映画評「きみがぼくを見つけた日」

☆☆★(5点/10点満点中)
2009年アメリカ映画 監督ロバート・シュヴェンケ
ネタバレあり

人称を題名に使う映画が増えたのは「きみに読む物語」のヒットからではないかと思うが、同作に出演したレイチェル・マクアダムズが主演ということもあってこの作品の邦題もご案内の題名になったのだろう。

そのレイチェルは6歳の時に初めて出会った時間旅行者エリック・バナに恋をして、同じ時間軸で再会した彼とめでたく結ばれる。

自分で移動をコントロールすることが全くできない時間旅行者の恋愛というのがミソで、体以外は移動しない為に裸で移動するのを避けようと軽犯罪を繰り広げる羽目になるというのもちょっと珍しい。
 結婚後にできた子供がその血を引いていて妊娠中に消えてしまう為に流産の連続というのはこれまで全くなかったアイデアだが、新味がある代わりに荒唐無稽さも目立つ。流産を繰り返す妻の体を心配して彼がパイプカットをしたのに過去の彼が現れて妊娠させてしまうという展開には、不謹慎ながら大笑いしてしまった。

画像

その妊娠は目出度く成就して娘が生まれ、やがて時間旅行のできるこの娘によって彼は娘が10歳の時に死ぬことが判明する。
 かくして妻は悲嘆に暮れるという次第だが、こちらは少しも悲しくなれない。
 というのも、死んだ後も死ぬ前の彼が不安定ながらも現れると解っているからで、妻が“待つ悲しみ”に苛まれることになるのは理解できるにしても、切なさという点で脚色のブルース・ジョエル・ルービン(原作はオードリー・ニッフェネガー)が20年前に書き下ろした「ゴースト/ニューヨークの幻」に大分及ばない。リアルタイムの本人が死ぬと過去の彼も消えてしまうといったアイデアにでもすれば悲劇性が増して紅涙を絞ることができただろうに、現状ではハッピーエンドともビターエンドともつかぬ半端さだけが残る。

本人が別の時間の本人に会ってはいけないといったタイムトラヴェルものの基本ルールを無視してタイム・パラドックスを起しまくるのも感心できないが、それ以上に時間旅行のルールがはっきりせずご都合主義的に現れたり消えたりする作劇上の問題の方が気になる。例えば、移動をコントロールできないはずなのにタイミングよろしく結婚式に未来の彼がやってくるのは全く理解不能で、それが出来るくらいなら母の交通事故死も本人の事故も防げるのではないかと首を傾げてしまうのである。

6歳の時にお話が始まるのはあくまで彼女にとってで、彼にとっての始まりはいつなのか本人も解らない。

この記事へのコメント

シュエット
2010年11月26日 10:15
これを見たわけではないのですが…
ここんとこ、見てない映画が並んでいて…
パブリック・エネミーズ放映特集のアメリカン・アウトロー作品アップを心待ちにしております。という私も「血まみれギャングママ」「デリンジャー」を見ただけで、昨晩は遅くに見たせいか役者兄弟勢揃いの「ロングライダーズ」を観ている最中に寝てしまって…まだ記事アップもなにもしてませんが。でも映画みていて思ったのが俳優の面構えが違いますねぇ。こういうのをみていると最近のこうした犯罪物って役者も演出もかっこつけすぎているような…。
「デリンジャー」も最後は一斉砲撃であっけない最後。「デリンジャーは殺されてもいい奴だ。彼をヒーロ扱いしたり美化する気もない。」という監督のメッセージが最後にあって、ジョニー・デップ主演の「パブリック・エネミーズ」を奇しくも皮肉っているような(見ていないけど、きっと美化して描いているんだろうと思う)。映画のウォーレン・オーツって実際のデリンジャーに似ているのには驚き!
記事に関係ないコメントで失礼しました!
お風邪など召しませんように。
オカピー
2010年11月27日 00:13
シュエットさん、こんばんは。

なるべく“コメント0”の表示を回避したいので、記事で取り上げた映画に直接関係のないコメントでも有難いであります。<(_ _)>

>パブリック・エネミーズ放映特集
「血まみれギャングママ」は観ました。評価は後のお楽しみということで。
「デリンジャー」三十うん年前に見ただけなので、時間があれば再鑑賞しようかな。
今日観た「犯罪王ディリンジャー」は無気力で、目も当てられませんでした。
「パブリック・エネミーズ」は生で楽しみにせずに(笑)観てみます。マイケル・マンは割合好きなんですけど、どうもこの作品は巷の評判が良くない。

