映画評「イーグル・アイ」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2008年アメリカ映画 監督D・J・カルーソー
ネタバレあり

監督作品ほどの高い確率でスティーヴン・スピルバーグの製作作品が楽しめるわけではないし、監督がD・J・カルーソーでは余り期待できないが、結論としてはアルフレッド・ヒッチコックの影響が観られる部分が楽しめる。

コピーショップの半端仕事で日々を過ごしているシャイア・ラブーフが母の電話で国防総省に勤務する双子の兄が急死したことを知るが、小切手を換金すると額が信じがたい数字に膨れ上がっていただけでなく、アパートに大量の不審物が届く。驚く間もなく掛かってきた電話で「FBIが来るのですぐに逃げろ」と言われた傍から実際にFBIに急襲され、テロの容疑者として連行されるが、そこへ再び電話が掛かり、その声に言うままに逃げることになる。

というのが前半のお話で、主人公にも観客にも訳が解らないという謎めいた展開は興味をそそる。ヒッチコックの傑作「北北西に進路を取れ」序盤のムードに近いだろうか。電話だけでなく町中の電光掲示板が彼の行動を指示するというアイデアがなかなか面白い。
 その声が彼の味方と思えないところが益々ミステリアスで、一人息子を演奏旅行に送ったシングルマザーのミシェル・モナハンが同じように電話で強要され、そんな彼と行動を共にする羽目になる。

この段階で謎は解明されていないからまだまだ感興が続くものの、徐々に荒唐無稽さが表に出てきて白けムードが増していく。荒唐無稽でも良いが、残念ながら見せ場の連続で場面ごとの強弱や緩急の差が不足している為に一本調子になり却ってサスペンスにまで高まっていかないのである。

相当注力したと思われるカー・アクションが暗い場面ばかりで、しかもカット割りが細かくて正確にアクションが捉えにくいのも不満。聞くところによれば実演の部分が相当あるらしいのに、細切れの為にその奮闘ぶりがきちんと伝わって来ないのが実に勿体ない。スピルバーグの的確で解りやすいカット割りで観たくなる。

終盤では、電話の主がコンピューターARIAで国家に忠実な彼女が現政権に反旗を翻したことが判明するという展開が「2001年宇宙の旅」のHALを彷彿として一応興味深いと言っておきましょう。それ以上に嬉しいのはヒッチコックの「知りすぎていた男」のアイデアを拝借し、少年の楽器が爆破に繋がることを事前に示したうえで楽譜を使ってサスペンスを醸成していること。
 カルーソーはまた「裏窓」の事実上のリメイクと言うべき「ディスタービア」を作っているが、彼がヒッチコッキアンなのだろうか、或いは脚本家のアイデアがたまたま重なった偶然なのだろうか。

天国の ヒッチコックも 苦笑い

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年11月23日 22:28
>ヒッチコッキアン
おそらく、そうなのでしょうね。
昨今はリメイクブームですが、ヒッチコック作品は意外に見かけないような気がします。「サイコ」くらいでしょうか。
本作のように、アイディアを頂いたような作品は多いようですが・・・^^
オカピー
2009年11月24日 00:05
hashさん、こんばんは。

>リメイクブーム・・・ヒッチコック作品
「鳥」が作られると聞きましたが、その後どうなったでしょうか。
「ディスタービア」は事実上「裏窓」のリメイク。

本作を「裏窓」の逆バージョンを観る向きもありますね。
「ハプニング」は「鳥」の続編みたいでした。

いずれにしても同じ脚本を使っても同じレベルに作れない「サイコ」を観れば解るように、ヒッチコックの才能は俳優の生かし方を含めてやはり例外的な天才で、演出力の差が際立ってしまうのが嫌なのじゃないでしょうかねえ。
ねこのひげ
2009年11月24日 07:36
また、コンピューター落ちかい!
なんどもなんどもおなじような・・・で、ガックリした覚えがあります。
やっぱり観客が予想してなかったような結末でないと、不満が残ります。
オカピー
2009年11月25日 01:06
ねこのひげさん、こんばんは。

