映画評「パリは燃えているか」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1966年フランス=アメリカ映画 監督ルネ・クレマン
ネタバレあり

レジスタンス活動家でありドキュメンタリー映画出身のルネ・クレマンがその前身の力を遺憾なく発揮した戦争映画である。

画像

1944年8月、自ら暗殺未遂の憂き目に遭い、パリにフランスの装甲師団とアメリカの第4師団が迫って尻に火のついたヒトラー(ビリー・フリック)は「撤退する場合にはパリを焼き尽くせ」と命令、その役を負う占領軍司令官として派遣されたのがコルティック将軍(ゲルト・フレーべ)。
 その一方、出来たばかりの臨時共和政府の自由フランス軍首領ロル大佐(ブリュノ・クレメル)は自力でパリ解放を目指し、市街戦が始まる。彼とは意見を異にするドゴール将軍の幕僚シャバン(アラン・ドロン)は迂回することを決めた師団を最初の予定通りにパリに戻そうと奔走し、中立国スウェーデン領事ノルドリンク(オースン・ウェルズ)を駆り出す。領事は古い都市パリを保存すべく将軍と折衝、連合軍が訪れるまで時間を稼ぐ。

画像

連合軍がパリに入ってくる辺りから若干だらだらする傾向が出て来るが、それまではレジスタンス右派と左派、占領軍司令官、スウェーデン領事といった面々の画策が連合軍到着までにどう作用するか、一種の時限サスペンスの様相を呈して見応えたっぷり。
 当時のドキュメント・フィルム(下記画像参照)を映画用に撮影したフィルムと自在に繋ぎ合わせて構成しているところも感慨を催させる。僕がフランスの数多い優れた監督の中で最も敬愛する監督の一人クレマンの本領を感じさせる部分である。他の戦争映画におけるフィルムの使い回しとは意味が違う。

画像

かくして本作はパリ解放までの過程自体を描くことを主旨とした作品と理解できるから、allcinemaのコメントのように「主役不在」といった登場人物の描写バランスを以って批判するのは見当違いであろう。「主役不在」は作品の狙いなのである。
 映画の主役は眼に見えるものと考えるのがそもそも間違いで(群像劇というジャンルが確立しているように映画において限定的な人物が主役を務めなければならない言われもなく)、そうした固定観念に囚われた批判は、解放にパり中が湧き、誰もいなくなった占領軍司令室の電話から「パリは燃えているか?」とヒトラーのものらしき怒声が聞こえて来る幕切れの感動の前には全く無力である。何故この場面が感動的なのかと言えば、「主役不在」即ち平等な扱いにより紹介される無数の人間、実際には映画に登場さえしていないパリ市民の解放への思いが現実化したことがヒトラーの叫びを空しくしているからである。

画像

ところで、本作は仏米合作なので、それぞれの言語バージョンがある。今回観たのは比較的理想的なフランス語バージョン。しかし、あくまでベターなのであって、理想ではない。
 僕はアメリカ人やドイツ人がフランス語を喋っても良いと思っている。但し、【物語の展開において複数の言語が交わらないという条件の下で】である。つまり、本作のような大がかりの戦争映画ではその民族は必要な場面を除いてその言語で話さないといけない。さもないと、場面の交錯において却って混乱させる面が出て来たり、外国人が偽装する場合などで面白さが減殺されてしまう。例えば、本作には自由フランス軍の幹部軍人(ピエール・ヴァネック)がカーク・ダグラス扮するパットン将軍と話す場面があるが、僕はこの時「実際にはフランス軍人がフランス訛りの英語で話したのだろう」と余計な想像を巡らす羽目になっていたのである。

画像

大スターが端役で出演しているのを観るのも楽しいので、既に述べた俳優以外を以下に列挙しておきましょう。
 グレン・フォード、レスリー・キャロン、シャルル・ボワイエ、ジョージ・チャキリス、アンソニー・パーキンズ、イヴ・モンタン、シモーヌ・シニョレ、ミシェル・ピッコリ、ロバート・スタック、ジャン=ポール・ベルモンド、ジャン=ルイ・トランティニャン、ダニエル・ジェラン、ジャン=ピエール・カッセル、クロード・ドーファン、E・G・マーシャル(クレジットなし)など。

