告編を観た時から絶対観ようと思ってました。 業田良家原作の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」も読みました.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2010-12-31 02:00
  • 空気人形

    Excerpt: 空気人形 / AIR DOLL 2009年 日本映画 監督・脚本・編集:是枝裕和 製作:川城和実 重延浩 久松猛朗 豊島雅郎 原作:業田良家 撮影:リー・ピ.. Weblog: RISING STEEL racked: 2011-02-07 22:28
  • 「空気人形」プチレビュー

    Excerpt: 【ストーリー】 女性の「代用品」として作られた空気人形ののぞみに、ある朝「心」が芽生え、持ち主の秀雄が留守の間に街へ繰り出すようになる。そんなある日、レンタルビデオ店 ... Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2011-04-24 17:02
  • 「空気人形」

    Excerpt: 別にピュアぶるわけではないですが、「エロ」や「グロ」といった要素が目につくものが、映画でも文学でも絵画でも、まったく苦手です。 好きな作家でも、村上春樹の作品では「海辺のカフカ」は「グロ」に感じ.... Weblog: RAY's Favorites racked: 2011-05-18 03:10
  • 「空気人形」

    Excerpt: 心をもつことは、せつないことでした。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2019-05-26 10:42
  • 空気人形

    Excerpt: 秀雄はメイド服姿の空気人形と暮らしている。 いつも食事を2人分用意し、一緒に風呂に入り、彼女に語りかけ、ベッドでセックスをする。 ある日そんな「代用品」の空気人形が突然立ち上がり外へ出た。 彼女はレン.. Weblog: 象のロケット racked: 2019-05-28 09:07