>お風邪など召しませんように。
ちょいと鼻風邪をひいてしまいましたが、大体治りました。
そちらこそ、段々寒くなりますので、ご自愛ください。
2010年12月05日 01:08
こんばんは。
>人称を題名に使う映画が増えた
最近、多いですね。
ヒット作に倣うのは定番の手法ですが、それにしても、なぜ平仮名なのだろうとどうでもいいことが気になります。
オカピー
2010年12月06日 00:19
hashさん、こんばんは。

>なぜ平仮名なのだろう
観客を馬鹿にしているのではないでしょうか(冗談です)。
漢字より目を引くからかもしれませんが、それならカタカナのほうがさらに効果的でしょうしね。

この記事へのトラックバック

  • 『きみがぼくを見つけた日』 ('09初鑑賞159・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 10月24日(土) OSシネマズ ミント神戸 シアター7にて 15:00の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2010-11-25 20:16
  • きみがぼくを見つけた日

    Excerpt: 原題 THE TIME TRAVELER&#039;S WIFE 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 110分 原作 オードリー・ニッフェネガー 『きみがぼくを見つけた日』(ラ.. Weblog: to Heart racked: 2010-11-25 20:52
  • 時間飛行―『きみがぼくを見つけた日』

    Excerpt:  THE TIME TRAVELER'S WIFE  クレア(レイチェル・マクアダムス)が初めてヘンリー(エリック・バナ)に出逢 ったのは、6歳の頃。彼は自ら「タイムトラベラー.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2010-11-25 21:12
  • きみがぼくを見つけた日(2009)

    Excerpt: 原題:THE TIME TRAVELER&#039;S WIFE 私の彼はいま、6歳の私に Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2010-11-25 21:30
  • きみがぼくを見つけた日/エリック・バナ

    Excerpt: エリック・バナが演じる主人公はどうやらタイムトラベラーで時間旅行で出会った少女と恋に落ちるというラブストーリーというのは短い劇場予告編だけでも十分わかる範囲です。脚本 ... Weblog: カノンな日々 racked: 2010-11-25 22:08
  • きみがぼくを見つけた日

    Excerpt: 公式サイト原題:THE TIME TRAVELER'S WIFE。ロベルト・シュヴェンケ監督、レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ、アーリス・ハワード、ロン・リヴィングストン、スティーヴン・トボロ.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2010-11-25 22:22
  • きみがぼくを見つけた日

    Excerpt: 『ゴースト/ニューヨークの幻』の脚本家・ブルース・ジョエル・ルービンの最新作として注目の作品。主演は最近では『消されたヘッドライン』が記憶に新しいレイチェル・マクアダムスと『スター・トレック』、『ブ.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-11-25 23:20
  • ★「きみがぼくを見つけた日」

    Excerpt: 今週は貯まってるシネマイレージ会員の鑑賞ポイントを使ってのタダ観。 主演のレイチェル・マクアダムスは、ひらりん好みの作品によく出てくる女優さんなので、 ぜひ観ようと思ってた作品。 Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2010-11-25 23:51
  • 『きみがぼくを見つけた日』

    Excerpt: &nbsp; &nbsp; □作品オフィシャルサイト 「きみがぼくを見つけた日」□監督 ロベルト・シュベンケ□脚本 ブルース・ジョエル・ルービン □キャスト レイチェル・マクアダムス、エリック・バ.. Weblog: 京の昼寝―♪ racked: 2010-11-26 08:14
  • ぼくロボット

    Excerpt: 「きみがぼくを見つけた日」 「サロゲート」  Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-11-26 10:19
  • 『きみがぼくを見つけた日』

    Excerpt: 昨日は東京厚生年金会館に『きみがぼくを見つけた日』の試写会に行ってきましたー。 それにしても、大きな試写会場って本当にダメかも。 予告が流れてる間はPSPをやっている人、エンドロールになった途端に.. Weblog: Cinema + Sweets = ∞ racked: 2010-11-27 01:10
  • 09-313「きみがぼくを見つけた日」(アメリカ)

    Excerpt: 待つだけの人生は送らないで  ヘンリーがクレアと初めて会ったのは彼が28歳の時。しかし、20歳のクレアにとってそれは運命的な再会だった。彼女は6歳の時に30代のヘンリーと出会っていた。そう、ヘンリー.. Weblog: CINECHANが観た映画について racked: 2010-12-05 00:50
  • きみがぼくを見つけた日

    Excerpt: The Time Traveler's Wife (2009年) 監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演:エリック・バナ、レイチェル・マクアダムス、ロン・リビングストン オードリー・ニッフェネガーの同名.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2010-12-05 01:05
  • 私の彼はいま、6歳の私に会いに行っています。「きみがぼくを見つけた日」

    Excerpt: 【関連記事】 きみがぼくを見つけた日 壁紙1 きみがぼくを見つけた日 壁紙2 きみがぼくを見つけた日 壁紙3 Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー racked: 2011-10-20 00:13