映画評「パイレーツ・ロック」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2009年イギリス映画 監督リチャード・カーティス
ネタバレあり

ビートルズが武道館で演奏をした1966年、日本では学校側が生徒たちに公演に行かせないように圧力を掛けたと聞く。同じ年イギリスではどうだったかと言えば日本以上に保守的で、本作によれば、英国唯一の公式ラジオ局であるBBCは一日45分しかポピュラー音楽を流さなかった。

画像

それで庶民に生まれた不満に対応すべく発生したのが海上に浮かぶ船から一日中ロックを中心としたポピュラー音楽を流し続ける海賊局である。ケネス・ブラナー大臣を筆頭とする政府は彼らの言動が公序良俗に反するとして何とかこの放送を中止に追い込もうと悪戦苦闘、方法がなければ法律を作ってしまえと「えいや」で海洋犯罪法なるものをこしらえるが、彼らには市民の絶大なる支援がありまんまとしてやられる。が、政府より怖い嵐により海賊局船は難破してしまう。

画像

というのが根幹となるお話で、こちらではロックの代名詞たる反体制的言動が徹底して示される。最後に官憲をもっとギャフンと言わせていたなら文句なしでした。

一方、母親から矯正の為に何故か送られてきた少年トム・スターリッジ君が筆卸しをするまでの紆余曲折やら二人の人気DJフィリップ・シーモア・ホフマンとリス・エヴァンスが女性トラブルでマスト登りをする騒動、その原因となったDJクリス・オダウドのたった半日の結婚生活といったエピソードがとりとめなく扱われる枝葉の部分はロックが代弁する庶民の喜怒哀楽を多面的に点出して、監督のリチャード・カーティスが呼吸良く捌いている。

画像

しかし、何と言ってもご機嫌なのは扱われる名ポップスの数々、必ずしも1965~66年頃に流行った曲ばかりではなく、多少後年のものも入っているが、DJが掛ける曲ではなくBGMとしてなら全く問題ないだろう。以下に代表的なところを挙げてみる。
 キンクス「オール・オブ・ザ・ナイト」「サニー・アフタヌーン」、ザ・フー「無法の世界」、スモール・フェイセス「レイジー・サンデー」、ローリング・ストーンズ「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」「夜をぶっとばせ」、ゼム「ヒア・カムズ・ザ・ナイト」、ヤードバーズ「フォー・ユア・ラブ」、プロコル・ハルム「青い影」、ボックス・トップス「あの娘のレター」、ホリーズ「アイム・アライブ」、ドノヴァン「サンシャイン・スーパーマン」、シュープリームス「ハプニング」、スモーキー・ロビンソンとミラクルズ「ウー・ベイビー・ベイビー」、ダスティ・スプリングフィールド「この胸のときめきを」、ルル「いつも心に太陽を」、スキーター・デーヴィス「この世の果てまで」、ハーブ・アルバートとティファナ・ブラス「ジス・ガイ」、映画音楽「夕陽のガンマン」などロックに留まらず1960年代を彩った多種多様な楽曲およそ50曲が使われ、渋い名曲も少なくない。60年代~70年代のポピュラー音楽は僕が好む分野なのでほぼ全曲知っており、大変楽しめた。出来ればデーヴィッド・ボウイ「レッツ・ダンス」ではなく60年代後半の曲で締めてほしかったなあ。

画像

折角クリス・オダウドの役名がSimple Simon(愚か者)なのに、1910フルーツガム・カンパニーの名曲「サイモン・セッズ」Simple Simon Saysが掛からないのは勿体ない。裸女が大勢坐っているのはジミ・ヘンドリックスのLP「エレクトリック・レディランド」のパロディーだろうか? 

