プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」

<<   作成日時 : 2010/07/25 22:03   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 10 / コメント 8

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2009年スウェーデン=デンマーク=ドイツ=ノルウェー映画 監督ニールス・アルデン・オプレヴ
ネタバレあり

スウェーデンの作家スティーグ・ラーソン(ラーション)が唯一残したミステリー・シリーズの映画化第一弾。

日本のTVでお安いミステリーが大量生産されているのに比べると、映画界で本格ミステリーは洋画・邦画ともそれほど多くない。そんな状況下では、ジャンルは問わないと豪語している僕も元来推理小説ファンなだけにミステリーには他ジャンル以上に食指が動く。

「ミレニアム」という月刊誌を発行するブルムクヴィスト(ミカエル・ニクヴィスト)が自らの記事により名誉棄損罪に問われて有罪になる。一方、大企業グループの元会長ヘンリク・ヴァンゲル(スヴェン=べルティル・タウベ)は探偵社のパンク美人リスベット(ノオミ・ラパス)から得た情報を信用して、収監されるまで間のあるブルムクヴィストに40数年前に起きた姪の死体なき殺人について調べて貰うことにする。
 リスベットはハッキング能力を発揮して彼のパソコンにアクセス、被害者が日記に残した暗号が「聖書」に絡んでいるようだとメールを送信する。以降この二人がコンビを込んで暗号を解き、事件の真相に接近していく。

全体の三分の二くらいまでは横溝正史ミステリーと似た構図、即ち名門一族の愛憎を見立て殺人の中に浮かび上がらせる話なので、古典ミステリー・ファンをわくわくさせるものがある。
 また、リスベットの言動を過去を交えて小出しに描き、終盤事件の真相を明らかにすることで、日本のミステリーで言えば松本清張よろしく人間存在のおぞましさが表現されると同時に、本作の通奏低音が女性の男性への反撃・復讐であることが明確になる。しかし、その関連で幕切れで苦味の代りに痛快さを打ち出す辺りは良くも悪しくも湿っぽくなりがちな邦画と違うところだろうか。

リスベット絡みのシンプルなフラッシュバックを別にすると、お話の進行が基本的に時系列に沿った正攻法なのも誠に有難い。ヒロインの複雑な内面、ゴシック・ファッション、物凄い映像記憶やハッキング技術といった能力面の面白さがなくても高得点を出したくなる。

