映画評「ザ・クリーナー 消された殺人」

☆☆★(5点/10点満点中)
2007年アメリカ映画 監督レニー・ハーリン
ネタバレあり

珍しい職業への興味を眼目としたサスペンス映画である。

画像

事件や事故で汚れた部屋や車などの掃除を専門とする清掃会社を経営する元警官サミュエル・L・ジャクスンが前日仕事をした家の持ち主に誤って持ってきた鍵を返しに行ったところ、出て来た女主人エヴァ・メンデスは事件のことを全く知らないらしい。
 その後家の当主が失踪し、かつ、現在取り沙汰される警察の大型贈収賄事件の証人だったことを知った彼は、かつて賄賂に絡んで退職した旧悪がある為に殺人の容疑者として殺人課の刑事ルイス・ガスマンに疑惑の目を向けられているのに気付いて、元相棒エド・ハリスと連絡を取り合いながら防衛手段を講ずることになる。

画像

という巻き込まれ型のサスペンス(と言っても陰謀だから偶然の巻き込まれではない)だが、ヒッチコック的ではなく、元警官という設定のせいでお話が進行するに連れ主人公の立場が探偵的になり、中盤以降はハードボイルド映画ムードを帯びて来るのが面白い。

が、描写が「字足らず」な為に点がなかなか線になって行かずに気を持たせられた挙句に、最後に明かされる真相の他愛なさにズッコケさせられる。結果から言えば肩すかしが狙いだが、もう少し上手く作ってくれないと「なあんだ」という感想に終ってしまう。

画像

こういう仕事は実在するだろうから、警察の捜査と主人公の会社の業務との連携をもっと具体的に描出してくれると職業紹介ものとして収獲と言えたのだが。

自分の過去は綺麗にできなかったというお話。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねこのひげ
2010年02月03日 08:41
おはようございます

もう少しなんとかならんか?でしたね。

タイトルを忘れましたが、去年だったかに、女性二人がおなじ職業をはじめるという映画がありました。
そちらのほうが、面白かった記憶があります。
タイトルを忘れたのがしょちなしですが・・・(^^ゞ

実在する職業で、テレビ番組で取り上げてました。
警察からの連絡というより、次に貸し出したい不動産屋からの依頼のようです。
「はやく検死を終わらせてくれ」みたいな揉め事もあるようです。

血痕や肉片が落ちていたりで大変だけど、けっこう高額なようです。
オカピー
2010年02月03日 23:18
ねこのひげさん、こんばんは。

誰もコメントを寄せそうもない作品にコメントをお寄せ戴き、有難うございます。<(_ _)>
TBかコメントのどちらかは欲しいものでございます。^^

>警察からの連絡というより
この作品では、存在しない刑事(偽名)からの連絡ということになっていましたね。その辺りをもう少し紹介して戴ける(笑)と良かった。

>「はやく検死を終わらせてくれ」
さもありなん。

>高額
そうでしょうねえ。
虫も殺せない僕なんかは気絶しちゃいますよ。^^;

この記事へのトラックバック

  • 「ザ・クリーナー 消された殺人」

    Excerpt: こういう仕事、大変だけど必要不可欠 Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2010-02-02 17:47
  • 『ザ・クリーナー 消された殺人』

    Excerpt: ■期間限定!ポイント倍付セール!【21%OFF!】ザ・クリーナー 消された殺人(DVD) 劇場公開していた時にも気になる作品ではあったんだけれど、都合がつかなくて観られなかった『ザ・クリーナー .. Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2010-02-02 23:25
  • 09-39「ザ・クリーナー 消された殺人」(アメリカ)

    Excerpt: 現場の後片付け  元警官のトムは14歳の娘ローズと2人暮らし。そんな彼は、犯罪や事故が起きた際に警察の検証が終わった現場で血のりや肉片、臭いなどの除去を行う特殊な清掃業務に従事していた。  ある日.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2010-02-04 22:51
  • ザ・クリーナー 消された殺人

    Excerpt: Cleaner (2007年) 監督:レニー・ハーリン 出演:サミュエル・L・ジャクソン、エド・ハリス、エヴァ・メンデス 元刑事の犯罪現場清掃人が殺人事件の陰謀に巻き込まれるサスペンス映画。 これだ.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2010-02-14 22:58