映画評「ワルキューレ」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2008年アメリカ映画 監督ブライアン・シンガー
ネタバレあり

最近は戦争大作はあってもリアリズム基調の為に面白味が薄くて不満が残る中、本作は戦争サスペンスとして実に上手く作られている。実話ベースのお話としてはジョン・フランケンハイマーの傑作「大列車作戦」(1964年)以来の面白さと言ったら大げさにすぎようか。「日本のいちばん長い日」を思い出すオールド・ファンも多いだろう。但し、本作では観客は前述作と違ってクーデター派を応援することになる。

画像

反ヒトラー的な思想を持っているシュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)が北アフリカ戦線で重傷を負って帰国して退院するや否や、ヒトラー暗殺を画策している軍隊上層部グループに招聘される。
 暗殺だけでなくその後の政治体制も新規に作り直す必要があると主張した彼は、妻子と過ごした実家で聞いたワーグナーの「ワルキューレの騎行」から、クーデター阻止の為に発案されたワルキューレ作戦を逆手に取りドイツ予備軍(保安大隊)を親衛隊(SS)抑え込みなどに使う妙案を思い付く。
 これにより作戦指導者的な立場に立つとワルキューレ作戦の司令書を改竄してヒトラーにサインさせることに成功、いよいよ幹部が集結する作戦会議に自ら実行犯として参加するが、ヒトラーに次ぐ重要人物たる親衛隊総司令ヒムラーが不在だった為に延期、1944年7月20日遂に実現の運びになる。

画像

この正に“ドイツの一番長い日”とでも言うべき7月20日を描いたシークェンスは、突然の会議室変更やゲートでの足止め、上役の逡巡に、予備軍や通信室の動向を絡めて、久しぶりに良質な(時限)サスペンスになっていて見応え十分。残念ながら史実として結果が解っている分超弩級とまでは言えないかもしれないが、逆に考えればそれでもここまでハラハラさせてくれるクリストファー・マッカリーとネーザン・アレクサンダーの共同脚本は大したものだ。ブライアン・シンガーもまやかし的な演出に走らず堂々たるもので、結論は解っているなどと覚めた気持ちで観なければ高い入場料金でもお釣りが返って来る。

画像

また、言語の問題について批判的な人もいるようだが、ドイツ人が英語を喋ると映画的に問題になるのは、ドイツ語以外に外国語特に英語の出て来る場面がある映画である。本作はドイツ語しか出て来ないから、英語でも特段の問題はない。なお良いことに、最初ドイツ語から始まって次第に英語になる方法により、序盤のうちにそれが観客との約束事であることをちゃんと示している。言語独自のムードはこの際忘れた方がお得。

ルネ・クレマンの力作「パリは燃えているか」はこのクーデターの失敗からお話が始まっている。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2010年04月30日 22:57
こんばんは。コメントありがとうございます。
そう、はじめはドイツ語で始まって英語に。この映画は英語にしますよ、って、ちゃんと説明してるんですよね。

中身については、楽しまれたようですね。私はそれほどでもなく…。うらやましいです。
シュエット
2010年05月01日 00:11
ドイツ語でなくって英語…ということには、今までもナチスを描いた映画でも英語も多かったし、ドイツ人でないとというものでもなかったから拘らないけれど、どうもいま一つ乗れなかったなぁ。
トム・クルーズがどうみても質実剛健なる愛国者ドイツ人に見えなかったからというのは論外かしら。暗殺計画のシリアスさがどうも実感として伝わってこなくって。
「将軍達の夜」でもこの暗殺計画も絡めて描かれていて、結構ハラハラしながら見ていたんだけど…。本作はさほどハラハラしなかった。ここまで来たら感覚の違いになるんでしょうけどね。
やっぱ私の場合、原因はトム・クルーズかな(笑)
オカピー
2010年05月01日 01:32
ボーさん、こんばんは。

>ドイツ語で始まって英語に
そういう映画はありそうで余りないので、評価しても良いのではないかと思います。
「ニュールンベルク裁判」という戦争法廷映画があり、これは序盤のうちはドイツ語を一々英語に通訳する場面が入っていなのですが、見ていて煩わしいというので、同じ方式で英語での台詞で統一されて行きました。
これは二つの言語が英語に統一しながらも上手く処理した例として、強く印象に残っています。

>中身
ボーさんがそうだと申すつもりはありませんが、余りハラハラできなかった人の中には、華美なサスペンスに慣れ、想像力でハラハラさせる映画を見る力が落ちているが故に楽しめないというケースが結構多いのではないでしょうか。
そういう人には昔のサスペンスの傑作を見せても同じような反応でしょう、きっと。^^;
オカピー
2010年05月01日 20:43
シュエットさん、こんばんは。

