映画評「ウォンテッド」

☆☆★(5点/10点満点中)
2008年アメリカ映画 監督チムール・ベクマンベトフ
ネタバレあり

古くから続く秘密の組織に属したり追われたりする羽目になる若者を描くのが流行なようで、今年だけでも「光の六つのしるし」や「ジャンパー」を観た。本作の監督チムール・ベクマンベトフがロシアで作った「ナイトウォッチ」シリーズも同じグループに入れて良いだろう。それも起源が馬鹿の一つ憶えのように1000年前というパターンが多い。

画像

うだつの上がらないサラリーマンである主人公ジェームズ・マカヴォイ君が殺し屋らしき男トーマス・クレッチマンに狙われたところをアンジェリーナ・ジョリーを助けられ、モーガン・フリーマンをリーダーとする秘密結社に案内される。組織は世間を均衡に保つ為に1000年前から存在する暗殺集団で、自分が動き回る蠅を次々と仕留める物凄い射撃の腕前を持っていることに気付かされ、上司から虐待される日常が嫌になってこの組織に参加、厳しい訓練を経て一人前になる。そして、メンバーであった父親を殺したというクレッチマンを仕留めにかかる日が訪れる。

画像

という辺りまでは、スーパーカーとトラックの追っかけに撃ち合いを絡めた激しい劇画的なアクションや列車の中でのガンアクション、サディズム趣味かと紛う訓練場面などで、楽しませてくれる。念力で弾道まで変えてしまうのだからニヤニヤしながら観るには最適。

しかし、この後から疑問百出の展開となって失望させられる。

画像

例えば、主人公は組織の現状メンバーの誰もがやっつけられない強敵クレッチマンを仕留める為に雇われ、実はその彼もそれに乗じて仕留められる手筈になっていると判明するのだが、その程度の策略で二人とも仕留めることができるくらいなら、わざわざ手間暇をかけて主人公を育成する必要もなさそうだし、(いつターゲットになったかによるものの)わざわざやっつける主人公を最強に仕上げるのは矛盾となる。お話が漫画的・劇画的なのは一向に構わないが、基本となる設定がこう出鱈目では折角の映像も魅力半減。

“言わぬが花”の幕切れも行動心理学的に考えられない作劇で、甚だ興醒める。SF、ファンタジー、ホラーといった非現実的テーマを扱うジャンルにおいても、他のことはいざ知らず人間の行動だけは実際に即する必要があるのは言うまでもない。

怪我をしても風呂に入れば回復・・・ではその後からサスペンスは感じられなくなりますぞ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年09月29日 07:55
コメトラありがとうございました。
映像重視のあまり(?)、話に穴がありすぎな映画なのかもしれませんね。
漫画チックなところは楽しかったですが、適当すぎるんでしょうね~。
シュエット
2009年09月29日 11:30
私はこれはこれで漫画チックのまんま面白かったわ。
最後のやっつけ方もここまで漫画チックだとかえってなんも考えず乗れたわ。
こういうのって乗れるかどうかなのかな?
オカピー
2009年09月29日 18:16
ボーさん、こんばんは。

>話に穴
突っ込めても突っ込む必要のないものは一般的に【映画の嘘】といって見過ごせば良いわけですが、本作の場合はお話として成り立っているのか、どうも怪しい。僕には家で言えば土台部分がへなへななような気がするんですけどね。
オカピー
2009年09月29日 18:33
シュエットさん、こんばんは。

前半は面白かったんですよ。
ところが、列車で真相が判明し始めてから、お話が矛盾だらけになってきて「こりゃあかん」ということになりました。

>最後のやっつけ方
幕切れですか?
暗殺集団における権力を掌握して世界の征服を企むような男の行動としては、問題外ではないかという気がしましたよ。
つまり、騙されてみじめなことになったのが問題外なのではなく、暗殺を逃れた青年が暗殺されるのを待つように普通の生活に戻っていると考えることは余りに非常識ではないか、ということです。つまり、脚本が非常識と思えたわけです。

その前のアンジェリーナ・ジョリーが暗殺の名前が挙がっている全員即ち自分まで殺す場面は「凄い!」という印象があります。
但し、優秀なメンバーをあんなに次々殺してフリーマン氏はやっていけるのか考えなかったかという新たな疑問も出てきますけどね。
2009年10月11日 09:08
プロフェッサー、こんにちは。

私これ、劇場で鑑賞しましたが、単純に楽しんで鑑賞しました。
もちろん、首をかしげる点は多々でしが。

そして、感想記事を書くにまでにはいたりませんでした。

オカピー
2009年10月11日 14:45
イエローストーンさん、こんにちは。

そう仰る方が多いですね。

僕の場合は、頭のネジが緩んでいる人を除いて登場人物の行動が理に適っていないと困ってしまうんですよねえ。
例えば、それが主人公であれば感情移入しにくく、
それが敵であればサスペンスが逃げて行く。
それがお話の土台に近い部分であればあるほど、つまらないお話しになってしまうわけでして。

映像的には大変面白い作品でしたけどね。もう少し人間の行動に「本当らしさ」がないといけないのではないかと思いました。

この記事へのトラックバック

  • ウォンテッド

    Excerpt: ネズミに合掌。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2009-09-28 11:43
  • 『ウォンテッド』

    Excerpt: (原題:WANTED) ----アンジェリーナ・ジョリー主演作歴代第一位の大ヒット----- え~っ、そうだっけ?? 「うん。どうやらそうらしいね。 でも、この映画の主演は ほんとうはジェームズ・マ.. Weblog: ラムの大通り racked: 2009-09-28 12:16
  • ウォンテッド

