映画評「スペル」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2009年アメリカ映画 監督サム・ライミ
ネタバレあり

若い人はサム・ライミと言えば「スパイダーマン」シリーズを思い出すのだろうが、僕らの世代では「死霊のはらわた」シリーズと仰る方が多いはず。特に第2作にはホラー映画なのにゲラゲラ笑わせてもらった。

銀行で融資を担当しているアリスン・ローハンがアシスタント・マネジャーの実力のあることを上司に印象付けたくて老婆のローンの延長を断ってしまう。家を失うことになる老婆は様々な凄まじい暴力の後ボタンを引きちぎって彼女に呪いを掛ける。
 この辺りで邦題は“綴り”でなく“呪文”を意味することが判るが、映画の中では専らcurse(呪い)が使われていたように思う。curseよりspellのほうが日本人には多少馴染み深いので使ったのだろう。

さて、様々な怪奇現象に遭遇した為許しを請いに老婆に会いに行っても既に死亡、通りで見かけて入った店の霊能者ディリープ・ラオから悪霊を除く必要があると告げられる。そこで恋人ジャスティン・ロングの資金援助を得て別の霊能者アドリアナ・バラーサの降霊術に望みを掛ける。

この後の展開は言わぬが花なので伏せておくが、老婆の迫力がもの凄く、入れ歯が勢いよく飛び出し、ヒロインが入れ歯のない口で食いつかれたり、目玉が漫画のように飛び出たり、余りの威勢に思わず噴き出してしまう。勿論これは計算のうちで、「死霊のはらわた2」の面白さを思い出させるところが多い。

突然のでかい音で驚かせるこけおどしが多いのは感心できないとは言え、怖がらせるだけが眼目ではなさそうなので余り気にしないことに致しましょう。

緩急の緩を殆ど使わず急ばかりなのに息切れせず一気呵成に見せたのが殊勲。

地獄よりスキーのほうが良いなあ(意味が解らない方は原題を参照のこと)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

シュエット
2010年11月05日 15:51
見た!見た!
スパイダーマンは好きだから劇場まで足を運んだけど、それ以外のはゾンビ好き猟奇好きでもないので敢えて劇場にはいかないけど、「死霊のはらわた」なんぞもみれば結構はまってしまう。「死霊のはらわた」からなんと28年たっての本作。段々ヒューマニズムに走っていったスパイダーマンでストレスたまったのかな?(笑)入れ歯の迫力といい、婆さまの凄みといい、墓場での壮絶なバトルといい、そしてラスト!怖いけどどっか笑ってしまう滑稽さがあるからじ~っと画面集中で、<息切れせず一気呵成に見せたのが殊勲>ですね。「死霊のはらわた」も今回の放映で久しぶりにみせてもらったわ。サム・ライミ。まだ50歳か。こんな作品観たら、まだまだ頑張れるよね(笑)
オカピー
2010年11月06日 00:52
シュエットさん、こんばんは。

ゾンビ映画は3対2くらいの割合でコメディー仕立てが多いのではないかという気がしますが、その中でも「死霊のはらわた」シリーズ特に二作目は楽しかった。
二本立てを観に行ったのはついこの間のような気がしますがねえ。

ヒロインが融資の延長を断ったことより、その後の態度の方が僕はずっと罪深いような気がして、何だか因果応報の印象が残りました。

>まだ50歳
な~んだ、僕と同じ世代ですか。
僕はもっと上かと思いました。
「スパイダーマン」みたいのは作らずに、もっと元気の出るような作品に頑張って貰いたいものです。^^
2010年11月06日 22:10
こんばんは。
これ大好きです。昨年のマイベスト10の2位。おもしろすぎです。隅から隅までハマりました。2回映画館に観に行きましたよ。
先日は録画もして、また後で見ようと思っています。
オカピー
2010年11月07日 01:41
ボーさん、こんばんは。

屈託なく楽しめるという意味では本当に久しぶりだったなあ。

>マイベスト10
面白いけれど、去年の「ダークナイト」のように(僕の場合は今年の)ベスト10に入れるのは少々難しそう。すんません<(_ _)>

この記事へのトラックバック

  • 『スペル』 ('09初鑑賞165・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆★ (5段階評価で 4.5) 11月7日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター2にて 13:00の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2010-11-03 20:05
  • スペル

    Excerpt: 公式サイト。原題:Drag Me To Hell。サム・ライミ監督、アリソン・ローマン、ジャスティン・ロング、ローナ・レイヴァー、アドリアナ・バラーザ、ラム・ジャス。原題は「地獄へ連れて行け」という感.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2010-11-03 20:15
  • スペル/アリソン・ローマン、ジャスティン・ロング

    Excerpt: 『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミが手がける驚愕のサスペンス・ホラー。ホラー作品としては異例とも思えるくらいだいぶ前から劇場予告編がかかり何度も目にしました。レイティング指定はされてないみたいで.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-11-03 21:31
  • 『スペル』

    Excerpt: (原題:Drag me to Hell) ----2日続けてのホラー。 フォーンはちょっと苦手だニャあ。 「う~ん。 だけど、この作品は監督がサム・ライミ。 他のホラーと... Weblog: ラムの大通り racked: 2010-11-03 22:02
  • スペル

    Excerpt: 何故?どうしたら? 解けなければ、 死。 原題 DRAG ME TO HELL 製作年度 2009年 上映時間 99分 監督 サム・ライミ 出演 アリソン・ローマン/ジャスティン・ロング/ロー... Weblog: to Heart racked: 2010-11-03 23:07
  • スペル(2009)★DRAG ME TO HELL

    Excerpt: この指は貴方に呪文をかけるかも・・・・・。 Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2010-11-04 00:54
  • スペル

    Excerpt: 「呪い」発,「地獄」便。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-11-04 10:21
  • 「スペル」

    Excerpt: 笑えて、びっくりハラハラ怖い、悪趣味な味わいもうまく少し利かせた、一級品のB級感覚ホラー。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2010-11-06 22:04
  • スペル

    Excerpt: Drag Me to Hell (2009年) 監督:サム・ライミ 出演:アリソン・ローマン、ジャスティン・ロング、ローナ・レイヴァー 呪術使いの老婆に逆恨みされた女性銀行員が、その呪いに苦しまされ.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2010-11-08 01:11
  • 09-314「スペル」(アメリカ)

    Excerpt: 3日間で見る呪いの進行  銀行のローンデスクで働く女性、クリスティン・ブラウン。ある日、昇進を意識していた彼女は、必死に懇願する老婆の不動産ローン延長の申請を冷たく拒絶した。するとその夜、仕事を終え.. Weblog: CINECHANが観た映画について racked: 2010-11-18 01:07
  • 『スペル』

    Excerpt: 今日はGAGAの携帯サイトで当たった『スペル』の試写会で、シネマート六本木に行ってきました。 スタートが11時からの試写会。 平日に午前中から開催される試写会なんて、初めて参加したかもー。 そし.. Weblog: Cinema + Sweets = ∞ racked: 2010-11-27 00:59