映画には色々目的があることを前提に、僕はこれを人間追求のドラマではなく、あくまで作戦がどう遂行されるかというサスペンスとして観ていたので、楽しめました。
それも実に地道に上手く作っていると感じましたが。
若い人が楽しめないとしたら、華美なサスペンスに感性が狂わされている結果でしょう。

>トム・クルーズ
どうなんでしょうかねえ。
本作においては特に問題を感じなかったので、解らないなあ。

>「将軍たちの夜」
“異常心理”と“人間”に立脚したサスペンスの傑作ですから、比較したら分が悪いです。^^

この記事へのトラックバック

  • ワルキューレ

    Excerpt: 失敗は成功のもと。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-04-30 17:05
  • ワルキューレ/トム・クルーズ、ケネス・ブラナー

    Excerpt: 『ワルキューレ』再鑑賞してきました。とてもサスペンスフルな展開でハラハラドキドキ、今回は睡魔にも負けることなくしっかり堪能してきちゃいました。オススメのコメントをくださったKLYさん、ゆかりんさん、あ.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-04-30 17:15
  • 『ワルキューレ』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ワルキューレ」 □監督 ブライアン・シンガー □脚本 クリストファー・マッカリー、ネイサン・アレクサンダー □キャスト トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2010-04-30 17:20
  • 『ワルキューレ』 ('09初鑑賞34・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆-- (5段階評価で 3) 3月20日(金・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:45の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2010-04-30 18:31
  • ワルキューレ◆VALKYRIE

    Excerpt:  ワルキューレとは→北欧神話に登場し、「戦死者を選ぶ者」との意味を持つ女神たち。その女神の名を冠した「ワルキューレ作戦」 3月27日、MOVX京都にて鑑賞。 トム・クルーズが実在したドイツ名門貴族.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2010-04-30 20:25
  • ワルキューレ VALKYRIE

    Excerpt: 公式サイト。ブライアン・シンガー監督、トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、パトリック・ウィルソン、スティーブン・フライ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン、トーマス・クレッチマン.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2010-04-30 20:46
  • ワルキューレ

    Excerpt: 製作年度 2008年 原題 VALKYRIE 製作国・地域 アメリカ/ドイツ 上映時間 120分 脚本 クリストファー・マッカリー 、ネイサン・アレクサンダー 監督 ブライアン・シンガー 出演.. Weblog: to Heart racked: 2010-04-30 21:10
  • 「ワルキューレ」

    Excerpt: ヒトラー暗殺計画。失敗するのは歴史の事実として分かっているが、なるほど、そういう点でサスペンスをつくって引っ張るのかと、飽きずに観�... Weblog: 或る日の出来事 racked: 2010-04-30 22:52
  • 『ワルキューレ』

    Excerpt: (原題:Valkyrie) ----この映画、トム・クルーズがドイツ人に扮しているんだよね。 監督はブライアン・シンガー。 ちょっと異色の顔合わせだよね。 ブライアン・シンガーって娯楽大作のイメージ.. Weblog: ラムの大通り racked: 2010-04-30 23:13
  • 「ワルキューレ」

    Excerpt: この映画、トーマス・クレッチマンが出ていなかったら、観に行ってなかった。 「戦場のピアニスト」「マイ・ファーザー」良かったです! 他にも脇役で出てるけど彼がいるシーンって画面が柔らかく引き締まるんで.. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2010-05-01 00:13
  • ワルキューレ

    Excerpt: トム君のサスペンス? 予告編を観た時はそんな印象。 第二次世界大戦下のドイツ。 アフリカ戦線で左目を負傷したシュタウフェンベルク大佐は、 “良心”と“忠誠心”の葛藤に悩んだ末、 祖国の平.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2010-05-01 02:12
  • ★「ワルキューレ」

    Excerpt: 今週の平日休みは・・・ 久しぶりにラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」で鑑賞。 Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2010-05-01 03:23
  • ワルキューレ

    Excerpt: Valkyrie (2008年) 監督:ブライアン・シンガー 出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン 第2次世界大戦中、ドイツ国内で軍部により実行されたヒトラー暗殺.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2010-05-07 00:31
  • ワルキューレ

    Excerpt: 第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画を題材に、トム・クルーズが主演を務める戦争サスペンス。監督はブライアン・シンガー、出演はトム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、テレンス・スタンプ他.. Weblog: Yuhiの読書日記+α racked: 2012-10-22 23:29