映画評「2012」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2009年アメリカ映画 監督ローランド・エメリッヒ
ネタバレあり

一昨年あたりから急激に耳目に触れ始めたマヤ文明マヤ歴を拡大解釈した人類(生命)滅亡説に基づくパニック映画。最近英語に倣ってディザスター(災害)ムービーという言い方が定着してきたようだが、僕は古い人間なのでパニック映画という古い言い方に拘りたい。監督はこの手の作品がお得意のローランド・エメリッヒ。

画像

核心部分を大幅にぼかした勿体ぶったプロローグの後、2012年カリフォルニアに住む三文作家ジョン・キューザックが別居している子供二人とイエローストーン国立公園を訪れた時に軍人に囲まれたり、独自に人類滅亡の危機が迫っていることを告知しているローカルDJのウッディー・ハレルスンと遭遇したりするうちに既に始まった地面のひび割れを発端として大災害が起きると信じるようになり、前妻アマンダ・ピートや内縁の夫トーマス・マッカーシーと子供たちとで飛行機で脱出を図る。正にその時大地震が起きて碌な運転技術のないマッカーシーをパイロットに次々と崩れ落ちる地面から辛うじて飛び立つセスナ。

CGがなければ実現できなかった物凄い場面であると一応は誉めておきたい。どうして一応かと言えばやはり絵にしか見えないからで、ここだけ切り取ればCGアニメと何ら差がないからである。しかし、絵であろうとスリル満点であることは間違いない。

画像

さて、ハレルスンの言を信じて中国の山地に準備された“箱舟”を目指す一行はキューザックを運転手に雇っているロシア人大富豪が所有する中型飛行機に便乗するが、燃料がなくなったり様々なピンチを迎える。
 この辺りからご都合主義が目立つようになり、作家が大富豪の運転手をしているというのはともかく、海に着水すると覚悟を決めたら目的地の方が2000km以上も移動していたという設定には思わず失笑。確かに地球の地殻が溶けてしまうわけだから理論的にはあり得るだろうが、科学的に正しいかどうかより余りに調子が良すぎるのが問題なのでござるよ。

最後に登場する“箱舟”が宇宙船ではなく本当に箱舟というのがちょっと面白いものの、パニック映画としてはここからがひどくスローな展開になって相当がっかり。パニック場面はともかく今さら有難くもない父子の愛情交換風景などが必要以上に盛り込まれてモタモタするのだ。

画像

先日の「ノウイング」よりぐっと本格的な「ノアの箱舟」もので、終末思想に支配された作品群の中にあって珍しくコスモポリタン的な思想を強く打ち出している。その象徴が中国が“箱舟”を作っているという設定であろう。悪役たるロシアの大富豪も子供の為に自分の命を投げ出すわけで、人類は皆本質的には善であると楽観的な結論を示していく。

パニック映画は一部に広まっている考えとは逆にサスペンスを基本に据え、そこにほんの少し人間描写を振りかけて味付けをするのが正しい作り方なので、本作は箱舟登場まで☆☆☆★、つまらない水増し的人間描写が増えるそれ以降は☆☆★といった印象。最終評価はその中間と致します。

水中にもぐる場面で水増し・・・か。面白い洒落にはなりますが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年11月07日 23:53
こんにちは。
実は、今日、池袋サンシャインの古代オリエント博物館で「マヤへの道/古代メキシコ・オルメカ文明展』を見に行ってきたところなんですよ(笑)
紀元前1500年ごろですからマヤ文明を遡ること1000年、ここにマヤ言語と占暦術の原点があるようです。
マヤの長期暦ではちょうどその始原がこの頃で、ここからひとつの時代の終末が2012年となります。ですから、オルメカ文明の人たちも、マヤ・インカ文明の人たちも、ずっと時代が下って現在の僕たちも、長期暦でいえば同じ時代を生きているということになります。それもあと2年だけね(笑)。
シュエット
2010年11月08日 10:03
こちらにも。
茶化すつもりはないのだけれど、こういう映画をみていてよく思うのが、ガソリン持つんかい? どこでガソリン供給してるんだい?って(笑)。
父親の家族への愛と強さをみせてる本作。「宇宙戦争」と重なりますねぇ。本作はヒューマニズムも前面に、いささかくさかったですネェ。
船に乗らず地上に残る決意をしたアメリカ大統領といい。ロシアも中国も皆さん分別ある行動をされて…人間のヒューマニズムは信じているけれど、極限ではやっぱり本音のエゴが出るんじゃないかな?とも思うんですけどねぇ…。
オカピー
2010年11月08日 18:26
kimion20002000さん、こんにちは。

>「マヤへの道/古代メキシコ・オルメカ文明展』
へぇー、奇遇ですねぇ。

オルメカ文明と言えば、あのでかいオルメカ・ヘッドしか思い浮かびませんが、10年近く前知り合いだった女性がオルメカ・ヘッドが落ちてくる夢を観たとか言っていたのを思い出します。

長期歴が終わるというだけで地球滅亡とか人類滅亡とかこじつけなのでしょうけど、そういうのを信じてみたくなるのもまた人間らしくてヨロシイですね。
オカピー
2010年11月08日 23:01
シュエットさん、こちらにもようこそ。

>ガソリン
飛行機の燃料は切れましたけどね。^^

>父親の家族への愛
確かに「宇宙戦争」と共通するものがありますけど、スピルバーグに比べると見せ方が下手で、わざとらしい。
僕なんか映像言語と映画文法の適切さに感心しまくりでしたけど、評判悪かったですねえ、「宇宙戦争」。シュエットさんにも不評でしたっけ?(笑)

>極限ではやっぱり本音のエゴ
それが本当でしょうね。
まあ嘘でも良いです。そのヒューマニズムが本当らしく見えないのはやはり“過ぎたるは及ばざるが如し”なんですなあ。
2018年04月05日 00:13
こんばんは!

