映画評「かいじゅうたちのいるところ」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2009年アメリカ映画 監督スパイク・ジョーンズ
ネタバレあり

モーリス・センダックの絵本「かいじゅうたちのいるところ」は有名だそうであるが、絵本に疎い僕は初めて聞いた。ネットで調べてみたら、なるほど、我が町の小図書館にすら蔵書されている。
 それを「マルコヴィッチの穴」「アダプテーション」を作った異色映画作家スパイク・ジョーンズが映画化したのだからどんなものになるかと興味を湧かさずにはいられない。

画像

空想好きな8歳の少年マックス(マックス・レコーズ)は思春期の姉や優しい母親(キャサリン・キーナー)に構って貰えずいらつき、狼の着ぐるみを着て暴れた末に家を飛び出し、川辺の小舟に揺られてとある島に辿り着く。
 上陸してみると大きな毛むくじゃらの怪物たちが物を壊し合っているところに出くわし、「食べちゃうぞ」と言われ「自分は王様だ」と反応すると連中は打ち解けて来る。孤独な彼らはリードしてくれる王様を求めていたのだ。
 が、彼の指導の下砦を作った後その発言にブレがある為に怪物の心は離反してしまう。さあ、彼はどう関係を修復していくのでありましょうか。

というお話だが、ファンタジーというのは見せかけで、実際には少年の心象風景を映し出す映画である。それは手持ちカメラによる撮影という手法からも伺える。

画像

その為に見かけよりはずっと晦渋で、観る人によって多少内容の理解に差が出て来るような印象がある。
 僕は、この島は彼の内的世界で、ここに出て来るキャロル、KW、アイラ、ジュディス、ダグラスといった連中は彼の葛藤する様々な心象の現れと見なしたいのだが、この島が(彼の心の中に形成された)社会の縮図でキャロルが少年の分身という見方が一般的だろう。
 いずれにしても怪物たちとの付き合いの中で彼は他者と折り合いを付けることを憶えていく。それは心のコントロールに通ずるわけで、かくして少年は内なる(にある)殻を突き破り外なる母のもとへと帰って行くのである。

内省的で重苦しさを感じさせるところが多い作品なので、体調の良い時にご覧になるのがよろしいかと思う。

少年が怪獣を懐柔する晦渋な作品、てなところで如何?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2010年11月24日 17:40
アタクシ、このごろ皆勤賞?(笑)

ずいぶんと睡魔と戦ったという記憶のみで
本作については何を言われても返す言葉も
正直ございませんです。(ぺこり)

遅ればせながら初見「オペラハット」が
予想外に楽しめましたのでそちらの力を
借りましたところのまことに拙い記事
TBさせていただきました。
オカピー
2010年11月25日 00:57
vivajijiさん、連日ご苦労様です<(_ _)>

>睡魔
仰ることはよーくわかります^^
島へ着いてから絵面の変化が少ないんですよネエ。
僕も40分頃から20分間ほどうつらうつらしていまして・・・^^;
幸運にも録画していましたので、
翌日そこだけ見直しました。
邪道ですが、通して見直すほど時間がないもので。

>「オペラハット」
苦手クーパー氏の主演作が楽しめたことは何よりです^^)v
キャプラの場合、完成度に関係なく、
強烈な個性の為に辟易してしまう作品は場面もありますが、
これは完成度が高いだけでなく割合見やすい作品でした。
勿論面白い。^^

この記事へのトラックバック

  • かいじゅうたちのいるところ

    Excerpt: 童心にかえって見守ろう!   Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-11-24 16:35
  • かいじゅうたちのいるところ

    Excerpt: 世界中で愛されるモーリス・センダックの同名絵本の実写化。センダック自身の希望もあり、監督は『マルコヴィッチの穴』のスパイク・ジョーンズが務め、プロデューサーにトム・ハンクスも参加している。主人公の少年.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-11-24 17:04
  • 『かいじゅうたちのいるところ』(字幕版)