金田一耕助はこの二人分の仕事を一人でします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女/ミカエル・ニクヴィスト
これも劇場予告編を観る機会が一度もなかったんですよね。さすがにこれを何も知らずに観に行くのはちょっと不安かなと思って調べてみたんですけど、原作は世界的ベストセラーのミステリー作品なんだそうです。全然知りませんでした。三部作らしいんですけど映画もそうなるの.... ...続きを見る
カノンな日々
2010/07/25 22:42
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
公式サイト。原題:M&auml;n som hatar kvinnor(女を憎む男)、英語タイトル:The Girl with the Dragon Tattoo。ニルス・アーゼン・オプレウ監督、ノオミ・ラパス、ミカエル・ニュクビスト、レナ・エンドレ、スヴェン=ベルティル・タウベ、ペーター・ハーバー、ペーター・ア.... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2010/07/25 22:46
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
彼女だけが知っている 製作年度 2009年 製作国・地域 スウェーデン/デンマーク/ドイツ 上映時間 153分 PG15+ 原作 ... ...続きを見る
to Heart
2010/07/26 03:14
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
 ただいま札幌の地下鉄はディズニーに乗っ取られております。 ...続きを見る
映画と暮らす、日々に暮らす。
2010/07/26 06:34
ミレニアム ドラゴンタトゥーの女 MAN SOM HATAR KVINNOR
 THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 東宝シネマズ二条にて鑑賞。エンドクレジット中、席を立たれた方、特報が流れましたよ。何と第2部の映画化のお知らせがちょこっとありました。それもそのはず、本作の小説は3部作なんですね。 スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンによる推理小説だそうです。残念なことにラ―ソンは第1部の発売も、シリーズの成功も見ることなく、2004年に心筋梗塞で急死したということです。 本作の紹介、スト―リー等(ウィキぺディアさんより抜粋) 原題であ... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2010/07/26 20:04
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
M?n som hatar kvinnor (2009年) 監督:ニールス・アルデン・オプレヴ 出演:ミカエル・ニクヴィスト、ノオミ・ラパス、スヴェン=ベルティル・タウベ 世界的ベストセラーとなったスウェーデン人作家故スティーグ・ラーソンの同名小説の映画化で、富豪の老人から40年前に姪が失踪した事件の調査を依頼された出版社の男が謎の女ハッカーの協力を得て真相を暴くミステリー。 犯人は一族の誰かと限定されているので、誰が犯人かというより、その理由に注目されるのだが、聖書の悪意的解釈やナチスの影が... ...続きを見る
Movies 1-800
2010/07/29 23:39
10-33「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」(スウェーデン)
少女失踪の謎  社会派月刊誌『ミレニアム』を発行するジャーナリストのミカエルは、大物実業家の不正を告発した記事で逆に名誉毀損の有罪判決を受け窮地に陥っていた。  そんな彼のもとに、大財閥ヴァンゲル・グループの前会長ヘンリックからある調査依頼が舞い込む。話を聞くため、ストックホルムよりさらに北の町ヘーデスタの沖合に浮かぶ、本土とは橋1本で繋がる孤島ヘーデビーへと向かったミカエル。そこで説明された依頼内容は、40年前、ヘンリックが我が子のようにかわいがっていた16歳の姪ハリエットが忽然と姿... ...続きを見る
CINECHANの映画感想
2010/07/31 00:23
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」
MAN SOM HATAR KVINNOR THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO MILLENNIUM: PART 1 - MEN WHO HATE WOMEN 2009年/スウェーデン・デンマーク・ドイツ/153分/R15+監督: ニールス・アルデン・オプレヴ 製作: ソーレン・スタルモス 原作: スティーグ・ラーソン 『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(早川書房刊) 脚本: ニコライ・アーセル/ラスマス・ヘイスターバング 撮影: エリ... ...続きを見る
寄り道カフェ
2010/08/23 14:03
【映画】ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
<ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 を観ました> ...続きを見る
★紅茶屋ロンド★
2010/09/01 00:15
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
最近、ダニエル・クレイグが出演する映画、 「ドラゴン・タトゥーの女」がテレビで宣伝されていて、 あれ?この映画、前に公開されていなかったっけ??と思って調べたら、 別の映画でしたね。 こちらがオリジナル版だと思ったけれど、 原作は小説で、ダニエル・クレイグ版は ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2012/02/10 20:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに、金田一シリーズに似た感じでしたね。映画館で観る前は、あまり期待していなかったのですが、面白くて満足しました。北欧のサスペンス映画なんてのも中々観られないので良かったです。続編もあるようですが、予告編を観る限り、一作目とはまた違った作りになっていそうですが。
ドラゴン
2010/07/25 23:41
ドラゴンさん、こんばんは。

>金田一シリーズ
そうでしたでしょう。
見立て殺人自体は家族内では起こりませんけどね。

>北欧のサスペンス映画
確かに珍しいです。
1970年代の映画に「刑事マルティン・ベック」というのがあったくらい。
僕が割合好きだったボー・ヴィーデルベルイ監督(「みじかくも美しく燃え」)の作品です。

>続編
既に紹介されたヒロインの特徴がもっと発揮されるでしょうから、本体部分がしっかりしていればもっと面白くなりそうですね。
オカピー
2010/07/26 01:26
いつもの時間よりだいぶあれでしたから
きっとお時間とれないか体調不良なのかしら
と心配しておりました〜。(^ ^);
かなり早い放映でしたね〜本作。
こんな面白い正統派のミステリーが
たったの2〜3週間だけ公開な上、
よくやってるな零細映画館上映・・・
著者の急逝で世間は別意味で騒いでいますが
そんなことでもなければ日の目を
見れなかったのかなぁ〜なんて
邪推しそうになる風潮ですな全く。
リスベットの外見は奇でしたが
ミステリーの面白さとしては
語りがスムーズで至極まとも?(笑)

>「刑事マルティン・ベック」

観ましたよ。
薄い記憶の中にありました。^^
vivajiji
URL
2010/07/26 07:03
タイトルからして、魔法か超能力が出てくるCG満載のアクション映画と思っていました。
北欧の傑作サスペンスとして記憶しまっス!
ハイ、観ておりません

