映画評「アマルフィ 女神の報酬」

☆☆★(5点/10点満点中)
2009年日本映画 監督・西谷弘
ネタバレあり

前作「容疑者Xの献身」では好印象を受けた西谷弘監督のサスペンス映画。

イタリア南部のアマルフィに観光に出かけた天海祐希が娘を誘拐され、要人警護専門の書記官・織田裕二が堪能な言語能力を生かして犯人との交渉にしゃしゃり出てイタリア警察と協力しながら調査を進めるうちに、監視ビデオに残された映像が改竄されていることに気付き、犯人とその真の目的を解明していく。

大雑把にまとめればこういうお話で、前半妙にストレートな誘拐サスペンスだなと思っていると、案の定後半は織田裕二君主演のテロ・サスペンス「ホワイトアウト」の原作を書いた真保裕一らしい展開になる。
 本作の問題は、予想通りに展開することではなく、邦画の悪い癖でテロを絡めてもハードボイルドに作れず終盤モタモタすることである。情の部分はさらりと扱ってもっとドライに展開すれば日本のテロ映画としては面白いと言える一編になっただろうに。「容疑者X」は情がテーマの一つである上に扱いが上手かったから感動も喚起できたが、こちらは情をテーマにすべきお話ではないのでまだるっこさを生む。

サスペンスとして気になるのは、門外漢の素人に作戦の重要部分を担わせようという犯人の思惑。彼若しくは彼女が強要者の思うような行動を取り、しかも素人故に首尾よくこなせる保証はどこにもないわけで、作戦として問題外である。

しかし、ミステリーとしてはなかなか面白い箇所が幾つかある。一番はローマに雪が降ったのにローマ空港から来たはずの自家用車が汚れていないことに気付いて織田君が不審に思うところで、次はビデオ映像改竄の推測である。登場人物が限られているので犯人探しミステリーとして興味深くなりようもないのだが、だからと言って全くダメということにはならない。

不幸にして楽しめなかった人は、居ながらにして色々な場所に行けるのが映画の良い部分であるから、観光映画的なところは素直に楽しむべきである。余り潔癖に映画を観るのは損で、少なくとも本論がつまらない時はそちらを楽しんでおけば、料金の一部を回収できる。

佐藤浩市、戸田恵梨香共演。

女神がアマルフィを指すのは解るが、報酬が何を指すのかよく解らない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年05月13日 18:33
プロフェッサー、こんばんは。

この作品、後半が弱かったですよね。

ストーリー的にも、画的にも終盤は勢いが保てていない印象でした。

この監督、場面展開する切り方がどうも気に入らないところがあるんですよね、私は。

ただ、振り回す形でイタリア観光地を見せるのは、オールイタリアロケの見せ場としては一応よかったと思います。

ただ、やはりアマルフィへ結局行ったのですが、どうしても無理を感じるのと、サブタイトルの意味がやはり、私も理解できません。

では、また。
オカピー
2010年05月13日 23:38
イエローストーンさん、こんばんは。

邦画の近作にはコメントがなかなか来ないので、コメントは大変有難いです。

>後半が弱かった
本作に限らず、どうも最近半分若しくは三分の一くらいまでは面白く見せるものの、後半だらけてしまう邦画が多いですね。

序盤の長回し辺り無理している感じがあっても努力賞くらいは進呈したい気持ちになりますが、最後のあのテロ場面は明らかに手際が悪かった。

>オールイタリアロケ
ある批評家がロケに頼っていない云々で誉めていましたが、寧ろ逆で面白くなりきれなかった映画がロケでとりあえず持ったという方が正解。
映画マニアにはそういう評価を邪道という人が多いですが、同じ金を払うのなら自ら楽しめる方法を探るのは当たり前ですよね。

報酬って何でしょうね?

この記事へのトラックバック

  • アマルフィ 女神の報酬

    Excerpt: 無難に面白いけど,もうちょっと冒険心が欲しかった。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-05-10 16:27
  • アマルフィ 女神の報酬/織田裕二

    Excerpt: 相変わらずの大量宣伝に物を言わせてるようなフジテレビ映画。織田裕二映画とも言えそうな作品ですけどプロモーションをたくさん見せられて観る前からやや食傷気味なんですけど、だからと言ってスルーする事も無くし.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-05-10 17:02
  • 『アマルフィ 女神の報酬』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「アマルフィ 女神の報酬」□監督 西谷 弘 □原作 真保裕一 □キャスト 織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、大塚寧々、伊藤淳史、小野寺 昭、平田 満、佐.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2010-05-10 17:19
  • アマルフィ 女神の報酬

    Excerpt: 公式サイト。西谷弘監督、織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、大塚寧々、伊藤淳史、小野寺昭、平田満、佐野史郎、福山雅治。イタリアの首相を標的にするのは分かるけれど、象徴的存在でしかないイタリアの大.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2010-05-10 20:58
  • 『アマルフィ 女神の報酬』 ('09初鑑賞109・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 8月14日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター3にて 13:25の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2010-05-10 21:34
  • アマルフィ 女神の報酬

    Excerpt: 製作年度 2009年 上映時間 125分 監督 西谷弘 主題歌 サラ・ブライトマン 『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』 出演 織田裕二/天海祐希/戸田恵梨香/佐藤浩市/大塚寧々/伊藤淳史/小野寺昭/.. Weblog: to Heart racked: 2010-05-10 22:21
  • アマルフィ 女神の報酬

    Excerpt: 真保裕一の同名小説が原作の、イタリアで起きた日本人少女の誘拐事件の謎に迫るサスペンス・ミステリー。監督は西谷弘、キャストは織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、平田満、佐野史郎、福山雅治他。 <.. Weblog: Yuhiの読書日記+α racked: 2010-05-10 22:53
  • 『アマルフィ 女神の報酬 』

    Excerpt: ----この映画のタイトル、 最近よく聞くようになってきたけど、 アマルフィって、そもそもニャんのこと? 「うん。これはね。 ピサ、ジェノヴァ、ヴェネツィアとともに イタリアの4大海... Weblog: ラムの大通り racked: 2010-05-11 00:33
  • 09-209「アマルフィ 女神の報酬」(日本)

    Excerpt: どうか生きて償ってください  イタリアで予告されたテロから日本人を守るため、外交官・黒田康作がクリスマス目前のローマに派遣された。だが、ほどなくして、ひとりの日本人少女が失踪する。彼女は、亡き夫との.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2010-05-12 00:37