映画評「トランスポーター3 アンリミテッド」

☆☆★(5点/10点満点中)
2008年フランス=アメリカ映画 監督オリヴィエ・メガトン
ネタバレあり

リュック・ベッソン製作・脚本による人気シリーズ第3弾。

物凄い運転テクニックを持つ運び屋ジェースン・ステーサムが悪党一味に襲撃されて昏睡中に変なブレスレットを嵌められ、同じブレスレットを嵌められたウクライナ女性ナターリャ・ルダゴヴァを横に乗せて赤い袋に収納された荷物を運ぶことを強要される。ブレスレットは特殊爆弾で愛車から20m以上離れると爆発する仕組みになっているのだ。一味の目的は女性の父親たる外務大臣を脅迫して危険な産業廃棄物をフランスに持ち込むことである。

以降、何とかブレスレットを外そうと機械に強いドイツ人の知人を当てにすると一味の武闘グループが現われたり、女性を奪還しに現われた別のグループとの間で激しいカー・チェースを繰り広げたり、アクションの見せ場は多い。

20年近く前に作られた「ウェドロック」では囚人間だったアイデアを車と人間という関係に変えたもので、格別新味があるわけではないが、悪党ロバート・ネッパーが「首だ」と言って部下に車を奪わせ、それを主人公が自転車で追いかける趣向など色々と手に汗を握らせてくれる。

しかし、惜しいことに、アクション描写が近年のアクション映画の例に洩れずダメなのである。
 特に格闘場面は小刻みにショットを切りすぎきちんとした映像情報を与えてくれないので僕らオールド・ファンには欲求不満になる。格好は良いかもしれないが、例えばこんな風に格闘技を中継されたらファンは怒るであろう。番組のイントロで見せるのならともかく、試合本番でこんな見せ方が許されるはずがない。映画も本来似たようなものである。

一番肝心のカー・アクションはそれに比べれば大分マシで、ロー・アングルで撮るなど撮影段階で工夫が見られる。橋から車ごと列車の屋根に飛び乗るアクションは大したスペクタクルだが合成が見え見えなのが残念。

また、ヒロインを演じたナターリャ嬢が顔面総そばかすで甚だ興を殺ぐ。

メガトン級の出来映えとは言えませんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2010年08月08日 23:12
こんばんは。
>小刻みにショットを切りすぎ
本当に困ったスタイルですね。
所詮、人真似ですから、監督の演出力が低いということを自ら暴露しているようなものだと思います。
オカピー
2010年08月09日 00:57
hashさん、こんばんは。

そうなんですよ。
真似でも良いことの真似ならともかく、誰が始めたか僕は把握していませんが、何をやっているか解らないような細切れ+アップの構成はとても映画の見せ方とは言えないですから、勘弁してもらいたいです。
CMやPVでやる分には、映像が情報である必要はないですから、一向に構いませんが。
シュエット
2010年08月10日 16:59
そうそうムキにならず気楽に見ましょうよ、P様(笑)
私なんか夏バテ状態でぼーっとした気分でなんも考えずそこそこスピードがあってで、この映画時間潰しにもってこいだったわ。ムキにならずCMやビデオクリップみたいにぼーっと見れる映画も要るんだって、この夏はつくづく思ったわぁ。でもP様は、やっぱり映画作品として性分としてムキになってしまうんだな(笑) 映画を愛する映画少年なんだなぁ。ほんとそう思います!
ところでその後父君のご容態は?
オカピー
2010年08月11日 01:30
シュエットさん、こんばんは3(アンリミテッド)・・・意味不明。

仰る意味はよく解りますが・・・

いや、娯楽映画だからこそ、ストレスがないように解りやすく見せ、最小限の映像で最大限の情報を観客に与えるという理屈に意味があると思うわけでして。^^
商業映画に芸術映画なんてものはない(あるのは文学的映画≠文芸映画)と思いますが、芸術映画なら僕はそういう文句を言わんです。ピカソについて実物と落差がありすぎるというようなものですから。^^