オールド・ファンは偲ぶ、「クレマンは燃えていた」と。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2009年12月06日 22:48
オカピーさん、こんばんは。
久しぶりにクレマン監督ですね。オカピー評7点でも仕方ないと思っていましたので、8点とは何だか嬉しいですね。
>本作のような大がかりの戦争映画ではその民族は必要な場面を除いてその言語で話さないといけない。
全くだと思います。
もっと言うと映画の音の必要性まで・・・わたしは、
トーキー以後、特に「モダン・タイムズ」でチャップリンが歌った「ティティナ」まで、遡って考えこんじゃうなあ。
わたしとしては「ゾロ」は英語、「シシリアン」はフランス語、ヴィスコンティのドイツ3部作は、ドイツ語、もっというとマカロニ・ウェスタンも英語が望ましい・・・と思います。
だって、レオーネの「ウェスタン」や、フランスものですが「レッド・サン(英語版)」なんか良かったと思いますから。
でも、溝口の「楊貴妃」なんかどうなんでしょうね?
この作品には本当にいろいろ考えさせられました。俳優の使い方も若い頃の「鉄路の闘い」と比較してしまいますし、そういったクレマン演出の変遷まで思いが至りますよ。ただの「スターシステム」によるオールスター・キャストじゃない(パラマウントはそのつもりだったんでしょうけどね)。
では、また。
オカピー
2009年12月07日 00:57
トムさん、こんばんは。

>久しぶりに
ドロンですよ(笑)。
「レッド・サン」からおよそ半年が経ちました。
いずれにしても、トムさんを喜ばせたくて再鑑賞してみました。

>8点
2時間くらいまではサスペンスフルで面白いですもの。
見方によっては散漫な感じもしますけどね、狙いはよく解るので、大きな問題ではないと思います。

>言語
まあ僕は現実と寸分違わないことを求めるリアリズムには疑問を抱いているので、単一言語の作品は(違う言語ではムードが出ないのは諦めて)翻訳ものと思って観ていますが、複数の言語が絡むものはいけませんね。

>「レッド・サン」
は当然フランス語版もあるようで、allcinemaでフランス語版を観て「英語じゃないと」と批判をしている人もいましたよ。

>俳優の使い方
「鉄路の闘い」はアマチュア俳優のスター化、「パリは燃えているか」はスターの無個性化ということですよね。
トムさんのこの意見は大変興味深かったです。
勉強になりました。
シュエット
2009年12月07日 16:08
本作なども数年ごとに見直して、その都度というかその度に、やっぱり面白くって、見入ってしまう作品ですよね。
私も今回もばっちり録画して観ました。
>本作のような大がかりの戦争映画ではその民族は必要な場面を除いてその言語で話さないといけない。
タランティーノ最新作「イングロリアス・バスターズ」はそれぞれ民族の言葉を喋り、言語のなまりも敵と見破られる要注意事項。ドイツ人は数を親指からはじめるのを潜入した連合軍側が人差し指から数えたことから見破られ…といった、タランティーノのこだわり満載でなかなかのグー!でした。
しかし本作の豪華キャストも観れば観るほど勢ぞろいで、これも毎回の楽しみでもあります。ジャン・ルイ・トラティニャンなどはドイツ側のスパイで数分間の登場だし、アンソニー・パーキンスがカフェの前で射殺されるシーンも可哀想で…なにやら観ていて燃えてきますよね。
オカピー
2009年12月08日 00:10
シュエットさん、こんばんは。

ビデオでも持っていますが、今回NHK-BS2の放映をDVD化致しました。

>「イングロリアス・バスターズ」
僕の訪問するブログの方々は殆ど記事にされています。
ふーむ、物凄いタランティーノ人気ですねえ。
ご紹介のようにサスペンスの要件にもなりますから、戦争映画とスパイ映画は言語はきちんとして欲しいですね。
これは、結局観客が字幕を読むのを厭わなければどの作家だってやるのでしょうけど。