古い作品記事にコメしましてすみません。

さきほど他の方からコメントをいただき読んでみたら、なんと僕の記事をコピペしてAmazonに自分の意見としてアップしている人がいてビックリしました。
https://amzn.to/2IrZKo6

本当にこういうことをする人がいるのですね…。残念です。

元記事をトラバさせていただきます。

情けないですね。

ではまた!
オカピー
2018年04月05日 23:21
用心棒さん、こんにちは。

>コピペ
感想に共感してそれを応用するくらいは良いと思いますが、文章を殆どそのまま流用というのは余りにひどいですね。

この記事へのトラックバック

  • 『2012』 ('09初鑑賞171・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆★ (5段階評価で 4.5) 11月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:35の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2010-11-07 19:35
  • 2012

    Excerpt: 『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』などディザスタームービーといえばこの人、ローランド・エメリッヒ監督の最新作。主演は『1408号室』のジョン・キューザック。共演に『アメリカン.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-11-07 20:39
  • 2012

    Excerpt: 公式サイト。ローランド・エメリッヒ監督、ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、ダニー・グローヴァー、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、キウェテル・イジョフォー、ウディ・ハレルソン、ジョン・.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2010-11-07 20:43
  • 2012/ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー

    Excerpt: ハリウッドが得意とするところのSF超大作のディザスター・ムービー。監督は『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒ。これまでの実績から映像的には十.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-11-07 21:37
  • mini review 10451「2012」★★★★★★☆☆☆☆

    Excerpt: マヤ暦による2012年終末説を題材に、『インデペンデンス・デイ』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービー。地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2010-11-07 23:45
  • 2012 (2009)

    Excerpt: 2012年12月21日 Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2010-11-07 23:52
  • 2012

    Excerpt: 2012 (2009年) 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、キウェテル・イジョフォー、オリヴァー・プラット マヤ文明が予言した世界の終わりが迫る中、ある家族.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2010-11-08 01:15
  • ★「2012」

    Excerpt: 久しぶりの週末ナイトショウはTOHOシネマズららぽーと横浜で。 「インディペンデンス・デイ」や「デイ・アフター・トゥモロー」の ローランド・エメリッヒ監督作。 いやーーーこの人の作品は地球的規模.. Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2010-11-08 01:48
  • 2012

    Excerpt: みごとな超B級大作。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-11-08 10:09
  • 『2012』

    Excerpt: ※かなり辛口です。ごめんなさい。 (原題:2012) -----昨日の夜は、 『2012』の大試写会が新宿ミラノで開催されたんだよね。 「超」がつく大作とい... Weblog: ラムの大通り racked: 2010-11-08 22:53
  • 2012

    Excerpt: ブログネタ:一発で気分転換できるもの 参加中 時々何も考えないでいい映画を観たくなりますが、 そういう映画って気分転換になるからなんですよね。 この映画はどうでしょう? 話題になりま.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2010-11-12 02:32
  • 『2012』

    Excerpt: 公開直後にずっと観たいと思っていたんだけれど、一緒に観ようと思っていた友達との都合が全然つかなくて観ないままに年越し。 さすがに上映終わっちゃうだろうってことで、やっとのことで観てきましたー。 新.. Weblog: Cinema + Sweets = ∞ racked: 2010-11-27 00:55
  • 映画を観るなら インデペンデンス・デイ

    Excerpt: 大な敵が宇宙からやってきて地球を征服しようとしてきた。地球はほぼ壊滅状態になっちゃったけど生き残りの人類が一致団結して敵を倒して一件落着。話の中身を言ってしまうと身も蓋もないんだけど、王道ストーリーが.. Weblog: 映画を観るなら racked: 2010-12-19 23:52
  • 評論(映画) 2012

    Excerpt: 製作: 2009年度作品/アメリカ映画 ジャンル: 災害パニック 5段階評価: 2・・・映像の迫力のみを楽しみましょう マヤ文明の予言を基にした災害映画です。 ストーリーを.. Weblog: プチパルレビュー・ワールドエンド racked: 2011-05-16 23:01
  • 『2012』(2009)エメリッヒ的な大きな映画だが…。地獄の沙汰も金次第という胸糞悪い映画。

    Excerpt:  ローランド・エメリッヒ監督の作品で、多くの映画ファンがすぐに思い出すのは『デイ・アフター・トゥモロー』だろうか。彼の仕事の印象としては大きい映画を任される人物であるという程度です。 Weblog: 良い映画を褒める会。 racked: 2018-04-05 00:18