>父
心臓についてはもう大丈夫らしいですが、上手く動けない原因である頸椎・脊椎を手術するには腹にできた動脈瘤が破裂する危険性があり、動脈瘤を処理するには体力回復が必要なのに動けない為に回復できないという内向きの循環に入っているのですよ。
しかし、脊椎の先生もそれでは埒が明かないので命の危険性はあるが手術を敢行してみましょうかという提案をされ、先週僕たちも一応承諾したところです。
13日にまた病院でその後の進展具合(心臓が麻酔に堪えられるか等)を話し合うことになっています。
生まれてから歯医者を含め病院に一度も行ったことがなかった頑健な父も年には勝てずと解り、今年の四月はショックでした。

この記事へのトラックバック

  • 『トランスポーター3 アンリミテッド』 ('09初鑑賞111・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 8月15日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 21:40の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2010-07-30 20:18
  • トランスポーター3 アンリミテッド/ジェイソン・ステイサム

    Excerpt: 大好きなこのシリーズも3作目に突入です。予告編ではフランクの腕に爆弾が仕掛けられ車から20メートル離れると爆発しちゃうんだって?真っ先に思ったのは「トイレはどうするんだろ?」というしょうもない疑問でし.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-07-30 21:34
  • トランスポーター3 アンリミテッド(2008)

    Excerpt: TRANSPORTER 3LE TRANSPORTEUR 3 連日満員のようです。8月17日、MOVX京都にて鑑賞してまいりました!平日だから大丈夫だと思って行ったら、残席40席しかないと.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2010-07-30 22:08
  • トランスポーター3 アンリミテッド

    Excerpt: 主演はもちろんこの人、ジェイソン・ステイサム。製作・脚本も変わらずリュック・ベッソン。黄金コンビによるヒット作「トランスポーター」シリーズの第3弾です。共演のナターリア・ルダコワはベッソン自らのスカウ.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-07-30 22:41
  • 『トランスポーター3 アンリミテッド』

    Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「トランスポーター3 アンリミテッド」□監督 オリヴィエ・メガトン □脚本 リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン □キャスト ジェイソン・ステイ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2010-07-31 09:18
  • ★「トランスポーター3 アンリミテッド」

    Excerpt: 坊主頭がやけにセクシーなジェイソン・ステイサム主演の本シリーズ。 クールで超強い主人公の存在感は抜群だよねーーー。 Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2010-08-01 01:03
  • 『トランスポーター3 アンリミテッド』'0...

    Excerpt: あらすじプロの運び屋であるフランクは、凶悪な依頼人の策略にハメられ、愛車から20m離れると爆死するという罠にかけられ、危険な仕事に就くが・・・。感想新たに、『レッド・サ... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2010-08-03 09:09
  • 09-223「トランスポーター3 アンリミテッド」(フランス)

    Excerpt: 車から離れたら即爆破  ある日、フランクのもとに以前彼が断った仕事を請け負った知人のマルコムが車ごと突っ込んでくる。そして瀕死の彼が救急車で運び出された直後、その救急車は突然爆発してしまうのだった。.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2010-08-04 21:47
  • トランスポーター3 アンリミテッド

    Excerpt: Transporter 3 (2008年) 監督:オリヴィエ・メガトン 出演:ジェイソン・ステイサム、ナタリア・ルダコーワ、フランソワ・ベルレアン、ロバート・ネッパー 抜群の運転技術を誇る運び屋が犯.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2010-08-08 22:54
  • トランスポーター3(感想170作目)

    Excerpt: トランスポーター3はWOWOWでし鑑賞だが 結論は展開ベタも Weblog: 別館ヒガシ日記 racked: 2010-08-15 11:39
  • トランスポーター3 アンリミテッド

    Excerpt: 作品情報 タイトル:トランスポーター3 アンリミテッド 制作:2008年・フランス 監督:オリヴィエ・メガトン 出演:ジェイソン・ステイサム、ナタリア・ルダコーワ、フランソワ・ベルレアン、ロバート・ネ.. Weblog: ★★むらの映画鑑賞メモ★★ racked: 2010-10-19 17:44