>トランティニャン
あのサングラスはどう見ても怪しかったがなあ。(笑)

>パーキンス
久しぶりにストレートな役だったのにねえ。(笑)
冗談はともかく、大スターをリアリズムの俎上にのせて一種の無個性化を図っているというトムさんのご指摘(無個性化は僕の勝手な解釈)は大変興味深いです。
その後ジョージ・チャキリスも出てきましたね。チャキリスは既にイタリアやフランスの映画に出ていましたから当たり前のようにも感じました。

クレマン最後の渾身の作だったでしょうか。
2014年05月03日 22:26
オカピーさん、こんばんは。
久しぶりにTBします。アクション・フィルム・ノワールの記事ですが、ドロンがジャン・ギャバンに捧げているにも関わらず、ルネ・クレマンの影響もかなり感じた作品だったんでこちらにお邪魔しました。
まあ、単なるB級アクションなんですがね、しかし、わたしにとっては非常に魅力的な作品でして、日本では当時、久々に公開されたドロン映画ということも相まって結構お気に入り作品です。
ラウール・クタールのカメラとドロンのアクション・ノワール、私にとってはたまらないコラボです。
では、また。
オカピー
2014年05月04日 18:06
トムさん、こんにちは。

新しい記事を書かれたことが嬉しいです。

>久々に公開されたドロン映画
調べてみたら1990年1月公開ですね。
「スワンの恋」はドロン映画とは言えないでしょうから、「危険なささやき」から7年くらい経っていたわけですね。
1975年くらいまではまだまだもの凄いでしたが。
「スクリーン」誌で「アラン・ドロンの映画は購入価格が高い」・・・つまり、コスト・パフォーマンスが低いと書かれたのが少々気になったとは言え、ここまで急激に落ち込むことは夢にも思わなかったです。

「私刑警察」は一度観ただけで、カメラはよく憶えていないものの、監督の腕前というか編集が少々お粗末だった印象があり、低い採点に留めた記憶があります。

この記事へのトラックバック

  • 『パリは燃えているか』②~ルネ・クレマンの再評価を望む~

    Excerpt:  何故なのでしょうか?ルネ・クレマンは、正確に評価されていません。  特に「ヌーヴェル・ヴァーグ」のカイエ派のルネ・クレマンのこきおろしには、憤りさえ感じます。一般的にいわれている大きな原因のひ.. Weblog: 時代の情景 racked: 2009-12-06 22:01
  • 「パリは燃えているか」

    Excerpt: PARIS BRULE-T-IL? 1966年/フランス・アメリカ/173分 若い頃、この映画を観た時は知った顔のスターを見つけては喜んで結構ミーハー的にこの映画をみていたように思うし、描かれてい.. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2009-12-07 16:09
  • パリは燃えているか

    Excerpt: 『禁じられた遊び』のルネ・クレマン監督の戦争ドラマ大作です。 ナチス占領下でのパリ壊滅の危機から開放に至るまでの奇跡を、圧倒的スケールとセミドキュメントタッチで送ります。無益な破壊を好まぬドイツ軍.. Weblog: シネフィルも萌えヲタも racked: 2011-05-01 17:52
  • 『私刑警察』④~燃えるように輝くアラン・ドロンの青い瞳、ラウール・クタールのカメラその2~

    Excerpt:  以前、購入した『映画芸術』No.441(2012Autumn)を久しぶりに読み返してみました。  当時、久しぶりにこの月刊誌を購入する気になった理由は、本屋に立ち寄って雑誌の立ち読みをしていたとき.. Weblog: 時代の情景 racked: 2014-05-03 21:59
  • 映画評「パリよ、永遠に」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年フランス=ドイツ合作映画 監督フォルカー・シュレンドルフ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-04-09 09:17