細かい話はさておき、60年代の音楽を巡る風俗映画として記憶に留めるに値する作品。しかし、映画ファンより音楽(洋楽)ファンのほうが楽しめるでしょう。

先日の「キャデラック・レコード」に続きこういう映画を見るとCDを買いたくなる衝動がまたぞろ起こって困る(笑)。で、現在キンクスのオリジナル数枚、ダスティ・スプリングフィールドのベストを物色中。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2010年10月07日 22:28
わー、お待ちしていました。
8点ですね!嬉しいです。わたし的にも☆4つ献上の作品でしたから。

>映画ファンより音楽(洋楽)ファンのほうが楽しめるでしょう。

はいっ、その通りでした!
Procol Harumの”A Whiter Shade Of Pale”が流れるシーンとか、もうジーンと来てしまいましたね。やっぱりNO MUSIC, NO LIFEです!

ちなみにエンドロールで、UKでヒットした60年代~ゼロ年代までの名盤レコジャケが次々と掲示されるところですが・・・出てきたジャケ写の9割、そのバンドのなんてアルバムか分かりました 笑 えへへ。(←やや自慢です)
2010年10月08日 03:18
こんにちは。
あの頃の、必死でラジオにしがみついていた生活は、なんだったんでしょう(笑)。今は、気軽に映像を見て、好きな昔の音楽もダウンロードできるけど、
あの頃は、一生懸命音の悪いテープで録音したり、ノートをつけたり。
でもちょっとフレーズが流れると、ちゃーんと記憶しているものですねぇ。
オカピー
2010年10月08日 09:12
RAYさん、こんばんは。

中身以上に音楽を聞くだけで嬉しくなってしまいましたねえ。
で、しばらく鳴りをひそめていた音楽の虫が「キャデラック・レコード」でうめき出し、本作で決定的いや致命的かな、になりました。
Amazonを通してダイレクトで購入すると1000円前後(中には送料を入れても700円くらいのものも)でかつて買いたくてなかなか買えなかった名盤が変えてしまう。リスト化したら既に300枚を超えてしまいましてね、本当に困りました。

>ジャケ写
うーん、僕は80年代までは解りましたが、80年代後半くらいから急激に楽しめる音楽が減ってきたので、90年代以降はどうも・・・という感じです。
Rayさんの世代で60年代が解るのは凄いです。
オカピー
2010年10月08日 10:54
kimion20002000さん、こんにちは。

>気軽にダウンロード
懐かしい曲が聴けるのは僕らのような中高年には有難い一方、今の若い人たちは古い映画も音楽も情報も簡単に手に入るので却って有難味が解らないという面があり、ある意味不幸でもありますね。
2010年12月25日 14:54
お久しぶりです。映画ブログの晴雨堂です。
 
 私もこの雰囲気は好きですね。70年代の少女漫画に出てきそうなネタで気持ちが良い。
 
 ポップスはまこと90年代初期までですね。MTVもベストヒットUSAも終わり、何が流行っているのか興味を持つことも急激になくなりました。
 いま知っているのはCMで流れているレディ・ガガくらいでしょうか。
オカピー
2010年12月26日 01:11
晴雨堂ミカエルさん、お久しぶりです。

この間から「そう言えば晴雨堂さん、どうしているかな」と思っていたところなんですよ。最近ブログを突然止めたり、休止したりする人が多いので。
僕とリンクをする過多の半分以上がそんな状態。諸行無常と言いますが、寂しいものです。

僕はクラシックを聴くようなタイプに見えるらしいですが、実際はロック派でして、この映画が断然気に入っちゃいました。

>90年代初期
数年前まではそれでも録音して保存していましたが、90年代以降はアーティスト名も殆ど憶えていないし、楽曲とアーティストが一致しない感じです。

>ベストヒットUSA
現在BSで復活していますが、やはりこういうのは継続が力なりでして、一度止めてしまうとダメですね。

>レディ・ガガ
数ヶ月前に名前を覚えたという体たらくです。^^;

