映画評「ボルト」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2008年アメリカ映画 監督バイロン・ハワード、クリス・ウィリアムズ
ネタバレあり

ハリウッド製作のTV番組でスーパー犬として活躍しているボルトは、撮影の中でやっていることは全て本物と思い込んでいる。為に、劇中の買い主である少女ペニーが悪漢ドクター・キャリコに略奪されたと勘違いして駆け出した結果、ニューヨークまで運ばれてしまう。

画像

そこでも雌猫ミトンズをキャリコの子分である黒ネコと勘違いして締め上げアジト(実はハリウッド)まで道案内させることにする。途中でボルトのファンであるハムスターのライノを加えて旅を続行するうち、自分に特別な力のないことに気付かされ、やっと到着したスタジオでペニーが別の犬を“ポルト”と呼んでいるのにショックを受けるが、その瞬間スタジオで火事が発生、一人取り残されたペニーを救出しに向かう。

画像

ディズニー製アニメである。同じくディズニーの実写近作「ビバリーヒルズ・チワワ」とシーラ・バーンフォードの児童小説「三匹荒野を行く」(ディズニーは二回映像化)を合せたようなお話で、全体として新味がないものの、動物の帰巣本能とアイデンティティーの問題を混ぜて冒険模様にアングルを付けたところがミソと言うべし。
 最後に自力でスーパー犬ぶりを見せるというアイデアは些かくさいが、アイデンティティーの布石が利いてそれなりにじーんとさせられてしまう。

画像

但し、冒険映画とも位置づけられる作品としてはハラハラドキドキが不足気味でしたかな。

僕にとっては今年だが、昨年はどうも犬の当たり年だったようじゃね。

この記事へのコメント

2010年11月15日 17:03

なんとなくアニメ映画ばかりで
おじゃましているようなきょうこの頃。(笑)
本作も忠犬「HACHI」君映画も映画料金高いも
いっしょくたに書いている拙記事持参しました。
こちらも新味は足りませんが
そこそこ楽しめましたです。
少々ぼんやりしている最後の画像は
ボルトとベニーがひしと抱き合っている
感動シーンですね。(笑)
オカピー
2010年11月15日 23:57
vivajijiさん、こんばんは!

>アニメ映画ばかり
WOWOWさんは毎年11月はアニメが多いのですからね。

>映画料金高い
最近は3Dで2000円ですね。
家族4人でいったら子供二人を入れても7000円近くかかってしまう。
考えますなあ。
輸入盤CDが送料込みで7枚くらい買えてしまう(笑)。

>新味
アニメに限らず新味を求めるのが酷な時代なりましたね。
CGの普及で相当誤魔化せましたし、時系列操作でストーリー面でも誤魔化してきましたけれど、それもそろそろ飽きる時期。
今度は3Dと来ましたが、料金UPで却って観客動員がふるわないとか。

>ぼんやりとしている画像
そう感動シーンなんですが(笑)、
暗くて赤っぽい映像はJPEGは弱いんですよ。TT
もう少し明るくして再UPしましょうか。

この記事へのトラックバック

  • 世界一高い映画料金だって

    Excerpt: 我が家にいるときはあんなにちょうどいいスリムさだったのに。 ちゃんと出るところは出て引っ込むところはちゃんと引っ込んでてさぁ。 この母(私のことよ)とすでに社会人長い長女がちゃ――んと.. Weblog: 映画と暮らす、日々に暮らす。 racked: 2010-11-15 16:55
  • ボルト

    Excerpt: 吹替えがお勧め!   Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-11-15 17:08
  • ボルト 3D吹替版/佐々木蔵之介、江角マキコ

    Excerpt: ディズニーアニメなんですけど、これまでとちょっと違う感じがするのは、やはりピクサーのジョン・ラセター製作総指揮によるものだからなのでしょうか。犬好きな私としては先ずボルトのルックスに一目惚れしちゃった.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-11-15 17:21
  • スーパー・ドッグ!―『ボルト』 【吹き替え版】

    Excerpt:  BOLT  ボルトは、飼い主で子役スターのペニーに忠誠を誓うタレント犬。自分をドラマ の中の超能力犬だと信じ込んでいるボルトは、ある日ハリウッドからニューヨー クへと送られ.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2010-11-15 18:50
  • 『ボルト (3D)』 ('09初鑑賞100・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆★ (5段階評価で 4.5) 8月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 13:30の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2010-11-15 21:52
  • ボルト

    Excerpt: ディズニー+ピクサーの合併第1作。製作総指揮に『レミーのおししいレストラン』、『WALL・E/ウォーリー』のジョン・ラセターを迎えたアドベンチャーアニメーション。主役の犬の吹替えをジョン・トラボルタ.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-11-15 22:56
  • ★「ボルト」

    Excerpt: 今週の平日休みは、「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 夏休みなので子供連れのお客さんでにぎわってましたが、 日本語吹き替え版のみの上映だけど、特別料金の吹き替え3D版も併映されてたからか、.. Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2010-11-16 03:48
  • 『ボルト』

    Excerpt: ディズニーアニメの『ボルト』を観賞ー。 ジョン・トラヴォルタのボイスキャストってどうだろう?って思っていたけれど、結構違和感なく観られました。 ******************** .. Weblog: Cinema + Sweets = ∞ racked: 2010-11-27 01:12
  • 09-217「ボルト」(アメリカ)

    Excerpt: 大事な僕の人間  白い犬のボルトはハリウッドのスタジオで育ったスター犬。TVドラマの中で、飼い主の少女ペニーを守るために改造されたスーパードッグとして無敵のスーパーパワーを発揮し、悪党たちを次々と退.. Weblog: CINECHANが観た映画について racked: 2010-11-27 17:25