映画評「ひぐらしのなく頃に 誓」

☆☆★(5点/10点満点中)
2009年日本映画 監督・及川中
ネタバレあり

昨年4月に観た「ひぐらしのなく頃に」の続編で、前作が問題提示編であるとしたら、回答編になる形だが、出題と答えが呼応していない感じだし、以前解けていない疑問や新たな疑問があり、すっきりしないこと甚だしい。

時代は前作と同じ昭和58(1983)年6月。前作の終盤では主人公・前田公輝が二人の女子高生・松山愛里と飛鳥凛を殺し、本人も悲惨な目に遭うが、本作のスタートは前作の続きではない。
 即ち、途中で診療所の川原亜矢子が失踪(当初殺されたとされるが、後に刑事大杉漣が死体の焼死時期が彼女が最後に目撃された時間より前であると告げる)しカメラマンが殺されるタイミングから判断すると、全く同じ時期のお話と考えられるのである。愛里ちゃんは、殺される代わりに、何らかの理由で失踪した亜矢子嬢に催眠術的に誘導され学校を占拠、生徒たちを人質にその内容をTVで放送しろと警察を脅迫する事件を起こす。

この過程で前作の惨劇はパラレル・ワールドでの出来事か主人公の幻想かという感じになるが、いずれにしても答えがミステリー的でなくつまらない。ミステリー的と言えば、愛里ちゃんが殺した男女をトリックに利用しない手はないのだが、作者には全くその気がなかったようでこれまた残念。校舎の上での前田君と愛里ちゃんの決闘は絵としてちょっと面白い。

世間で言われる程駄作ではないが、大いに気になったのは女生徒達の平成風ミニスカート。僕が大学を卒業する前後の昭和58年当時学生服にはミニスカートの気配すらなかった。何百年も前ではなく監督の及川中(おいかわあたる)氏も過ごしてきた時代の風俗なのだから生活感情的にそういうところはしっかりして貰いたい。刑事の乗る車は時代考証的にほぼ適っていましたがね。どうしてもフェチ的にミニスカートに拘りたいなら平成4、5年にすればほぼ問題なくなる。

前回より★一つ分評価が高いのは前作より優秀だからではなく両作を併せて一作と考えて総合的に判断した結果。それより、かつて横溝ミステリーに熱中した種族としては、あの焼死体が一体誰で、誰が何のために偽装したのか依然気になります。

中くらいの当りというところ(洒落ですからね)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年08月27日 00:59
こんばんは。
いつもTBありがとうございます。
それと「宮本武蔵」へのコメントもありがとうございます。

ここのところは自分の記事UPで
アップアップなので、他の人のブログを積極的に訪問できていない状況ですが、いつもオカピーさんにはTB貰って、感謝してます。

本当は映画を観るのが好きなだけで、感想を書くのもままならないのですが、
とりあえず、記録として残している感じですね。
オカピーさんの記事を読んで、いつも感心させられてます。
さすが、映画批評云十年!

本作は、本当に前作との繋がりも判りづらくて、
続編なのか、よく判らない感じでした。
松山愛里は熱演に見えましたが。

1年ぐらい前の記事にTBが入るのも嬉しいので、
これからもよろしくお願いします。
オカピー
2010年08月27日 23:59
CINECHANさん、こんばんは。

僕も手一杯という感じで、積極的には訪問できない状態ですが、読んで面白い、為になると思ったブロガーさんだけは訪問させて戴いております。

>本当は映画を観るのが好きなだけ
それが一番ですね。

>松山愛里
演技的には未熟かもしれませんが、奮闘していました。

古い記事にばかりですが、一週間に何度かお伺いすると思いますので、よろしくお願い致します。

この記事へのトラックバック

  • ひぐらしのなく頃に 誓

    Excerpt: 公式サイト。竜騎士07原作、及川中監督、前田公輝、松山愛里、飛鳥凛、あいか、小野恵令奈、大杉漣、川原亜矢子、田中幸太朗、三輪ひとみ、矢部美穂、大高洋夫。昨年の「ひぐらしのなく頃に」の続編。全面解決とは.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2010-08-18 15:13
  • ひぐらしのなく頃に 誓/前田公輝

    Excerpt: 別にわざわざ観に行かなくても、観るならDVDが出てからでも構わないとは思ったものの、前作を観ているせいか続編の鑑賞にも義務感みたいなものが生じるんですよね。乗りかかった船?違う?前作は私にはちんぷんか.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-08-18 17:44
  • 小野恵令奈写真集 『キラ☆キラ』 |西田 幸樹

    Excerpt: 小野恵令奈写真集 『キラ☆キラ』西田 幸樹竹書房 刊発売日 2009-04-24... Weblog: どうなんでしょうか racked: 2010-08-20 08:35
  • 09-127「ひぐらしのなく頃に 誓」(日本)

    Excerpt: これがオヤシロさまの呪いか  昭和58年初夏。村の守り神、オヤシロさまを大切に守ってきた小さな村、雛見沢村。離婚した父に連れられ1年前にこの村に引っ越してきた竜宮レナは、最近越してきた前原圭一らクラ.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2010-08-27 00:51