>「刑事マルティン・ベック」

これも未見のままですが、小説の方は読みましたよ。
シリーズは10作あったはずですが、8作くらいは読みました。きっかけは映画の元ネタ「笑う警官」。そういえば、同名の映画がどこぞの国でも作られたような・・
十瑠
URL
2010/07/26 08:34
vivajijiさん、こんばんは。

昨日は珍しく山に(住んでいるところも山ですが^^;)ドライブなどに出かけまして、帰りに元サナトリウムだったという病院に寄って父親を見舞って帰ったら夜。その後映画を観ましたから、変な時間になりました。
また、この辺は連日雷雨なのでその時間帯はパソコンが使えない状態になるので、それで遅れる場合もあるかもしれません。

心配をお掛けいたしました。<(_ _)>
昨日もおなかの調子はいま一つでしたが、強行してしまいました。^^;

>正統派
内容は正統派、作りは正攻法で、それだけでも有難い時代になってしまいましたねえ。
時系列操作やどんでん返しもたまにあれば嬉しいですが、サスペンス映画=どんでん返しのような風潮になって、それを想定してみますからどんでん返しの効果が薄く、ない映画が「ダメ映画」みたいな烙印を押されかねない。
最近は正攻法が多少復権しつつあるような気がしないでもないですが。

>別意味で騒いでいます
自分を持っている人が、殊に日本は少ないですから、そうした話題性がないと未公開に終わったかもですね。
オカピー
2010/07/27 00:23
十瑠さん、こんばんは。

>魔法か超能力
ミレニアムなんて横文字がいかんです。^^
ドラゴンなんてのもファンタジーを思わせますね。

>「刑事マルティン・ベック」
渋い映画でした。凄く面白いとは言えないですが、味が良いんですな。

>「笑う警官」
おおっ、そんなに原作を読まれていますか。
僕は比較的最近のミステリーやサスペンスは読んでいないです。古典は読破しましたが。
同名の映画、ありますね。^^;
このくらいの特徴的なタイトルですと、著作権があってしかるべきです・・・
オカピー
2010/07/27 00:33
劇場公開時は気になりつつも都合がつかなくてスルーした映画。録画したもののようやく鑑賞しての記事アップです。
喋りすぎない、説明しすぎないのがいいですねぇ。北欧映画って概して寡黙な作品が多い。内部でじっと熟成させる。熟成の過程を黙ってじっと見詰めつづけて描いている。
本作で面白いなって思ったのが、ハッキングの情報収集するといったデジタルな一方で、事件の真相に迫る手がかりとなるのは、カメラで撮ったネガフィルムで連射された一連の画像だったり、ペーパレス時代と逆行して、会社の資料室に長年にわたり年次別に保管されていた資料だったりといったアナログ的なものであり、地道で根気の要る作業からというところが、案外と作者のもう一つのメッセージであるようにも思えました。
原作者は左翼ジャーナリストで、ここに描かれた内容はスウェーデンの現実でもあるんでしょうね。またもやハリウッドがリメイクするとか…。ったくリメイクばかりのハリウッドってどうなるんでしょうかしらね。
先日同じくスウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」観てきました。人間の1少年とヴァンパイアの少女の、残酷だけど、でも12歳の二人の小さな恋のメロディでもある映画。良かったです。
北欧映画ってやはり良質な作品を出していきますねぇ。
シュエット
2010/08/23 14:18
シュエットさん、お久しぶりです。
このところコメント欄が閑古鳥でした。^^;

>北欧映画って概して寡黙な作品が多い
何しろベルイマンを生んだ戦前からの映画先進国スウェーデンが中心ですから。
スウェーデンはとにかく観客を甘えさせないお国柄。
対照的に昔からアメリカは饒舌で合理的、昨今の邦画は説明過剰てなもんで、何だか味気ないです。

>デジタル・アナログ
この辺りを上手く表現すると今の娯楽映画は面白くなりそう。
「ダイ・ハード4.0」が結構楽しめたのもそこを強調していたからでした。

>ハリウッドでリメイク
リメイクにシリーズ、まともな新作の方が少なく感じられるくらいで、うんざりです。
ハリウッドは中年以上が眼中にない気がしますなあ。

>「ぼくのエリ 200歳の少女」
1年後の為に記憶に留めておきますね。^^

>北欧映画ってやはり良質な作品を出していきますねぇ。
米国映画よりスクリーニングされているので有利と言えども・・・ですね。
オカピー
2010/08/24 00:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる