映画評「水の中のつぼみ」

☆☆★(5点/10点満点中)
2007年フランス映画 監督セリーヌ・シアマ
ネタバレあり

初体験を試みる少女たちを描いた映画ではアメリカの「リトル・ダーリング」(1980)やフランスの「ラ・ブーム」(1980)といった辺りが思い出されるが、上記作品ほど露骨な初体験願望はなかったものの最近のイギリス映画「ジョージアの日記」(2008)もその枠の中に入れられるだろう。

画像

それらが言わば講談調であるとすれば、フランスの女性監督セリーヌ・シアマの初メガフォン作という本作はぐっと心象風景的に、シンクロナイズド・スイミングをするグラマーな上級生アデル・ヘネルに憧れてしまった15歳の痩身少女ポーリーヌ・アキュアール、処女であることが何故か面子にかかわる為にポーリーヌに変なことを頼むアデル、その彼女と男子部員ワラン・ジャカンを争奪しあう形になるおデブのルイーズ・ブラシェールの青春(殆ど性春)模様を描き出している。

画像

僕にこの年代の少女の心情が解る由もないが、とにかく恋に恋する年代なんだなあという印象がとりわけポーリーヌから伺われる。相手が男でも女でも関係ないのだ。

「ウォーターボーイズ」という邦画はあるものの映画で扱われることが比較的少ないシンクロを取り上げ、体型も性格も全く違う三者を揃えたのが程々興味深い作品になった要因で、感覚も瑞々しい。但し、性を絡めた内容が内攻的すぎるので、爽やかで後味の良い思春期ものというわけにはいかない。

画像

さらに、ルイーズの行動に意味不明なものが多いのにも困った。ブラジャーを土の中に埋める行為が何を意味するのか解る人がいらしたら、ぜひ教えてください。

恋に恋する心境は解ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

シュエット
2010年05月26日 09:58
おはようございます。
こんなマニアックな作品にコメント入れるのは、またまた私だけ。観にいってる人も少ないだろうナァ。
>ルイーズの行動に意味不明なものが多いのにも困った。ブラジャーを土の中に埋める行為が何を意味するのか解る人がいらしたら、ぜひ教えてください。
少女の行為の一つ一つに何でや?って問われてもなぁ~。きっとこのあたりごろから男の子にとって女の子って意味不明な生き物になっていくんでしょうね~(笑)
作品としてどうやっていわれると、困るんだけど、かつて少女だった私の眼には、本作の映像って、十代半ばあたりの感覚ってこんなだったなって、そんな風に思える映像でした。
「セックス・アンド・ザ・シティ」といい本作といい、ともかくも最後までご覧になったP様を労いたいわぁ(笑)
しかしあちらの子って、あの伸びやかな肢体だから少々の性的描写とかでも卑猥に映らないんですよね。私には美しい映像として楽しめた作品でもありました。
オカピー
2010年05月27日 01:09
シュエットさん、こんばんは。

>マニアックな作品
確かにご覧になった方は少なそうです。

>ブラジャー
しかしですよ(笑)、まじないとか抽象的な意味はあるわけでしょ?
それくらいは知りたいですよ。
シュエットさんの解釈は?

フランス思春期映画の佳作に40年近く前の作品で「上級生」というのがあって、男児が中心ということもあり、かつ普遍的な内容を非常に瑞々しく捉えていたのに比べると、やはり男性には解りにくい世界ではありましたね。

>卑猥に映らない
卑猥ではないけれど、エロティシズムはあるなあ。
こういうの、例の児童ボルノ規制法とやらがまともに通ったら、観られなくなるんじゃないんですか?
子供に限っては、芸術云々という概念は無視されそうだし。
シュエット
2010年05月31日 14:15
>シュエットさんの解釈は?
劇場でみただけでWOWOW放映では再鑑賞してないんで、どういうシチュエーションだったのか忘れたけど、女の子って胸が膨らんで生理が始まって、否が応でも女であることを自覚させられる。性に対する好奇心と、大人の女になることへの拒絶って葛藤があるわけで、そういうところと関係してるのかな? 映画もそういうのもテーマの一つかと。
オカピー
2010年06月01日 00:10
シュエットさん、こんばんは。

>どういうシチュエーション
好きな男の子が美少女と何をしている前後じゃなかったかなあ。
いずれにしても因果関係が解るように作られていないです。
2011年06月29日 01:20
こんばんは。
だいぶ前の記事へのコメントで恐縮ですが、今日、早く帰宅したので、ちょうどスカパーで録画しておいたこの作品を観賞したもので 笑

映画の完成度は5点くらいでしたね、たしかに。
でも結構、好みの映像でした。
少女の頃のシャルロット・ゲンズブールが出ていた一連の映画に、「エコール」をふりかけて、ちょっと物憂い感じにまとめた・・・みたいな映像が。
(なんだ、それ?)
思春期の女の子に特有の、可愛いらしさと残酷さのブレンドミックスみたいな雰囲気も悪くなくて。

>ルイーズの行動に意味不明なものが多いのにも困った。
>ブラジャーを土の中に埋める行為が何を意味するのか解る人がいらしたら、ぜひ教えてください。

これは主人公のポーリーヌとケンカした時に「小学生の時から巨乳なんて嘘じゃん。ただの肥満よ。デブ」と、残酷な言葉を浴びせられて、自分の豊満過ぎる胸に生理的嫌悪感を感じて、衝動的に土の中にブラジャーを埋めて「葬り去った」って意図じゃないでしょうか?

まあ、でも説明不足のシーンが多かったですよね。
もう少し、左脳的な要素が加われば7点献上でしたが!
オカピー
2011年06月29日 20:21
RAYさん、こんばんは。

>だいぶ前の記事
1年強だからまだまだ記憶がありますよ~。

>シャルロット・ゲンスブール・・・「エコール」
そんなところかな。

>ブラジャー
なるほど、そう言われればそんな気もします。

>説明不足
最近“一人合点”という表現を僕はよく使いますが、少なくても中年男性には解らん点が多かったですよ。

この記事へのトラックバック

  • 水の中のつぼみ/ポーリーヌ・アキュアール

    Excerpt: 最初に予告編を目にしたときは、エロチックな印象が強くて特に観たいとは思わなかったんだけど、そのうち紹介記事など読んでみたら意外とそうでもないようなので、まぁついでもあって観ちゃいました。カンヌ映画祭に.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-05-25 17:28
  • 『水の中のつぼみ』'07・仏

    Excerpt: あらすじ15歳のマリーはシンクロナイズド・スイミングの大会でフロリアーヌに恋をした。マリーは彼女に近づくため、同じスイミング・スクールへ行き彼女の願いは何でも聞くからと... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2010-05-25 20:37
  • 先週末に観た映画その?「水の中のつぼみ」:フランス映画祭

    Excerpt:   9月13日(土)の夕方、京都駅ビルシネマ・フランス映画祭へ行ってきました。9月30日より、RCSで公開される作品で先行上映となるフランス映画最新作「水の中のつぼみ」を鑑賞しました。期間中どの作品.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2010-05-25 20:45
  • 「水の中のつぼみ」

    Excerpt: NAISSANCE DES PIEUVRES 2007年/フランス/85分/ PG-12 at・梅田ガーデンシネマ この映画、素晴らしい感性で映画と小説の世界を語られているリカさんのブロ.. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2010-05-26 09:50