>コンピューター落ち
「アイ、ロボット」とか。
アニメの「ウォーリー」も終盤にロボット=コンピューターの人間に対する叛乱があります。

「2001年」の頃に比べると、もっと現実的な脅威としてコンピューターや監視社会が捉えられている時代になったという背景もあるのでしょうけどね。

この記事へのトラックバック

  • 『イーグル・アイ』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「イーグル・アイ」□監督 D・J・カルーソ □製作総指揮・原案 スティーヴン・スピルバーグ □キャスト シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、ビリー・ボ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2009-11-23 20:52
  • 『イーグル・アイ』

    Excerpt: (原題:Eagle Eye) ----これって、先週の土曜日に公開されたんだよね? 「うん。確か試写会が一回しかなくって、 それに行った人の話だと 『どこかで観たような話ばかり…』と。 どういう意味.. Weblog: ラムの大通り racked: 2009-11-23 21:18
  • イーグル・アイ/シャイア・ラブーフ

    Excerpt: スピルバーグの監督作品だとばかり思ってたら原案者がスピルバーグで『ディスタービア』のD・J・カルーソーが監督した作品なんですね。何でも作品の構想はずっと以前からあったものの劇中で使われるハイテク技術に.. Weblog: カノンな日々 racked: 2009-11-23 21:43
  • 今ここにあるイーグル・アイ

    Excerpt: 公式サイト。スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮、D・J・カルーソー監督、シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、ビリー・ボブ・ソーントン、イーサン・エンブリー、アンソニー・アジジ.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2009-11-23 22:02
  • イーグル・アイ

    Excerpt: Eagle Eye (2008年) 監督:D・J・カルーソ 出演:シャイア・ラブーフ、ミッシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、ビリー・ボブ・ソーントン 見知らぬ女からの電話で指示に従うよう強要され.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2009-11-23 22:16
  • ★「イーグル・アイ」

    Excerpt: 今週の週末レイトショウは・・・ スピルバーグが製作総指揮してて、秘蔵っ子のシャイア・ラブーフ主演作。 ミシェル・モナハンはんも「近距離恋愛」以来の登場。 Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2009-11-23 22:29
  • 『イーグル・アイ』

    Excerpt: あまりいい評判をきかないけれど、割とミシェル・モナハンが好きなので観てみました、『イーグル・アイ』。 期待をしなかったせいでしょうか、結構楽しく観られてしまった自分w。 ***********.. Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2009-11-23 22:33
  • イーグル・アイ

    Excerpt: スピルバーグが原案&製作総指揮、D・J・カルーソーが監督をつとめる予測不可能なアクション・スリラー。キャストは、シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、ビリー・ボブ・ソーントン、イ.. Weblog: Yuhiの読書日記+α racked: 2009-11-23 22:39
  • イーグル・アイ

    Excerpt: それは、全てを見ている。 原題 EAGLE EYE 製作年度 2008年 上映時間 118分 製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ/エドワード・L・マクドネル 脚本 ダン・マクダーモット/ジョン・.. Weblog: to Heart racked: 2009-11-24 00:06
  • 「イーグル・アイ」

    Excerpt: こんな風に、何もかも見られてる、何もかも遠隔操作ができちゃう・・そんな世の中には絶対になってもらいたくないです~・・ Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2009-11-24 00:16
  • イーグル・アイ

    Excerpt: 頭上のアリア   Weblog: Akira's VOICE racked: 2009-11-24 10:21
  • イーグル・アイ(映画館)

    Excerpt: それは、全てを見ている。 Weblog: ひるめし。 racked: 2009-11-28 21:16
  • 289「イーグル・アイ」(アメリカ)

    Excerpt: 国家脅威とみなし、排除します  シカゴのコピーショップで働く青年ジェリー・ショーはある日、米軍に勤める双子の兄弟が急死したと知らされ実家へ呼び戻される。そして自宅への帰途ATMに立ち寄ると、何故か口.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2009-11-29 14:48