    Excerpt: “1を倒して、1000を救う” 原題 WANTED 製作年度 2008年 原作 マーク・ミラー/J・G・ジョーンズ 監督 ティムール・ベクマンベトフ 音楽 ダニー・エルフマン 出演 ジェームズ・マ.. Weblog: to Heart racked: 2009-09-28 13:44
  • 「ウォンテッド」

    Excerpt: マカヴォイくんも素敵でしたし、アンジェリーナ・ジョリーの恐ろしいくらいのかっこよさも際立ってましたわ~ Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2009-09-28 16:49
  • ウォンテッド/ジェームズ・マカヴォイ

    Excerpt: しつこいくらいの予告編大量投入作戦にまんまと乗せられてスゴク観たかったわけでもないのに先行上映に行っちゃいました。逆にそういうのは混んでいてもあまりに気にならないというのもありますしね。それにやっぱり.. Weblog: カノンな日々 racked: 2009-09-28 18:34
  • 『ウォンテッド』('08初鑑賞117・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 9月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて15:35の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2009-09-28 21:21
  • ウォンテッド

    Excerpt: ティムール・ベクマンベトフ監督、ジェームズ・マカヴォイ、アンジェリーナ・ジョリー、モーガン・フリーマン等が出演の新感覚アクションもの。 <あらすじ> 上司にはイビられ、恋人は寝取られと、散々な日々を.. Weblog: Yuhiの読書日記+α racked: 2009-09-28 23:19
  • 映画「ウォンテッド」

    Excerpt: 原題:Wanted この映画は10代、20代に受けているそうで、お年寄りにはどうかとも思うけど、ビッグネームのヒロインに惹かれて、結局観に行ってしまった~確かに凄い~ 極普通の若者.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2009-09-29 00:29
  • 「ウォンテッド」

    Excerpt: 「ウー…ウォンテッド!」といえば、ピンクレディー。(と書いた人いるでしょー? あ、私もか。) この映画、アンジー(アンジェリーナ・ジ... Weblog: 或る日の出来事 racked: 2009-09-29 07:43
  • 『ウォンテッド』

    Excerpt: 昨日は仕事が終わってから、急いで新宿ピカデリーに直行。 もうそろそろ上映終了になってしまうそうな気がしたので、『ウォンテッド』をやっと観てきました。 さすがに公開開始からだいぶ経ってる作品なので、.. Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2009-09-29 10:09
  • ★「ウォンテッド」

    Excerpt: 今週の週末レイトショウは、 「川崎チネチッタ」でマカヴォイものを。 日本語吹替え版も竹下登元首相の孫のDAIGOが主人公の声で出てるけど、 ひらりん的には字幕版をチョイス・・・レイトショウはたい.. Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2009-09-29 11:07
  • 「ウォンテッド」

    Excerpt: WANTED 2008年/アメリカ/110分/ R-15 at:TOHOシネマス梅田 「ダークナイト」など重い映画が続き、たまに気分変えてアクション映画などをみても、ついケチをつけたくなっ.. Weblog: 寄り道カフェ racked: 2009-09-29 13:15
  • ウォンテッド(映画館)

    Excerpt: ”1を倒して、1000を救う” Weblog: ひるめし。 racked: 2009-10-01 18:29
  • ウォンテッド

    Excerpt: Wanted (2008年) 監督:ティムール・ベクマンベトフ 出演:ジェームズ・マカヴォイ、モーガン・フリーマン、アンジェリーナ・ジョリー 冴えないサラリーマンが凄腕の暗殺者の血筋を引いていると知.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2009-10-02 23:37
  • 『ウォンテッド』を観たぞ~!

    Excerpt: 『ウォンテッド』を観ましたマーク・ミラー&J・G・ジョーンズによる人気グラフィック・ノベルを「ナイト・ウォッチ」のティムール・ベクマンベトフ監督がスタイリッシュに映像化。オスカー女優アンジェリーナ・ジ.. Weblog: おきらく楽天 映画生活 racked: 2009-10-21 22:16
  • ウォンテッド

    Excerpt: 作品情報 タイトル:ウォンテッド 制作:2008年・アメリカ 監督:ティムール・ベクマンベトフ 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジェームズ・マカヴォイ、モーガン・フリーマン、テレンス・スタンプ、トーマ.. Weblog: ★★むらの映画鑑賞メモ★★ racked: 2010-07-26 01:53
  • 「ウォンテッド」

    Excerpt: お勧め度:★★★★☆ ジャンル : アクション 製作年 : 2008年 製作国 : アメリカ 配給 : 東宝東和 監督 : ティムール・ベクマンベトフ 出演 : ジェームズ・マカヴォイ 、 アン.. Weblog: ドゥル的映画鑑賞ダイアリー racked: 2010-08-04 02:16
  • 映画『ウォンテッド』を観て

    Excerpt: 78.ウォンテッド■原題:Wanted■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:110分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:9月20日、新宿プラザ劇場(歌舞伎町)スタッフ・キャスト(役名... Weblog: KINTYRE’SDIARY racked: 2011-02-21 21:59
  • ウォンテッド

    Excerpt: ウォンテッド / WANTED 2008年 アメリカ映画 ユニヴァーサル製作 監督:ティムール・ベクマンベトフ 製作:マーク・プラット  ジム・レムリー  ジェイソン・ネッタ.. Weblog: RISING STEEL racked: 2012-07-08 23:18
  • 映画評「キングスマン」

    Excerpt: ☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2014年イギリス=アメリカ合作映画 監督マシュー・ヴォーン ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-05-31 14:18