    Excerpt: &nbsp; □作品オフィシャルサイト 「かいじゅうたちのいるところ」□監督・脚本 スパイク・ジョーンズ □原作 モーリス・センダック □脚本 デイヴ・エガーズ キャスト マックス・レコーズ、キ.. Weblog: 京の昼寝―♪ racked: 2010-11-24 17:17
  • かいじゅうたちのいるところ

    Excerpt: おとといの晩「オペラ・ハット」観てたんです、私。 80年近く前のF・キャプラさんの傑作と言われている映画。 主役のゲイリー・クーパー(ディーズ)に何かとモノ申す相談役コブ を演じたラ.. Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2010-11-24 17:29
  • ALL is LOVE―『かいじゅうたちのいるところ』

    Excerpt:  WHERE THE WILD THINGS ARE  両親が離婚し、仕事に恋に忙しい母親に育てられ、年の離れた姉にも相手にし てもらえない孤独な少年マックス(マックス・レコー.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2010-11-24 19:09
  • 『かいじゅうたちのいるところ』 ('10初鑑賞8・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆★- (10段階評価で 7) 1月16日(土) OSシネマズミント神戸 シアター7にて 12:40の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2010-11-24 20:23
  • かいじゅうたちのいるところ/マックス・レコーズ

    Excerpt: 1963年に出版されたモーリス・センダックの絵本を原作にスパイク・ジョーンズ監督が映画化した作品です。原作を読んだことがありますが、まず表紙のいかにも外国の絵本って感じのイラストに惹かれちゃうんですよ.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-11-24 21:44
  • かいじゅうたちのいるところ◇◆WHERE THE WILD THINGS ARE

    Excerpt: その島で待っている見たことのない世界 Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2010-11-24 22:30
  • ★「かいじゅうたちのいるところ」

    Excerpt: 今週の平日休みの3本目は、チネチッタに移動して観てきました。 ひらりん的にはファンタジーは見逃せないところでしょうけど、 最近、コドモ心を失いかけてて、ちょっと心配。 邦題が全部、ひらがな・・っ.. Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2010-11-25 01:14
  • 『かいじゅうたちのいるところ』

    Excerpt: (原題:Where the Wild Things Are) ----これって、だいぶ前から観たがっていた映画だよね。 「うん。たまたまウェブで見つけた予告編がとても魅力的でね。 そこに流れていた.. Weblog: ラムの大通り racked: 2010-11-25 23:27
  • かいじゅうたちのいるところ

    Excerpt: ブログネタ:最近泣いた? 参加中 鑑賞券を頂いてたのですが、 未だ行けず。 これでは上映が終わってしまうと 慌てて上映している映画館を探したのですが、 近くではもうレイトショーし.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2010-11-27 14:09
  • 10-19「かいじゅうたちのいるところ」(アメリカ)

    Excerpt: 食べちゃいたいくらい大好き  やんちゃな8歳の少年マックスは、シングルマザーの母と姉との3人暮らし。最近、姉も母もかまってくれず寂しさがつのるマックス。  ある日、大好きなオオカミの着ぐるみを着て.. Weblog: CINECHANが観た映画について racked: 2010-12-05 00:25
  • かいじゅうたちのいるところ

    Excerpt: Where the Wild Things Are (2009年) 監督:スパイク・ジョーンズ 出演:マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー 声:ジェームズ・ガンドルフィーニ、ローレン・アンブローズ.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2010-12-05 01:03
  • かいじゅうたちのいるところ (Where the Wild Things Are)

    Excerpt: 監督 スパイク・ジョーンズ 主演 マックス・レコーズ 2009年 アメリカ/オーストラリア/ドイツ映画 101分 ファンタジー 採点★★★ 自分の子供の頃を思い出すまでもなく、男子ってのはちょっと目.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2011-06-27 16:26
  • 『かいじゅうたちのいるところ』(2009)

    Excerpt: 8歳の少年マックスは、母親と姉との3人暮し。だがシングルマザーの母は仕事が忙しく、また新しい恋人に夢中だし、姉は弟の相手よりも友だちと遊ぶ方が楽しい。 誰にも相手にされない寂しさから、マックスは母親.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2011-07-28 23:20