この記事へのトラックバック

  • レッツダンス、ロックンローーール!!~『パイレーツ・ロック』

    Excerpt:  THE BOAT THAT ROCKED  1966年、イングランド。世はブリティッシュ・ロック全盛期、しかしBBCラジ オはロック&ポップを一日45分間のオンエ�... Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2010-10-07 20:12
  • パイレーツ・ロック

    Excerpt: 俺たちのビート(鼓動)が聞こえるか? 原題 THE BOAT THAT ROCKED 製作年度 2009年 製作国 イギリス/ドイツ 上映時間 135分 脚本 リチャード・カーティス 監督 リチャー.. Weblog: to Heart racked: 2010-10-07 20:36
  • 『パイレーツ・ロック』

    Excerpt: (原題:The Boat that Rocked) ----パイレーツ・ロック? 海賊の時代とロックって、どう結び付くの? 「いや、これは海賊は海賊でも海賊放送という意味。 先に言っちゃうけ.... Weblog: ラムの大通り racked: 2010-10-07 21:08
  • パイレーツ・ロック(2009)☆THE BOAT THAT ROCKED

    Excerpt: 11月17日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。とうとうフリ―パスポートをゲットしました。1カ月間無料で何本も鑑賞出来ます。その1本目に選んだのがこの作... Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2010-10-07 21:11
  • パイレーツ・ロック/フィリップ・シーモア・ホフマン

    Excerpt: 1960年代、ビートルズやローリングストーンズが音楽チャートを賑わすロック全盛のイギリスでは政府によって国営放送局ではポピュラーミュージックが制限されていたという実際のロックヒストリーをモチーフに海上.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-10-07 21:13
  • 「パイレーツ・ロック」

    Excerpt: Sonic Youth ”Goo”の紹介で触れた、新宿三丁目のモッズな店「マリオット」に再び行ってきました。 このお店では、聴きたい曲をマスターに口頭で... Weblog: RAY's Favorites racked: 2010-10-07 22:22
  • パイレーツ・ロック

    Excerpt: 1960年代のイギリスに実在した海賊ラジオ局をモデルにした作品。公海上に停泊する船から24時間ロックを流し続けるラジオ局のファンキーなDJとその仲間たちの生活を描いた痛快なミュージックドラマだ。主演は.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-10-08 00:07
  • mini review 10450「パイレーツ・ロック」★★★★★★★★☆☆

    Excerpt: 1966年のイギリスを舞台に、24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局と、ロックを規制しようとする政府の攻防を描いた痛快ストーリー。監督は『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス。『カポーティ』.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2010-10-08 03:14
  • 『パイレーツ・ロック』

    Excerpt: 昨日は新宿武蔵野館に『パイレーツ・ロック』を観に行ってきました。 この映画、135分もあったんですね。それに何よりも驚いた自分w。 ******************** 『ラブ・アク.. Weblog: Cinema + Sweets = ∞ racked: 2010-10-09 13:35
  • パイレーツ・ロック

    Excerpt: The Boat That Rocked (2009年) 監督:リチャード・カーティス 出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、ビル・ナイ、トム・スターリッジ、ケネス・ブラナー 1966年、ポピュラー.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2010-10-09 21:11
  • 海賊オケ

    Excerpt: 「オーケストラ!」 「パイレーツ・ロック」  Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-11-14 11:00
  • 「パイレーツ・ロック」 絶望から脱出しよう

    Excerpt: 「パイレーツ・ロック」  海に浮かぶ梁山泊、あるいはシャーウッド。        【原題】THE BOAT THAT ROCKED 【公開年】2009年  【制作国】英吉利 独逸  【時間.. Weblog: ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋 racked: 2010-12-25 14:55
  • [映画]パイレーツ・ロック

    Excerpt: ちょっと前の映画をご紹介します。2009年のイギリス映画「パイレーツ・ロック」です。舞台は、1966年のイギリス。ブリティッシュロックの全盛期。しかし、イギリスでは、ラジオでロ ... Weblog: 映画とかマンガとかテキトウに racked: 2011-09-12 23:53